【宝塚記念2020予想】データから浮き上がるあの穴馬と推す2つの理由

Pocket

宝塚記念2020の予想をするうえで
馬券に入れておきたい穴馬
について

そして、その穴馬を推した理由・根拠について
ローテーションやレース内容、コース適性を見ながら話していきたいと思います。

是非、馬券の参考にしてください。

 

 

こんにちは、MOTOです。

「絶対に馬券を買わない危険な人気馬」コーナーと並んで

楽しみにしていただいている方が多い

「絶対に馬券を買いたい穴馬」コーナー

 

先週はレース参加せず。

前回は安田記念がありましたが

ここでピックアップしました ノームコア は4着

 

横山典弘騎手がノームコアが出来うる
力を出す騎乗を見せてくれたうえでの結果なので
悔いはありませんが、一歩運が足りないですね…

ここのところ全然馬券に絡めていませんが
守りに入らず、一発を狙っていきたいと思います。

 

それでは宝塚記念の穴馬に行ってみましょう!!

 

 

宝塚記念2020で注目している穴馬はコイツだ!

宝塚記念2020の出走予定メンバーは以下の通りです。

皐月賞馬の サートゥルナーリア

大阪杯などGI3勝の ラッキーライラック

を中心に馬券が売れていきそうなメンツとなっています。

 

 


(1番人気が予想される サートゥルナーリア)

 

そんな中でも一発の可能性を残しているであろう

宝塚記念2020の穴馬を公表したいと思います。

 

 

その馬の名前は

キセキ

です。

 

キセキは菊花賞を勝利しており、昨年の宝塚記念でも2着に入っているように
実績としては十分なものを持っている馬です。

しかし、今年に入ってからの日経賞、天皇賞春と続けて惨敗した事で
今回の宝塚記念では人気にならなさそうな存在です。

 

そんなキセキが、なぜ宝塚記念で
注目できる穴馬なのか??

今回はデータを基に話しをしていきます。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

穴馬を狙う理由と買える材料

一気の距離短縮ローテは折り合い面で進境を見せる材料に!

キセキは前走の天皇賞春で6着
前々走の日経賞で阪神大賞典で7着と惨敗していますが

共に2500m以上の長距離で行われたレースでした。

 

キセキは激しい気性が仇になって

長い距離のレースは得意としていない馬です。

3歳時は若さゆえに気持ちの前向きさでカバーしていましたが
本質が出てきた古馬になってからは
長い距離での成績は振るいません。

 

キセキの古馬になってからの距離別成績を見てみると

2000m以下 【0.1.2.0】

2200~2400m 【0.2.1.3】

2500m以上 【0.0.0.5】

2500m以上では一度も馬券に絡めていません。

 

2500m以上についてはGIだけでなく
G2レースが2つあっての成績なので

キセキがいかに長丁場を苦手としているか分かると思います。

今回の宝塚記念は2200m戦

昨年の宝塚記念でも2着に入っているように
この舞台にも、距離にも適性はありますし

苦手だった長距離戦から中距離戦に移るローテは明らかにプラス。

 

今回は人気も落ちてきそうですし
逃げるのにも絶好の環境なので

今回の宝塚記念では妙味のある穴馬となります。

 



 

天皇賞春6着は復活の兆しを感じる内容!

キセキが前走出走した天皇賞春では6着と負けてしまいましたが

この6着はそんなに悪い内容ではありませんでした。

天皇賞春のレースを振り返ってみると

スタートこそダンビュライトに先頭を譲ったものの
1週前の直線では我慢することが出来ずに

暴走気味に先頭に立ってしまいました。

 

日経賞のような抑えの利かないレースだった割には
直線でも必死に食い下がって0.8秒差の6着

ミッキースワローやユーキャンスマイルとは
0.4秒しか差のない競馬をしました。

自分の競馬が出来ない中で、ここまでの走りが出来たという事は

キセキの調子が上がってきている事を示していると言えます。

 

昨年の宝塚記念では1番人気に支持されている馬ですし

昨年末の有馬記念でも凱旋門賞明けという不利なローテながらも
サートゥルナーリアとは0.3秒差と僅差の競馬を見せているように

持っている能力は今回の主力級と互角。

消化不良の競馬で余力たっぷりの状態で

舞台も好転するとなれば、十分に勝てる要素はあります。

 




 

以上の理由から

宝塚記念2020における

キセキは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 

 

まとめ

今年の2戦は見せ場のない競馬が続くキセキですが

昨年の宝塚記念で1番人気支持されているように
持っている能力は今回の人気馬達と互角です。

今回は距離短縮ローテでパフォーマンスアップが期待できますし

前走の天皇賞春の内容から状態アップも期待できます。

最も期待値の高い条件で出走してくるキセキは
今回の宝塚記念で大駆けすることが期待できます。

宝塚記念でのキセキは見逃せない穴馬ですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

宝塚記念2020で私が最も注目している馬はキセキではなく
データ上、最も確率の高そうなあの実力馬です。

こちらも注目してください。

この馬 → 人気ブログランキングへ