【キーンランドカップ2020予想】強敵相手でもぶっこ抜く可能性アリの穴馬と推す2つの理由

Pocket

キーンランドカップ2020の予想をするうえで
馬券に入れておきたい穴馬
について

そして、その穴馬を推した理由・根拠について
ローテーションやレース内容、コース適性を見ながら話していきたいと思います。

是非、馬券の参考にしてください。

 

 

こんにちは、MOTOです。

「絶対に馬券を買わない危険な人気馬」コーナーと並んで

楽しみにしていただいている方が多い

「絶対に馬券を買いたい穴馬」コーナー

 

前回は札幌記念を取り上げまして

ここでピックアップしました トーラスジェミニ は8着

 

スタートはボチボチでしたが
ラッキーライラックにぴったりと2番手をキープされて
かなり圧をかけられてしまったので、ちょっと辛かったですね。

もう少し遊ばせてくれていれば、
粘れたかもしれませんが、これも競馬ですね。

馬券に絡めなかったことは残念ですが
守りに入らず、一発を狙っていきたいと思います。

 

それではキーンランドカップの穴馬に行ってみましょう!!

 

 

キーンランドカップ2020で注目している穴馬はコイツだ!

キーンランドカップ2020の出走予定メンバーは以下の通りです。

高松宮記念3着の ダイアトニック

京阪杯勝ち馬の ライトオンキュー

を中心に馬券が売れていきそうなメンツとなっています。

 

 


(1番人気が予想される ダイアトニック)

 

そんな中でも一発の可能性を残しているであろう

キーンランドカップ2020の穴馬を公表したいと思います。

 

 

その馬の名前は

ビリーバー

です。

 

ビリーバーはモンテロッソ産駒と言う
地味な血統で未勝利を福島で勝ち上がって
オープン入りしたのも31戦目という遅咲きの競走馬です。

その実績の乏しさからGI級の馬が出てくる
今回のキーンランドカップでは
評価をされていない事が予想されます。

 

そんなビリーバーが、なぜキーンランドカップで
注目できる穴馬なのか??

話しをしていきます。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

穴馬を狙う理由と買える材料

近2走の内容が秀逸!現在絶好調の馬だ

ビリーバーを推す最大の理由は

「近2走の内容が秀逸だった」

という点です。

 

前走のアイビスサマーダッシュを振り返ってみます。

スタートはそれほど出遅れなかったものの
ほぼ最後方からの競馬になりました。

そこから一度内に入れるそぶりを見せつつ
ラストは再び外に出して追い込んできての3着

結果的にジョーカナチャン、ライオンボスの
行った行ったの決着になったことを考えると

ライオンボスに僅差まで迫った
ビリーバーの末脚は目立っていました。

レースでのパフォーマンスは一番だったと言えます。

 

2走前のTVh杯は今回キーンランドカップに出走予定の
アスタールビーを下して勝利を収めているのですが

このレースも素晴らしい内容でした。

道中8番手でレースを進めると
勝負所では自然に反応して
4コーナーでは大外にぶん回して先頭に並びかけます。

かなりの距離ロスを被った分、アスタールビーを交わすのに
手間取りましたが、危なげなく抜け出して完勝

と着差以上に強い内容の競馬でした。

 

ビリーバーはもともと能力の片鱗を見せていた馬ですが

ここ2戦では完全に能力が開放されて
ワンランク上の内容の競馬を見せています。

まさに今がピークと言える状態で出走するので

今回のキーンランドカップでも激走が期待できます。

 



 

距離延長ローテ、舞台はプラス!

ビリーバーは前走アイビスサマーダッシュに出走していますが
前走1000m戦を経験している点はプラス要素となります。

なぜなら追走が楽になるから、です。

ビリーバーのような追い込み馬は
あまり極端な位置取りになってしまうと
直線で良い脚を使っても届かない事がありますが

前走で短い距離の速いペースを経験していることから
ある程度中団で競馬をしてくれることが期待されます。

展開による敗戦のリスクが下がる点はプラスですね。

 

またビリーバーは北海道場所が得意である可能性が高いです。

場所別の成績を見てみると

全成績 【4.3.9.15】

北海道成績 【1.0.0.1】

と特段札幌競馬場への適性は見られません。

しかし、父親であるモンテロッソの
札幌競馬場における産駒の成績を見てみると

 

と素晴らしい成績を残しています。(22位)

今回のキーンランドカップでは

今まで以上の走りを見せてくれる可能性は十分にあります。

 




 

以上の理由から

キーンランドカップ2020における

ビリーバーは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 

 

まとめ

オープン入りするまでに30戦を擁して
地味な存在であるビリーバーですが

前走、前々走とここ2戦のパフォーマンスは秀逸で
今が絶頂期である可能性が高い馬です。

また父親であるモンテロッソ産駒の
札幌競馬場の成績が良好である事を考えると

キーンランドカップでも高いパフォーマンスを発揮してくる事が期待できます。

キーンランドカップでのビリーバーは見逃せない穴馬ですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

キーンランドカップ2020で私が最も注目している馬
新潟2歳ステークス2020で私が最も注目している馬

について掲載しているので、こちらも注目してください。

この馬 → 人気ブログランキングへ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。