【ラジオNIKKEI賞2020予想】馬券にいらない消去馬キメラヴェリテについて理由を語ってみた!

Pocket

ラジオNIKKEI賞2020に出走を予定している
馬券にいらない消去すべき人気馬キメラヴェリテについて
根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

毎週行っている

「今週の危険な人気馬」のコーナー

私のブログやYouTubeの中では最も人気のあるコーナーなので
出来る限り毎週行っていこうと思いますが

昨年末は裏目を引き続けてしまったので
ちゃんと確信をもって切る馬が出た時に
アップするようにしました。

 

2020年の成績ですが

【2.2.2.14】

単勝回収率 70.5%

複勝回収率 50.5%

 

先週のラジオNIKKEI賞で挙げた

危険馬 ワグネリアン は13着(7番人気)

舞台適性的にも馬の馬の調子的にも
来ない事は分かっているような馬でしたが
7番人気と人気にならなかったので、ちょっとイマイチでしたね。

一応、動画の方では5番人気のグローリーヴェイズ(17着)も
併せて挙げていたので、合わせ技で一本だと考えて頂ければ幸いです。

 

という事で、今週も人気馬をぶった切るガチンコ勝負である

このコーナーに期待をして頂ければと思います。

それでは、張り切っていってみましょう!!

 

という事で、ラジオNIKKEI賞2020の危険馬にいってみましょう!!

 




 

ラジオNIKKEI賞2020で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

キメラヴェリテ

です。

 

 

ちなみにnet.keibaさんのラジオNIKKEI賞想定オッズを見てみると

1番人気 パラスアテナ   2.5倍

2番人気 ルリアン     4.7倍

3番人気 パンサラッサ   5.2倍

4番人気 キメラヴェリテ  5.3倍

5番人気 グレートオーサー 8.6倍

となっています。

 

キメラヴェリテは4番人気が想定されている馬。

サクラトゥジュールなどもいるので
もしかしたら6番人気に落ちる可能性はあると思いますが

オープン特別である若葉ステークスで2着に入っており
今回のメンバーでは実績は最右翼の存在です。

 

そんなキメラヴェリテが
なぜラジオNIKKEI賞2020で危険な馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

危険視している馬の不安要素

若葉ステークスのレースは内容を評価するにあたらず…

キメラヴェリテを危険な人気馬として
指名する最も大きな理由は

「若葉ステークスの内容が評価出来ない」

これですね。

 

キメラヴェリテは若葉ステークスを走るまでは
ずっとダートを走っていたので
芝のレースを使ったのは3戦のみとなりますが

唯一好走したのは若葉ステークスのみです。

ですので、若葉ステークスを振り返ってみましょう。

 

キメラヴェリテは初めての芝レースという事もあってか
大外枠から必要にハナを主張して大逃げに持ち込みます。

後続に6,7馬身の差をつけながらも

1000m通過タイムは 59.9秒

と、それほど速いペースにはなりませんでした。

直線でも5馬身ほどリードを保った状態で
アドマイヤビルゴには差されたものの

典型的な大逃げしたメリットだけで粘ったレースで
大逃げしたにも関わらずラスト3ハロンを35.0秒と
直線での脚も使えたレースでした。

 

大逃げした馬が展開だけで逃げ残るレースは
競馬では稀に起こることで

2004天皇賞春ではイングランディーレが明らかに力が上の
リンカーン、ゼンノロブロイ、ネオユニヴァースらを相手に
7馬身差の圧勝を収めたり

2009エリザベス女王杯では明らかに格下の
クィーンスプマンテとテイエムプリキュアが
ブエナビスタを抑えてワンツーを決めたりします。

 

キメラヴェリテが大逃げから馬券に絡んだ
若葉ステークスは同じ質のレースになっていて

そもそもの能力が疑われる状態になっています。

 

となると、それ以外のレースで能力を図るしかないのですが

皐月賞ではブービーとなる17着に敗れ、
鳴尾記念でもブービーとなる15着に敗れています。

 




 

鳴尾記念のレース内容も評価するにあたらず…

特に鳴尾記念のレースに注目したいのですが

逃げ馬であるキメラヴェリテにとってスムーズに逃げられなくなると
大敗してしまうというのは宿命的な要素ではあるのですが

キメラヴェリテは10番手で競馬をして差す競馬を試みています。

しかも、52kgという軽量の斤量を貰いながらも
3コーナーからどんどん失速をしており

そのまま15着に惨敗しています。

このレースを見るとキメラヴェリテに能力があるとは判断できず

若葉ステークスの実績だけで人気になる状況は
ただただ危険であると言わざるを得ません。

 

今回のラジオNIKKEI賞で
キメラヴェリテが好走する要素は極めて低いと言えます。

 

 

以上の理由から

ラジオNIKKEI賞2020で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

キメラヴェリテ

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

皐月賞トライアルである若葉ステークスでは2着と好走し
実績的には上の存在となっているキメラヴェリテですが

若葉ステークスでのレースぶりは評価の出来る内容ではなく
その実力は不安定な存在であると言えます。

また前走の鳴尾記念でも、逃げを打たない状態でありながらも
レース途中から惨敗してしまったように

能力的には疑わしい存在であると言わざるを得ません。

今回のラジオNIKKEI賞ではキメラヴェリテを切って勝負をしたいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

ラジオNIKKEI賞2020で私が注目している馬は
キメラヴェリテとは正反対で条件戦でも力を見せているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。