安田記念2020枠順確定|フラットな舞台で有利な枠に入ったのはどの馬?

Pocket

安田記念2020の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた安田記念2020での
傾向と照らし合わせながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る馬は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る馬は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週はは日本ダービーが行われ、
大一番を終えた疲労感を感じる今日この頃ですが

今週はGI安田記念が行われます。

空前のハイレベルと言えるメンバーで行われるレースの
枠順が確定しましたので
枠順確定後の評価について話していきたいと思います。

それでは行ってみましょう!!

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

安田記念2020の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

安田記念の舞台である東京芝1600mの
過去10年における傾向(データ)を見てみると

・脚質の有利不利がないレース

・枠順の有利不利がないレース

という条件となっていますが

全体的な展開にも注意して予想をしていきたいですね。

また、天気の方ですが、日曜日の東京競馬場は晴れ予報となっており

良馬場でのレースが期待できそうですね。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 ダノンプレミアム

昨年の安田記念ではスタート直後に
ロジクライに馬体をぶつけられて
競馬にならず惨敗してしまったダノンプレミアム

突出したスピード能力がある反面
勝負根性という面ではやや弱めの馬なので
外枠からプレッシャーのない状態で
レースをしたかったところですが
今回の安田記念は最内枠を引いてしまいました。

ちょっと不安が残る枠順ですね。

 

2枠2番 ダノンキングリー

前走の大阪杯では逃げという奇襲戦法に出て3着と
なかなかGIを勝ち切ることが出来ないダノンキングリー

日本ダービーでは内を通ってロジャーバローズを追走し
最後まで迫ったようにしっかりと脚を溜めて
直線の競馬にかけた方が力を発揮できるタイプ。

今回の安田記念では2番枠をゲットしたので
ダノンキングリーのスピードを活かすことが出来そうです。
良い枠を引きましたね。

 

3枠3番 ノームコア

ヴィクトリアマイルでは外を回りながらも
最後差を詰めて3着まで上がったノームコア

ハービンジャー産駒らしく体力と持久力で
勝負を仕掛けてくるタイプの馬で
馬群の中から競馬をするのは得意なタイプではありません。

一瞬の切れ味もない馬なのでどの段階で外に出すのか
が重要視される難しい枠順に入ってしまった

という事が言えるでしょう。

 

4枠5番 アーモンドアイ

前走のヴィクトリアマイルでは有馬記念の惨敗を払しょくするような
圧倒的な能力を見せて勝利をもぎ取ったアーモンドアイ

内枠でのレースはジャパンカップで結果を出していますが
本質的にはマイペースでリズムよく競馬が出来た時に
力を発揮するタイプの馬。

中2週という強行軍に加えて、今回の内枠
持っている能力は圧倒的に1番ですが
今回の安田記念では試練の多い条件での出走になりそうです。

 

4枠6番 インディチャンプ

昨年の安田記念では勝利を収め、
2019年のマイル王に輝いたインディチャンプ

ステイゴールド産駒らしい気持ちの強さと
スピード、瞬発力を兼ね備えたタイプの馬で
ロスのなく力を溜める事の出来る内枠でこその馬。

もう少し内に入るに越したことはありませんが
6番枠に入れば十分に合格点。

昨年の安田記念の再現を狙いたいところですね。

 

6枠9番 アドマイヤマーズ

今回の安田記念と同じ舞台であるNHKマイルカップを制し
マイルGIは3勝とスペシャリストぶりを
いかんなく発揮しているアドマイヤマーズ

ダイワメジャー産駒らしくパワーのあるタイプのマイラーなので
スピードを求められる流れになるとどうかと思いますが
コーナーで加速をつけて、直線で一気に爆発させられる外目の枠を引けました。

良い枠だと言えますね。

 

7枠11番 グランアレグリア

前走の高松宮記念ではただ1頭外から豪脚を披露して
2着に食い込んだグランアレグリア

気性面での難しさを抱える馬なので
内枠で馬群に揉まれるのが嫌でしたが
今回の安田記念では外目の枠を引けたので
自分のリズムで競馬をする事が出来そうです。

あまりタフな流れは得意ではないので
スムーズに競馬が出来るかどうかがカギになりそうです。

 

8枠14番 ダノンスマッシュ

前走の京王杯スプリングカップでは逃げという手に出て
見事に勝利を収めたダノンスマッシュ

もともとGIではワンパンチ足りないタイプの馬ですが
今回は距離ロスがあり、体力を求められる大外枠。

これは悪い条件を引いてしまいましたね。

 



 

まとめ

安田記念2020で良い条件の枠をゲットしたのは

1枠2番 ダノンキングリー

6枠9番 アドマイヤマーズ

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

春のマイル王を決めるべくレース!

どの馬が勝つんでしょうか?

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私が安田記念2020で注目している馬は
アーモンドアイと十分に戦える力を持つあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。