2014神戸新聞杯、オールカマー出走予定有力馬の評価と消し馬

Pocket

今週の重賞レースは

阪神:神戸新聞杯
新潟:オールカマー

この2つです。

なんといっても注目はダービー馬ワンアンドオンリーです。

日本ダービーで新味を見せて先行からの押し切り勝ち
弥生賞、皐月賞で能力はトップである事を見せていただけに
陣営も胸の空く勝利だったでしょう。

今回は阪神芝2400m

仕上げがどうかという点は当然未知数ですが
力のいる馬場が得意なこの馬にとって
これほど適性のある舞台はないでしょう。

今回は不動の本命として出走しますが
よほどの事がない限り好走してくれるでしょう。

そのワンアンドオンリーの為のレースとなりそうな中
虎視眈々と牙を剥くのがサトノアラジンです。

私は春から話をしていましたが、この馬は
イスラボニータ、ワンアンドオンリーと肩を並べる能力の持ち主です。

気性が荒すぎて500万条件も勝てない時期がありましたが
少し常識の範囲にかかってきてからの快進撃は目を見張るものがあります。

前走も1000万条件とはいえ、重賞級のバッドボーイを
並ぶ間もなくちぎり捨てた走りは
間違いなく重賞級を超えてGI級であると言えます。

今回、ワンアンドオンリーにガチンコで勝負が出来る唯一の馬です。

日本ダービー上位馬が先週のセントライト記念に出走してしまったので
後のメンバーは若干手薄な感がありますが
京都新聞杯を勝ったハギノハイブリッドが次位でしょう。

ただ、この馬タニノギムレット産駒らしくスピードが勝った馬なので
パワー勝負の阪神芝2400mは不安材料だと言えます。

それなら日本ダービーを回避したウインフルブルーム。

この馬は切れ味はないので、勝ち切るタイプではないのですが
常に相手なりに走ってくるタイプで
どんなレースでも上位に来られる強みがあります。

後は今回は順調さを欠いた後の久々という点がどうでるか。

日本ダービーでラチにぶつかってしまったトーセンスターダム

ああいった負け方はかなり後を引くので
ある程度の人気にはなると思いますが、今回は危険な馬です。
普通に走っても阪神芝2400mは合わないですからね。

あとは上がり馬という事になりますが
注目を浴びそうなのは連勝中のヴォルシェーブ

前走も余裕のある勝ち方でまだ奥がありそうな馬です。
パワー型で今回の舞台も合うでしょう。
穴人気になりそうですが、軽視は禁物です。

そして私が注目しているのはヤマノウィザード

この馬はつかみどころがない部分がありますが
能力だけ言えば、この中では抜けた3番手です。

人気もないでしょうし、ここでは外せない1頭です。
爆穴候補でしょう。

そしてもう一つの重賞オールカマーは
先週のセントライト記念と同じコースで行われます。

主役は前走快勝で重賞2勝目をあげたサトノノブレス

もともと勝ち味に遅いタイプでしたが
前走の勝ちっぷりは一皮剥けた印象を与えました。
前で競馬出来る器用さもありますし、平坦も得意
馬券圏内を外す事はなさそうです。

次はサマー2000シリーズを捨て、
ここに挑んできたマイネルラクリマ

この馬の武器は立ち回りの良さと先行力にあります。
そういった意味では今回の舞台は適性が高くチャンスがあります。

同じ事は新潟記念2着のクランモンタナにも言えます。

先行力とスピードの持続力、良血馬が徐々に実が入ってきたので
これくらいの相手ならば戦えるという期待があります。

他の路線から来た馬で一番目立つのは
ダイヤモンドSを勝ったフェイムゲーム

能力は今回のメンバーでも上位ですが
ハーツクライ産駒らしくパワーがいる馬場が得意な馬。
地力で東京の重賞を勝っているので無視は出来ませんが
過剰な人気になるようなら注意は必要でしょう。

ヴィクトリアマイルで大敗したラキシス

牝馬の初戦としては異例のローテーションですが
京都記念、中日新聞杯では互角に戦っているように力はあります。
切れ味はありませんが、立ち回りが上手い馬なので
今回の舞台では力を出せそうです。

今回のオールカマーは新潟の内回りを見越して
適性のある馬が多数出走する形になっているので
メンバーは低調ですが、大きな波乱はなさそうです。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。