宝塚記念2020の過去データからみる傾向分析|入ってはいけない枠は〇○

Pocket

宝塚記念2020を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
宝塚記念2020で好走している馬について話をしていきます。

 

 

 

宝塚記念2020は阪神競馬場芝2200mで行われています。

阪神競馬場の内回りを1周するコースとなっており
パワーと末脚の力が求められるコースになっています。

 

そんな宝塚記念を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

宝塚記念、過去10年のデータ分析

先行馬有利に見えて、末脚勝負になっているレース!

まず最初にいつも通り宝塚記念で
活躍する馬の脚質を見ていきましょう。

以下は宝塚記念での4コーナーでの順位別成績です。

4コーナー5番手以内の馬の 複勝率は37.5%

4コーナー7番手以下の馬の 複勝率は23.7%

好走率を見てみると圧倒的に前が有利な形ですが

回収率の面からも比較してみましょう。

 

4コーナー5番手以内の馬の 複勝回収率は98%

4コーナー7番手以下の馬の 複勝回収率は90%

こんな感じですね。

 

回収率の面では互角の成績となっています。

宝塚記念は内回りコースなので、
前で粘る馬が有利なのでしょうか?

 

一応、宝塚記念における過去10年の
上がり3ハロン順別成績も見てみましょう

上がり3ハロン1位の馬の連対率が100%であるように

とにかく上がりの速い馬が好成績を残しています。

先行した馬が速い上がりを繰り出して圧勝する

という傾向が見られます。

昨年のリスグラシューをはじめ
連覇したゴールドシップなど、差し馬が先行策を見せて
そのまま直線でも突き放している競馬が多く見られ

事実上は差し馬有利の競馬ですね。

 




 

牝馬の強いレース、枠順の傾向は?

次に宝塚記念における牝馬の成績を見てみましょう。

全体の複勝回収率は96%と高いのですが

牝馬の複勝回収率は175%と倍近い成績を残しています。

内回りで直線の急坂を2度登るタフなコースではありますが
牝馬の方が活躍をしています。

牝馬が活躍する時期的なものもあると思いますし
タフな中にも牝馬が走りやすい何かがあるのでしょう。

 

次に宝塚記念の枠順別成績を見てみると

馬群に揉まれる事のない外枠が活躍しているのと
距離ロスなくレースを進められる内枠が活躍しているので

極端な枠に入った方が良いといえます。

あとは馬の個性を見極めたいですね。

ブラストワンピースのような体力を活かして
勝負をする馬は外枠の方が合うでしょうし

クロノジェネシスのような脚をためるタイプの馬は
内枠の方が合いそうです。

 



 

今年の主役大阪杯組の傾向は?

今年の宝塚記念は大阪杯をワンツーフィニッシュした牝馬

ラッキーライラックとクロノジェネシスが人気になりそうです。
(ブラストワンピースも出走)

 

という事で、大阪杯を使ってきた馬の傾向を
最後に見ていきましょう。

まずはGIに昇格してからの大阪杯組における
出走馬の成績を見てみましょう。

サトノクラウンとキセキが馬券に絡んでいます。

 

ここを踏まえて大阪杯での人気別成績を見てみると

大阪杯で6番人気以下だった馬は4戦して全敗。

3番人気以上だった馬は3頭いて2頭が馬券に絡んでいます。

GIで人気している実力馬は宝塚でも好走しており
良い間隔で走れるローテーションである事が分かりますね。

 

ちなみに今年の大阪杯を見てみると

ラッキーライラック 2番人気

クロノジェネシス 4番人気

ブラストワンピース 3番人気

ワグネリアン 5番人気

クロノジェネシスはギリギリですが
オッズ的には好走条件を満たしているといえそうです。

 

また、大阪杯での上がり3ハロン順成績を見てみると

 

大阪杯組の宝塚記念における上がり3ハロン順の成績を見てみると

大阪杯で速い上がりを使えなかった馬が
宝塚では一転速い上がりを使っている

こんな傾向が見て取れます。

 

大阪杯での上がり3ハロン順を見てみると

ラッキーライラック 2位

クロノジェネシス 3位

ワグネリアン 3位

ブラストワンピース 6位

余力としてはブラストワンピースが一番ありそうですね。

 

 

以上が宝塚記念2020を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

宝塚記念で好走する馬の条件は以下の3点です。

・内か外か極端な枠順の方が良い。

・速い上がりを使える馬が強い。

・牝馬が強い

また今年は大阪杯組が主力になりそうですが
データ的にはブラストワンピースが面白そうですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私が宝塚記念2020で注目しているのは
実力は互角でも今回舐められそうなあの実力馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑