【小倉記念2020予想】馬券にいらない消去馬について理由を語ってみた!

Pocket

小倉記念2020に出走を予定している
馬券にいらない消去すべき人気馬について
根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

毎週行っている

「今週の危険な人気馬」のコーナー

私のブログやYouTubeの中では最も人気のあるコーナーなので
出来る限り毎週行っていこうと思いますが

昨年末は裏目を引き続けてしまったので
ちゃんと確信をもって切る馬が出た時に
アップするようにしました。

 

2020年の成績ですが

【3.2.2.17】

単勝回収率 74.2%

複勝回収率 50.0%

 

前回のエルムステークスで挙げた

危険馬 タイムフライヤー は1着(1番人気)

1番人気の馬に強い競馬で勝たれてしまいました。

かなり適性の偏ったタイプなので
不発があるかなぁと思っていましたが
ここは能力を出されてしまいました。

まあ、こんなこともあります。

気を取り直して、今週もやっていきましょう。

 

という事で、今週も人気馬をぶった切るガチンコ勝負である

このコーナーに期待をして頂ければと思います。

それでは、張り切っていってみましょう!!

 

という事で、小倉記念2020の危険馬にいってみましょう!!

 




 

小倉記念2020で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

サトノルークス

です。

 

 

ちなみにnetkeibaさんの小倉記念想定オッズを見てみると

1番人気 サトノルークス   2.5倍

2番人気 ランブリングアレー 3.4倍

3番人気 サトノガーネット  6.2倍

4番人気 サマーセント    6.6倍

5番人気 ノーブルマーズ  12.6倍

となっています。

 

サトノルークスは1番人気が想定されている馬。

なんといっても菊花賞2着の実績が光る馬で
セントライト記念でもザダルらに先着しており
持っている能力の高さは間違いがありません。

前走の鳴尾記念では負けてしまいましたが
叩き2走目の小倉記念では好走が期待される馬です。

 

そんなサトノルークスがなぜ
小倉記念2020で危険な馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

危険視している馬の不安要素

ステイヤー気質の馬で今回の舞台は距離適性に疑問!?

サトノルークスは菊花賞2着の実績が光る馬ですが
戦績を見ていると長い距離でのレース

しかも、時計のかかる場所での好走が目立ちます。

 

菊花賞は言わずもがな芝3000mという長距離戦

セントライト記念も2200m戦ですが
中山芝という時計のかかる特殊条件。

すみれステークスも2200m戦ですが
パワーの求められる阪神競馬場のコース

条件戦は1800m戦を買ってきていますが

明らかに長距離への適性を見せています。

 

今回の小倉記念は芝2000mという中距離戦。

しかも、直線が平坦でパワーが求められない軽い条件なので
サトノルークスにとっては向かない舞台での競馬となります。

サトノルークスの持っている能力が

発揮される可能性は低いと言えます。

 




 

以上の理由から

小倉記念2020で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

サトノルークス

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

菊花賞はヴェロックスに先着しての2着となった
実力馬サトノルークスですが、長距離適性を見せているので

”今回の小倉記念は距離が短い舞台”

だと言えます。

1番人気が必至な馬なので

合わない舞台でのレースは不安そのもので
小倉記念でのパフォーマンス低下が心配されます。

今回の小倉記念ではサトノルークスを切って勝負をしたいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

小倉記念2020で私が注目している馬は
舞台適性が合いながらも、今回舐められそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ