エプソムカップ2020枠順確定|内枠有利な舞台で有利に競馬が出来そうな馬は?

Pocket

エプソムカップ安田記念2020の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたエプソムカップ2020での
傾向と照らし合わせながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る馬は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る馬は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週は安田記念が行われGIも一段落

今週はG3エプソムカップが行われます。

秋の主役を目指す馬たちが集まり、枠順も確定しましたので
枠順確定後の評価について話していきたいと思います。

それでは行ってみましょう!!

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

エプソムカップ2020の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

エプソムカップの舞台である東京芝1800mの
過去10年における傾向(データ)を見てみると

・先行馬が有利なレース

・内枠に入った馬が有利なレース

という条件となっていますが

全体的な展開にも注意して予想をしていきたいですね。

また、天気の方ですが、日曜日の東京競馬場は晴れ予報となっており

良馬場でのレースが期待できそうですね。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 ソーグリッタリング

もともとパンチ力が足りないタイプの馬で
器用さを武器に競馬をするタイプの
ソーグリッタリングとしては今回は最高の枠を引きました。

藤井騎手なので、この枠を活かせるのかどうかは
ちょっと疑問符がつきますが、条件としてはいいですね。

 

2枠4番 サトノアーサー

常に1番人気に支持されながらも
勝ち切れずに物足りない競馬が続くサトノアーサー

今回はレーン騎手を配してきており
しっかりと脚を溜める競馬が期待されますが
枠順としては脚を溜めるのに有利な内枠を引きました。

これで負けたら仕方がない、という条件での競馬になりそうですね。

 

3枠5番 ピースワンパラディ

過去8戦して一度も馬券圏内を外していないピースワンパラディ

ジャングルポケット産駒らしいパワーが勝ったタイプの馬で
本質的に東京1800mのスピード舞台は向かないですが
持っている能力は重賞で楽に勝ち負けできるレベル。

ただ、スタートが速くないのでもう少し真ん中の枠の方が良かったですが
津村騎手がどのように導くのが注目が集まりますね。

 

4枠7番 サラキア

昨年のエプソムカップでは2着と好走したサラキア

小回りコースよりも、広いコースで伸び伸びと走れた方が
力を発揮できるタイプなのでコース替わりはプラスですし
体力勝負に付き合わなくて済む真ん中内目の枠はいいところですね。

 

6枠11番 アトミックフォース

前走の新潟大賞典では逃げて2着に粘ったアトミックフォース

前に行く馬が好成績を残すエプソムカップでは
有利な脚質だと言えまし、テンのスピードがそれほど速くない
ダンカーク産駒としては外目の枠も気になりません。

あとは相手が変わって地力が通用するかどうかですね。

 

6枠12番 シャドウディーヴァ

東京新聞杯の2着があるように東京コースでは
安定した成績を残しているシャドウディーヴァ

イン差しを得意とする馬なので、デムーロ騎手が
どの進路をとるのかは大きな焦点となりますが
枠順としてはもう少し内目の枠の方が良かったですね。

 

7枠13番 アイスストーム

前走のメイステークスでは久々の勝利を収めたアイスストーム

体力で勝負するタイプではないだけの
今回の外枠は不利な枠順だと言えます。

前走勝ち切った後の臨戦で外目の枠
アイスストームにとっては厳しい条件ですね。

 

8枠16番 アンドラステ

キャリアが浅く、まだ底が見えないアンドラステ

前走はオルフェーヴル産駒らしい気持ちの入った
伸び脚で勝ち切るあたり素質は十分に通用しそうです。

今回はフルゲートなので、少頭数の競馬が多かった
アンドラステにとって外目の枠は悪くはありませんが
物理的な不利をどこまでカバーできるかが焦点となります。

 

8枠17番 レイエンダ

昨年のエプソムカップ勝ち馬であるレイエンダ

この馬については気持ちよく走らせることだけが課題なので
馬群に揉まれる枠順は嫌なところでしたが
外目の枠を引けたのは良い材料ですね。

スタートが良ければ前に行くでしょうし
スタートがイマイチなら極端な後ろ。
ピンかパーの馬ですね。

 



 

まとめ

エプソムカップ2020で良い条件の枠をゲットしたのは

1枠1番 ソーグリッタリング

2枠4番 サトノアーサー

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

実力勝負の舞台で行われるレース!

どの馬が勝つんでしょうか?

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私がエプソムカップ2020で注目している馬は
この舞台なら一番強いと断言できるあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑