2014セントライト記念、ローズステークス予想|レッドは買い?

Pocket

今日のメインレースは
新潟のセントライト記念と阪神のローズステークス

共にGIに直結するメンバーで見応えは十分です。

どちらも注目のレースですが
まずは新潟のセントライト記念から見ていきましょう。

今年は日本ダービー2~6着が出走するなど
来週の神戸新聞杯よりも熱いメンバーが揃ったセントライト記念

例年と違うのは新潟で行われるという事。

まずは新潟芝2200mの特徴からおさらいです。

新潟芝2200mの特徴

内回りコースでの戦いという事で
内枠有利の先行有利という典型的なデータが出ています。

そこに一つ加えると今年は新潟開催が続き
内の馬場が非常に荒れているという事。

例年スピード優位な新潟コースも今はスタミナも
必要とされている事は見逃せません。

先週サトノギャラントが直線で内をつきましたが
最後には力尽きました。

サトノギャラントの底力という点もあるかとは思いますが
直線で内を突くようでは厳しい。

そして、大外に回して追い込むのも厳しい。

ある程度のポジションから馬場の真ん中あたりを伸びるのが理想です。

という事を考えると

本命 イスラボニータ には向いている舞台だと言えます。

この馬の武器は操縦性の高さと長くいい脚を使う点
今の新潟にもっともフィットした条件を持っていると言えます。

同じ事は相手筆頭の トゥザワールド にも言えます。

この馬は瞬発力がないので、秋シーズンはひょっとすると
他の馬達に抜かれるかなと思っていましたが
今回は持っている能力を存分に活かせる舞台なので
消すに消せない存在となりました。

神戸新聞杯ではなく、こっちを選択したのも
そのあたりの適性を陣営が考慮したのかもしれませんね。

3番手は クラリティシチー

こちらもトゥザワールド同様キングカメハメハ産駒で
スピード・瞬発力よりもスタミナが優位な馬です。

外枠は不利ですが、スムーズな競馬が出来れば
2強以外には十分に通用する馬です。

最後に マイネルフロスト

日本ダービー3着後で、そこそこの人気を被りそうなので
本来であれば積極的に買う馬ではないんですが
前で競馬出来る脚質に加えて、スタミナ・パワーで勝負するタイプなので
今の新潟にはマッチしており、消す事が出来ませんでした。

以上です。

個人的には能力を買っているステファノス、ショウナンラグーンなど
通用してまったく不思議じゃない馬がいますが
脚質や馬の適性から考えると今回は見送りたいと思います。

イスラボニータ1着固定の3連単と
1頭軸の3連複、馬連と相手を3頭に絞ったので
複数の馬券で勝負をかけたいと思います。

もう一方のローズステークスですが
こちらも秋華賞とほぼ変わらないであろうメンバーが揃いました。

1戦毎にパフォーマンスを上げて女王になったヌーヴォレコルト
ハープスターに土をつけGIを勝ったレッドリヴェールが
2強を形成します。

ですが、本命は ブランネージュ です。

実力的には2強に劣りますが、この馬の武器は先行力。

切れる脚はありませんが、スピードを持続力は
いかにもシンボリクリスエス産駒という感じで
今週までなら阪神の馬場を活かしてアドバンテージをとる事が可能とみました。

相手筆頭は ヌーヴォレコルト

これといってマイナス面はありません。

今回は休み明けで気配の緩さを若干感じる点で対抗としましたが
オークスのパフォーマンスは圧巻でした。

秋華賞では間違いなく主役となる馬です。

3番手は レッドリヴェール

この馬は小柄な馬で馬体重が回復しているかどうかが鍵です。
買いか買いでないかはここで決まるでしょう。

本来であれば20kg以上増えていて欲しいですが
陣営の話を聞く限りではそこまで増えてなさそう。

競走馬は基本的に体重がある方がタフなので3番手としました。

ですが、能力的にはヌーヴォレコルトと互角の力を持っている馬で
阪神の力の要るコースも得意なので3番手

最後に リラヴァティ

前走は4着と物足りない競馬でしたが
前々走の内容が非常に優秀でした。

ゼンノロブロイ産駒ですが、力の要る馬場の方が
持ち味を発揮出来るタイプでここは見限れません。

以上です。

サングレアルはレッドリヴェール同様馬体の不安がある上に
阪神での競馬は向かないので切ります。

例年上がり馬にも注目しなくてはいけないのですが
今年は目立った馬がいないので、実績馬で勝負です。

馬券はブランネージュから3連複・馬連の1頭軸流し
こちらも相手を絞ったので厚くいきます。

このレース自体も重要ですが、もっと重要なのは
このレースを見て次への参考とする事。

GIで勝つ馬でしっかりと各馬のパフォーマンスを見極めましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。