【宝塚記念2020予想】馬券にいらない消去馬ワグネリアンについて理由を語ってみた!

Pocket

宝塚記念2020に出走を予定している
馬券にいらない消去すべき人気馬ワグネリアンについて
根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

毎週行っている

「今週の危険な人気馬」のコーナー

私のブログやYouTubeの中では最も人気のあるコーナーなので
出来る限り毎週行っていこうと思いますが

昨年末は裏目を引き続けてしまったので
ちゃんと確信をもって切る馬が出た時に
アップするようにしました。

 

2020年の成績ですが

【2.2.2.14】

単勝回収率 74.0%

複勝回収率 53.0%

 

先週の函館スプリントステークスで挙げた

危険馬 フィアーノロマーノ は4着(4番人気)

今回は合わない舞台ながら僅差の3着

切り馬として馬券圏内を外れたのは運が良かった感じで
思ったよりも強い馬だなという印象を持ちました。

 

という事で、今週も人気馬をぶった切るガチンコ勝負である

このコーナーに期待をして頂ければと思います。

それでは、張り切っていってみましょう!!

 

という事で、宝塚記念2020の危険馬にいってみましょう!!

 




 

宝塚記念2020で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

ワグネリアン

です。

 

 

ちなみに競馬ナンデさんの宝塚記念想定オッズを見てみると

1番人気 サートゥルナーリア 2.7倍

2番人気 ラッキーライラック 5.3倍

3番人気 グローリーヴェイズ 5.9倍

4番人気 クロノジェネシス  5.9倍

5番人気 ワグネリアン   12.2倍

となっています。

 

ワグネリアンは5番人気が想定されている馬。

ブラストワンピースやキセキと僅差の人気が予想されるので
もしかしたら7番人気まであるかもしれませんが

2018年の日本ダービー勝ち馬で
地力は今回のメンバーにひけを取りません。

 

そんなワグネリアンがなぜ宝塚記念2020で危険な馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

危険視している馬の不安要素

ピークを超えたディープ産駒、大阪杯以上のパフォーマンスは…

ワグネリアンを危険な人気馬として
指名する最も大きな理由は

「ダービー後のパフォーマンスがどんどん落ちている」

これですね。

 

ディープインパクト産駒というのは早熟の種牡馬で知られています。

実際にディープ産駒の年齢別成績を見てみると

年齢を重ねるごとに綺麗に成績が落ちています。

ディープ産駒の持っている究極のスピードに
体が耐えきれないという点や

最も能力が落ちやすいスピードに特化している産駒が多い点

などが要因となっていますが

中でも3歳春のクラシックで活躍した馬は

秋以降顕著に能力を落としています。

 

3歳時に皐月賞、日本ダービーのどちらかを
勝利した馬の古馬になってからのGI成績を見てみると

2019年 ロジャーバローズ 故障して引退

2018年 ワグネリアン 3着が最高着順

2017年 アルアイン 大阪杯を制覇

2016年 マカヒキ GIで馬券に絡めず

2016年 ディーマジェスティ GIで馬券に絡めず

2014年 キズナ GIで馬券に絡めず

2012年 ディープブリランテ 故障して引退

 

唯一アルアインだけが古馬になってもGIを勝っていますが
この馬は究極のスピードを活かして勝負するというタイプではなく

パワーも持ち合わせていた馬で
良くも悪くもディープっぽさの薄い馬でした。

 

ワグネリアンの日本ダービー以降の成績を見ても
神戸新聞杯は残った余力で勝利を収めましたが
その後の成績を見てみると

2019年 大阪杯 3着

2019年 札幌記念 4着

2019年 天皇賞秋 5着

2019年 ジャパンカップ 3着

2020年 大阪杯 5着

と着順を落としていますし、レース内容を見てみても

「もしかしたら勝つかも!?」

と思わせるレースは1レースもありません。

 

幸か不幸か故障が多くレース数を使えなった事で
マカヒキのような一気の衰えは防げていますが

日本ダービーや東スポ杯のような凄みは失われています。

 

今回の宝塚記念は競走馬としてピークの状態である

サートゥルナーリア、ラッキーライラック

らが出走するレースで、アーモンドアイがいなくても
十分にレースのレベルは高いです。

この中でワグネリアンが激走する要素は極めて低いと言えます。

 

 

以上の理由から

宝塚記念2020で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

ワグネリアン

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

3歳時は競走馬の頂点に立ったワグネリアンですが
ディープインパクト産駒らしく、
古馬になってからはパフォーマンスの低下が目立ちます。

それなりに恰好をつける競馬が続いていますが
大一番でのインパクトは薄く

強敵が揃う今年の宝塚記念では苦戦が予想されます。

今回の宝塚記念ではワグネリアンを切って勝負をしたいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

宝塚記念2020で私が注目している馬は
ワグネリアンとは正反対の性質を持っているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。