【セントウルステークス2020予想】秋競馬一発目を的中させるべく選んだ馬は??

Pocket

セントウルステークス2020に出走を予定している
出走予定メンバーの中で、最も注目している馬について
根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

魅力的な穴馬がいない時に不定期で取り上げている

「今週の注目馬のコーナー」

 

注目馬のコーナーとしては

超久しぶりの連載になります。

 

昨年はおかげさまでこのコーナーは

単複共に回収率100%を超える事が出来ました。

穴馬のコーナーと違って

コンスタントに的中を出さないとプラス収支が維持できないので

昨年同様、今年も確率の高い馬を狙っていこうと思いますよ。

 

という事で、2020年秋の一発目となる

「今週の注目馬のコーナー」

セントウルステークスの注目馬を挙げていきましょう!!

 

 

セントウルステークス2020で
最も注目している馬は

ダノンスマッシュ

です。

 

 

ダノンスマッシュはGIでも一番人気に支持されたことがあり

過去に重賞を5勝している実力馬です。

そのレース実績からセントウルステークスでも人気に支持されそうな馬で
netkeibaさんの想定オッズでも1番人気想定となっていますが

次走にスプリンターズステークスを控えており
どこまで本気で出走してくるのかが不明な上に

新進気鋭の3歳馬ビアンフェなども出走してくるので
どういったレースを見せるのか注目されています。

そんな難しい位置づけのセントウルステークスにおいて

なぜダノンスマッシュを注目しているのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

注目できる理由とその根拠について

ざ・トライアルホース!GIよりも前哨戦だ

一番に注目する理由は

「ダノンスマッシュがトライアルホースである」

という点です。

 

トライアルホースとはGIの前哨戦となる

トライアルレースでは好走するものの
各馬が勝負を仕掛けてくるGIでは足りなくなってしまう馬

の事を言います。
(個人的な定義ですが…)

 

ここでダノンスマッシュの成績を見てみます。

ダノンスマッシュのGI成績とGI以外の重賞成績を見てみると

GIでの成績 【0.0.1.6】
(香港GIの成績も含む)

GI以外での成績 【5.1.0.2】

 

スプリント路線に入る前の3歳春までの成績をまとめると

GIでの成績 【0.0.1.4】
(香港GIの成績も含む)

GI以外での成績 【5.1.0.0】

G2・G3では一度も連対を外していないにも関わらず

GIでは一度の3着に入っただけで後は馬券にも絡めていません。

 

こういった馬の特徴は

「常に一定の力を出し切るタイプである」という点

ほとんどの馬はGIで120%の力を出すために
前哨戦は80%くらいの仕上げて出てくるのですが

ダノンスマッシュのようなタイプは
どのレースでも100%で出走してくるので

”トライアル重賞は好走して、GIでは足りない”

という現象を生み出してしまいます。

 

今回のセントウルステークスは言わずもがな
GI前のトライアルレース。

ダノンスマッシュが走れる舞台である事は間違いありません。

 



 

不甲斐ない相手、負けるとしたらどの馬??

ダノンスマッシュは常に安定した力を発揮するタイプである

という事は前章では話しましたが、

これは言い換えれば

「強い馬には負けて、弱い馬には勝つ」

という事の裏返しでもあります。

 

となると相手がどれくらいのレベルなのかが
ダノンスマッシュの好走率を計る上で重要になりますが

今年のセントウルステークスはかなりの低レベルメンバーです。

 

netkeibaの想定オッズを見ると

2番人気ミスターメロディ、3番人気ビアンフェ

となっています。

しかし、ミスターメロディは近走明らかにスランプである
と同時に叩き良化型でここは好走しづらい舞台。

ビアンフェは朝日杯とファルコンステークスを惨敗しており
GIを狙えるだけのポテンシャルを感じない馬

それ以下の人気の馬を見てみても

クリノガウディーは前走大差でのシンガリ負けで
シヴァージは重賞で一度も馬券に絡んだことのない馬。

旬を超えたセイウンコウセイ、
実績不足のタイセイアベニール、トゥラヴェスーラ

いずれもダノンスマッシュよりも格下の馬です。

 

ダノンスマッシュのパフォーマンスにムラがあるタイプなら
自滅での敗戦という事も考えられますが

一定の力を出してくるダノンスマッシュを負かせる馬は
よほどのことがない限りいないと言えます。

ここは条件が揃いましたね。

 

 




 

以上、2つの理由から

セントウルステークス2020で
最も注目をしている馬は

ダノンスマッシュ

だと結論づける事が出来ます。

 

 

まとめ

前走の安田記念では8着と完敗したダノンスマッシュですが
もともとGIでは弱い反面、G2・G3では
無類の強さを誇るトライアルホースなので

今回のセントウルステークスは走れる舞台となります。

 

また、相手を見てみてもG2では荷が重い馬が多く
安定した力を出せるダノンスマッシュを
負かせる馬は限りなく0に近いと言えます。

1番人気で迎えるレースになりますが
期待に応える可能性が高いと判断します。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

セントウルステークス2020で私が注目している馬は
ダノンスマッシュではなく
ちょっと穴目で狙えそうなあの馬ですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ