2014セントライト記念、ローズS回顧|イスラボニータの次走は?

Pocket

先週行われたセントライト記念

圧倒的な一番人気に応えてイスラボニータが完勝しました。

イスラボニータが能力を発揮出来る舞台だったとは言え
他の馬とは能力が違うというところを見せつけました。

今回は珍しく折り合いに苦労していましたが
もともと気の良いタイプで菊花賞でも距離をこなせるでしょう。

陣営は天皇賞・秋への挑戦をほのめかしていましたが
正式に菊花賞への出走を表明しました。

相手関係を考えると天皇賞の方がわずかに勝率が高いと思いますが
菊花賞でも当然勝ち負け出来るでしょう。

2着のトゥザワールドは自分の競馬をした結果なので仕方ありません。

実力通りには走れたと言えますが、春に完成していた馬なので
古馬になるにつれて、他の馬に並ばれ抜かれていくという可能性が高いです。

スピードはさほどないので、菊花賞はかなり危険な人気馬になりそうです。

3着のタガノグランパは距離が持つ事をこの走りで証明しました。

ただ長距離だと切れる脚がなくなってしまうのでベストはマイルです。
マイラーが長距離でも結果を出すという事は能力が高い証拠なので
今後はしっかりとマイルに戻して力を存分に発揮して欲しいものです。

4着ステファノスはいい瞬発力を見せました。

もともと今回の舞台は不向きだったので
次走菊花賞で内をすくうような競馬が出来れば
あっと言わせるシーンがあってもおかしくないでしょう。

菊花賞の穴馬候補ですね。

その他ではワールドインパクトが惨敗しましたが
今回は位置取りが悪すぎました。

もう少しやれる馬ですが、春のパフォーマンスを見る限りでは
人気以上の能力は持っていないタイプで
危険な人気馬になる可能性が高い馬です。

マイネルフロストやショウナンラグーンも3番手争いでは
能力的に差がありません。

いつ巻き返してもおかしくないので、見限るのは危険です。

そして阪神で行われたローズステークスも回顧しましょう。

オークス馬ヌーヴォレコルトが内から伸びて完勝しました。

この日の阪神芝は内がとにかく伸びたので
そこを岩田騎手がうまく活かした騎乗であった事は見逃せませんが
ヌーヴォレコルト自身の能力・成長力があってこその芸当ですね。

今回マイナス体重で出走したので、次走へ向けてやや不安もありますが
走りにも余裕があったので、強く疑う必要はないでしょう。

2着タガノエトワールには驚きました。

未勝利を勝ってすぐに重賞で通用する馬は滅多にはいません。
しかも、展開に恵まれたという訳ではないので
この走りをフロック視してはいけません。
秋華賞でも注意が必要でしょう。

3着リラヴァティは実力のある馬なので
これくらいは走る馬です。

ただ、京都よりも今回のような坂のある阪神の方が得意な馬なので
次走の秋華賞は過剰な期待は禁物です。

逆に4着ブランネージュは阪神よりも京都が得意なタイプ

能力もある馬ですし、ここを叩いて本番で好走という
パターンは十分に考えられます。

レッドリヴェールはまったく見せ場無く敗れました。

サングレアルもそうですが、小柄な馬というのは難しさがありますね。
レースの統計でも500kg以上の馬の方が
明らかに回収率が良く、体格の差というのは予想に無視出来ない要素です。

あの内容をみると本番での巻き返しは難しいように感じます。

サングレアルは秋華賞では買ってはいけない馬になりますね。
ゼンノロブロイ産駒らしく東京でこその馬です。