【ローズステークス2020予想】実力の割に舐められるのあの穴馬を推す2つの理由

Pocket

ローズステークス2020の予想をするうえで
馬券に入れておきたい穴馬
について

そして、その穴馬を推した理由・根拠について
ローテーションやレース内容、コース適性を見ながら話していきたいと思います。

是非、馬券の参考にしてください。

 

 

こんにちは、MOTOです。

「絶対に馬券を買わない危険な人気馬」コーナーと並んで

楽しみにしていただいている方が多い

「絶対に馬券を買いたい穴馬」コーナー

 

前回は新潟記念を取り上げまして

ここでピックアップしました サトノクロニクル は13着

 

展開は向いたのですが
差し比べに勝つことが出来ずに惨敗してしまいました。

復活するならここしかないと思っていましたが
ここで復活できなかったとあれば、もう難しいのかもしれません。

馬券に絡めなかったことは残念ですが
守りに入らず、一発を狙っていきたいと思います。

 

それではローズステークスの穴馬に行ってみましょう!!

 

 

ローズステークス2020で注目している穴馬はコイツだ!

ローズステークス2020の出走予定メンバーは以下の通りです。

オークスで2番人気だった デゼル

阪神ジュベナイル2着の クラヴァシュドール

を中心に馬券が売れていきそうなメンツとなっています。

 

 


(1番人気が予想される デゼル)

 

そんな中でも一発の可能性を残しているであろう

ローズステークス2020の穴馬を公表したいと思います。

 

 

その馬の名前は

アブレイズ

です。

 

アブレイズはキズナ産駒で
重賞フラワーカップを勝利しましたが

続いて出走したオークスではブービーの17着と大惨敗

重賞勝ちはあるもののオークスの惨敗ぶりで
今回のローズステークスでは、評価をされていない事が予想されます。

 

そんなアブレイズが、なぜローズステークスで
注目できる穴馬なのか??

話しをしていきます。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

穴馬を狙う理由と買える材料

苦手な舞台から得意な舞台に代わってパフォーマンスアップ

アブレイズを推す最大の理由は

「今回のローズステークスは舞台適性が高い」

という点です。

 

アブレイズが勝ったフラワーカップは
中山競馬場1800mという条件で行われましたが

レースを見てみると

1000m通過が59秒2という淀みない流れで
持久力を求められる流れを2番手追走から
ゴールまで粘り込む競馬を見せていました。

 

父親であるキズナはディープインパクト譲りの
瞬発力を武器としている馬が多かったですが

キズナの産駒は道中で力を溜めて
直線で瞬発力を見せるというタイプはほとんどおらず

持っているスピードとスタミナ(持続力)を武器に
先行してゴールまで粘り込む馬が多いのが特徴です。

 

逆に最初の1000mこそ1分を切ったものの

1000~1800mの通過タイムが50秒4と
中だるみの流れになり、上がり勝負となってしまった

オークスでは持ち味を末脚勝負に破れて惨敗しています。

 

今回はローズステークスへの出走となりますが

例年の条件である阪神芝1800m戦だと
上がり勝負になる可能性が高かったところ

今年は中京2000mというスタミナ勝負の舞台となりました。

 

例年、秋華賞への権利をガチで狙ってくる
格下馬が活躍するレースなので

アブレイズのスタミナが活きる可能性は高いと言えます。

 



 

密度の濃いフラワーカップのレース、その実力は??

アブレイズが人気を落とすであろう理由として

”本当に強いかどうかがわからない”

という事が挙げられます。

 

新馬戦は単勝9倍の6番人気でしたし

フラワーカップは単勝79倍の12番人気でした。

人気薄で勝った馬が、オークスでブービーと惨敗している訳ですから

フラワーカップはフロックで本当は弱い馬。

というレッテルを貼りたくなる気持ちは分かりますが

フラワーカップのレースは素晴らしい内容でした。

 

淀みなく先行馬有利とは言えない流れを2番手から押し切り

紫苑ステークスでも3着に入っているシーズンズギフトが
すぐに後ろにいたにも関わらず

直線では突き放して独走していました。

人気こそありませんでしたが、

フロックで出来る競馬内容ではありません。

 

デアリングタクトがいないメンバーであれば

能力的に十分に戦える馬だと言えます。

 




 

以上の理由から

ローズステークス2020における

アブレイズは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 

 

まとめ

フラワーカップを勝利しながらも
オークスで大惨敗してしまったアブレイズですが

この馬の持っている持久力は
タフな中京競馬場の向きだと言えます。

シーズンズギフトを完封したフラワーカップの内容から
今回の相手であれば十分に戦える実力を持っていますし

ローズステークスでも期待できる馬だと言えます。

ローズステークスでのアブレイズは見逃せない穴馬ですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

ローズステークス2020で私が最も注目している馬
セントライト記念2020で私が最も注目している馬

について掲載しているので、こちらも注目してください。

この馬 → 人気ブログランキングへ