【ユニコーンステークス2020予想】荒れる予兆?カフェファラオ、レッチェバロックのキャリア不足に見える不安点

Pocket

ユニコーンステークス2020に出走を予定している主役2頭
カフェファラオ、レッチェバロックについて

2戦2勝という少ないキャリアは問題ないのか?

東京1600mへの適性はあるのか?

という点について、根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今年のユニコーンステークスは2強の様相を呈しています。

 

2走共逃げて圧勝した レッチェバロック

逃げと追い込みで完勝した カフェファラオ

2頭とも強烈な勝ち方を見せていますが
1点だけ気になる点があります。

 

それは2戦2勝という少ないキャリアである点

ユニコーンステークスは3歳のダート王決定戦なので
能力の高い馬、完成度の高い馬が活躍しています。

そんな中で、この2頭が果たして通用するのか?

 

過去のデータから傾向を見ていき
ユニコーンステークスの最大の焦点である

レッチェバロック vs カフェファラオ

という2強の評価・見解を話していきたいと思いますよ。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

キャリア2戦で出走した馬は活躍している??

まずはユニコーンステークスにおいて
キャリア2戦で出走した馬とその成績を見ていきましょう。

 

キャリア2戦でユニコーンステークスに出走してきた馬は
3頭しかいませんが、いずれも馬券に絡めず。

キャリア3戦で出走した馬を見てみても4頭いますが
こちらも馬券絡みは0頭となっています。

 

キャリア3戦未満の馬は弱かったのでしょうか??

ここでキャリア3戦未満で出走した7頭を見てみます。

上記7頭がキャリア3戦未満での出走となりますが
4着が3頭おり、思ったほど悪くありません。

ただ、この7頭はいずれも2勝馬で
賑やかしで出走してきたような馬でもありません。

となると、この成績は

「キャリア不足=不利な材料」

である事を示しています。

 

カフェファラオ、レッチェバロック共に

ここは不利なデータだと言えます。

 

 

前走1秒以上離した馬は活躍している??

レッチェバロックの成績を見てみると
前走の1勝クラスでは1.4秒離して圧勝しています。

この圧勝劇はユニコーンステークスにとってどうなのか??

 

前走の着差別成績でデータを取ってみました。

1秒以上差をつけて勝った馬は1頭しかいないので
0.6秒以上(3馬身以上)離した馬を見てみましょう。

 

ここで指針となるのは前走大勝した馬の距離別成績です。

前走1700m以上のレースで大勝した馬は
ユニコーンステークスでも好走していて
複勝回収率は170%となっているのに対して

前走1600m以下のレースで圧勝している馬は
思ったような成績を残せていません。

ユニコーンステークスは重賞で底力の問われる舞台になります。

前走で楽勝した馬は、文字通り「楽」なレースをしているので
楽な条件からタフな条件に変わる事から、脆さが出やすくなっています。

 

ここで唯一距離延長ローテから馬券に絡んだ
サウンドリアーナの成績を見てみましょう。

この馬の場合はずっと芝のレースを使っていて
端午ステークスでダートに替わり圧勝。

端午ステークスもそうですが、ユニコーンステークスも
後方からの競馬で自分の競馬に徹することが出来た

という側面はありそうです。

逃げて圧勝したレッチェバロックは
今回、否が応でも後方からの圧を受ける立場

影をも踏ませぬ大逃げが出来れば話は別ですが
データ上は楽な競馬は出来そうにありませんね。

 

 

前走1400m以下を使った馬は活躍している?

こちらもレッチェバロックにとってのデータになりますが

”前走1400mを使った馬の成績が悪い”

という事がユニコーンステークスの特徴となっています。

 

こんな感じですね。

複勝率11.1% 複勝回収率50%

これは厳しいですよね。

 

ちなみに前走1400m以下での着順別成績を見てみると

1着の馬が 複勝率10.3% 複勝回収率31%

全体成績よりも悪い、という結果が出ています。

 

1400mは本質的に距離が短くて
ちょい負けしてしまった馬が
ユニコーンステークスで巻き返すパターンはあっても

1400mがジャストフィットで勝ってしまった馬は
ユニコーンステークスでは苦戦をする

という傾向が色濃くみられています。

 

ちなみに1400m以下の前走500万下(1勝クラス)で
馬券に絡んだ馬を見てみると1頭しかいません。

 

その馬は2018年に出走した エングローサー

この馬の成績を見てみると、こんな感じ。

中団で競馬していた馬が、距離延長にも関わらず
後方からの競馬、体力を温存させる競馬を見せており

真っ向勝負での競馬ではないことが分かります。

レッチェバロックが差し、追い込みで競馬をするならまだしも

逃げでの真っ向勝負だとちょっと怪しい感じがしますね。

 

 



 

まとめ

ユニコーンステークス2020の主役を彩る

レッチェバロック、カフェファラオ

2頭とも素晴らしいパフォーマンスで勝ち上がっていますが

データを見ていくと、ちょっと信頼性に欠ける部分がみられます。

 

中でもレッチェバロックの方がデータ的に
かなりシビアな数字が出ているので

人気面を考えると軽視したいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

ユニコーンステークス2020で私が注目している馬は
上記2頭以外で実績を残しているあの馬ですよ。

こちらは実績の割に評価されなさそうですからね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ