【関屋記念2020予想】好舞台から一発を見せてくれそうな穴馬と推す2つの理由

Pocket

関屋記念2020の予想をするうえで
馬券に入れておきたい穴馬
について

そして、その穴馬を推した理由・根拠について
ローテーションやレース内容、コース適性を見ながら話していきたいと思います。

是非、馬券の参考にしてください。

 

 

こんにちは、MOTOです。

「絶対に馬券を買わない危険な人気馬」コーナーと並んで

楽しみにしていただいている方が多い

「絶対に馬券を買いたい穴馬」コーナー

 

前回はエルムステークスを取り上げまして

ここでピックアップしました ハイランドピーク は4着

 

好スタートから思う通りの位置を取って
直線を迎えましたが、直線での加速がイマイチで
アナザートゥルースを交わすことが出来ず。

能力上位の実力馬も力をしっかりと見せた点も
この馬にとっては悪い材料でしたね。

来なかったことは残念ですが
守りに入らず、一発を狙っていきたいと思います。

 

それでは関屋記念の穴馬に行ってみましょう!!

 

 

関屋記念2020で注目している穴馬はコイツだ!

関屋記念2020の出走予定メンバーは以下の通りです。

2年前の関屋記念勝ち馬 プリモシーン

常に堅実な末脚を見せる サトノアーサー

を中心に馬券が売れていきそうなメンツとなっています。

 

 


(1番人気が予想される プリモシーン)

 

そんな中でも一発の可能性を残しているであろう

関屋記念2020の穴馬を公表したいと思います。

 

 

その馬の名前は

トロワゼトワル

です。

 

トロワゼトワルは昨年の京成杯オータムハンデで
レコード勝ちを収めている快速馬ですが

前走の中京記念では勝ち馬から3.7秒離され
17着と惨敗していることから

今回の関屋記念では評価をされていない事が予想されます。

 

そんなトロワゼトワルが、なぜ関屋記念で
注目できる穴馬なのか??

今回はデータを基に話しをしていきます。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

穴馬を狙う理由と買える材料

人気がない時こその逃げ馬!前走の大敗は好材料!

まず最初にトロワゼトワルを推す理由は

「今回ノーマークで走れそうだ」

という点です。

 

トロワゼトワルが古馬になってオープンクラスを走ったのは5回

そのうち3回は最下位、もしくはブービー

という大惨敗を喫しています。

逆に好走したのは2回。

2着馬の3馬身半差をつけて
1分30秒3というレコード勝ちを果たした

京成杯オータムハンデ

もう一回は12番人気と低評価ながら
GI級の馬と互角の勝負をして4着に入った

ヴィクトリアマイル

このパフォーマンスの違いがトロワゼトワルの特徴です。

 

好走した2回に共通しているのは

「ノーマークで気楽に逃げた」という点。

基本的に逃げ馬は自分のペースで走れると
強さを発揮するので、人気になってマークされてしまうと
どうしても脆さが出やすくなります。

今回の関屋記念ではG3で大惨敗した後のレース

トロワゼトワルが楽に逃げられる確率はかなり高くなります。

トロワゼトワルにとって前走惨敗は不調のサインではなく
人気落ち激走のサインなので

走りやすい条件でのレースが期待できます。

 



 

速い時計大歓迎!平坦の新潟は持って来いの舞台!

トロワゼトワルが好走した2レースは
楽に逃げられた事以外にもう一つ特徴があります。

 

それは時計の速い決着だったという事。

京成杯オータムハンデは

1分30秒3という超絶レコード時計での勝利

ヴィクトリアマイルは勝ち馬アーモンドアイが

1分30秒6という超高速時計での勝利の中の4着

 

敗れた3つのレースの勝ち時計を見てみると

中京記念 1分32秒7

阪神牝馬S 1分32秒9

ターコイズS 1分32秒2

といずれも1分32秒台での決着

 

今回の関屋記念について過去の勝ちタイムを見てみると

2019年 1分32秒1

2018年 1分31秒6

2017年 1分32秒2

と31秒台を見据えた速い時計が出ています。

今回はトロワゼトワルが走りやすい
馬場状態でのレースが期待されるので

持っているパフォーマンスを出してくれそうです。

 




 

以上の理由から

関屋記念2020における

トロワゼトワルは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 

 

まとめ

前走は大惨敗を喫してしまったトロワゼトワルですが

逃げ馬なので、人気が下がり、マークが薄くなる
惨敗後のレースは大歓迎といえる材料です。

また時計の出やすい新潟の馬場は
トロワゼトワルにとって絶好の馬場と言えるので

高いパフォーマンスを発揮してくる事が期待できます。

関屋記念でのトロワゼトワルは見逃せない穴馬ですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

関屋記念2020で私が最も注目している馬
小倉記念2020で私が最も注目している馬

について掲載しているので、こちらも注目してください。

この馬 → 人気ブログランキングへ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。