セントウルS、京成杯AH回顧|リトルゲルダ、クラレントが王者に!

Pocket

先週行われた重賞はセントウルステークスと京成杯AH

まずはセントウルステークスから振り返りましょう。

勝ったのはリトルゲルダ

重賞連勝でサマースプリント王者となりました。

前走は前残り、内有利の展開からの出し抜けと
踏んでいたので今回の勝利は意外でした。

ハクサンムーンを力でねじ伏せた感があり
今回の勝利でもう実力と認めざると得ません。
荒れた馬場も得意で、次のGIも軽視出来ませんね。

一方、ハクサンムーンは2着

スタートで少し後手を踏みましたが、
持ち前のスピードで先行して、直線も見せ場は十分でした。

粘りは今一つでしたが、ここを叩いて上昇が見込めます。
ただ、次は内が荒れている新潟。
能力が上位なのは動かしようがありませんが
新潟が向くタイプではなく、不安要素はありそうです。

3着にはエピセアローム

今回は自分の走りが出来ました。
が、GIで通用するほどの底力はないでしょう。

それ以外に見どころがあったのは5着のマヤノリュウジン

今回は前残り必至の馬場と展開でしたが豪脚を見せました。
次走は新潟でのレース。
スピード勝負に向くタイプではありませんが
今回よりは追い込みが届く舞台で面白い存在となるでしょう。

もう一方の重賞京成杯オータムハンデは
クラレントが重賞連勝でサマーマイルチャンピオンとなりました。

今回は内枠に入ってどうかと思いましたが
長い直線を中団から押し切る内容から
力が一枚半上だったと言えるでしょう。

これで重賞6勝目、切れ味がないのでGIではどうしても足りませんが
G3レベルなら常に活躍できる馬です。

2着以下はドングリの背比べ

2着ブレイズアトレイルはここ最近の好走をそのままに頑張りました。
馬場が荒れてきて少しパワーが必要になったのもプラスになりました。

3着ミトラは先刻からなだれ込んだ感じで次走は
この成績をそのまま鵜呑みに出来ないでしょう。

5着サトノギャラントは内を突きましたが最後は力尽きました。
この馬は人気先行型で、今回の一番人気はやり過ぎです。
能力的にはこれくらいで軸に買う馬ではありませんね。

エキストラエンドは14着一瞬伸び欠けましたが
瞬発力タイプのこの馬にはスタミナのいる新潟は合わないのでしょう。

エクセラントカーヴは最下位
これだけの大敗は気性的な問題だと言えます。
牝馬は難しいですね。
信用できるタイプではないという事でしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。