【オークス2020予想】狙いたい穴馬は距離適性ではナンバーワンと言えるあの馬

Pocket

オークス2020の予想をするうえで
馬券に入れておきたい穴馬
について

そして、その穴馬を推した理由・根拠について
ローテーションやレース内容、コース適性を見ながら話していきたいと思います。

是非、馬券の参考にしてください。

 

 

こんにちは、MOTOです。

「絶対に馬券を買わない危険な人気馬」コーナーと並んで

楽しみにしていただいている方が多い

「絶対に馬券を買いたい穴馬」コーナー

 

先週はヴィクトリアマイルがありましたが

ここでピックアップしました ダノンファンタジー は5着

 

アーモンドアイは別格としても完全な前残りの競馬になった中

ダノンファンタジーは抜群のスタートを切れたので
そのまま番手にいてくれればなぁ

という競馬で、ちょっと残念でしたね。

今年の川田騎手は大きな舞台での消極的な姿勢が見て取れますね。

GIでは勝負騎乗を見せて欲しかったですね~

 

序盤は馬券に絡んでいた穴馬ですが
ここのところはちょっと不調気味。

そろそろ一発がほしいところですね~

 

それではオークスの穴馬に行ってみましょう!!

 

 

オークス2020で注目している穴馬はコイツだ!

オークス2020の出走予定メンバーは以下の通りです。

桜花賞を圧勝した デアリングタクト

前走物凄い豪脚を見せた デゼル

を中心に馬券が売れていきそうなメンツとなっています。

 


(1番人気が予想される デアリングタクト)

 

そんな中でも一発の可能性を残しているであろう

オークス2020の穴馬を公表したいと思います。

 

 

その馬の名前は

ホウオウピースフル

です。

 

ホウオウピースフルはデビューから2連勝を収めましたが
重賞初挑戦となるクイーンカップは6着

その後、フローラステークスで2着に入りますが
勝ち切ることが出来ずに重賞未勝利の状態

それゆえにちょっと足りないのではないかと思われている存在です。

 

今回のオークスはデアリングタクト、デゼルが人気をけん引し
クラヴァシュドール、ミヤマザクラなどの桜花賞上位組が
人気に支持されることが想定されるので
それほど人気に支持されないことが予想されます。

そんなホウオウピースフルが、なぜオークスで
注目できる穴馬なのかを話していきます。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

穴馬を狙う理由と買える材料

メンバー中、随一といえる距離適性でパフォーマンスアップ!

ホウオウピースフルは今まで1600~2000mの
レースに出走していますが、距離別での成績を見てみると

2000m 【1.1.0.0】

1800m 【1.0.0.0】

1600m 【0.0.0.1】

と短い距離での競馬には不安を残しています。

 

ホウオウピースフルの兄は

グランプリホースである ブラストワンピース

ブラストワンピースも大阪杯で2度負けているように

2000mでも短いくらいの距離適性を持っている馬です。

ブラストワンピースと比較すると父親が
ハービンジャーからオルフェーヴルに代わっていますが

オルフェーヴルも有馬記念を2勝、凱旋門賞2着を2回と
タフな条件、長い距離で実績を残しており

ホウオウピースフルにとって距離延長というローテは
プラス要素以外の何物でもありません。

 

前走のフローラステークスも最内をついて
距離ロスなく走ったウインマリリンよりも、

直線で何度も前が詰まりながらも
馬群を縫って伸びてきたホウオウピースフルの方が
高いパフォーマンスを発揮したと言える内容だったので

今回のオークスでは期待が出来ます。

 



 

いつも舐められるフローラステークス組だが…

ホウオウピースフルは前走でフローラステークスを走っていますが
オークスではフローラステークスが好相性です。

オークスにおける前走の出走レース別成績を見てみると

フローラステークス組は桜花賞組よりも

複勝率が高く、複勝回収率は倍以上の差をつけています。

 

メンバーのレベルでは桜花賞組の方が上なのですが

オークスは桜花賞と比較すると一気に800mも距離が延びる舞台

中距離のレースを経験できるうえに
もともと体力がある馬が集まってくるフローラ組が

オークスへの適性を見せていると言えますね。

 

ちなみにホウオウピースフルは前哨戦を勝っていませんが
フローラステークス組は前哨戦を負けていても大丈夫です。

前走フローラステークス組の着順を見てみると

フローラステークスで2着だった馬が最も好成績。

前走騎乗したレーン騎手がデゼルに行ってしまったので
見捨てられれてしまった感のあるホウオウピースフルですが

オークスで穴を開ける資格が十分にあると言えますね。

 




 

以上、2つの理由から

オークス2020における

ホウオウピースフルは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 

 

まとめ

まだ重賞を勝利した事のないホウオウピースフルですが

血統面からも実績からも長距離に適性があるのは明白で
2400mへの距離適性はメンバーの中では抜群です。

フローラステークス組は非常に相性が良く
目立たない存在ではありますが、

馬券圏内は十分に狙う事が出来る馬だと判断します。

オークスでのホウオウピースフルは見逃せない穴馬ですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

オークス2020で私が最も注目している馬はホウオウピースフル
逆に危険だと思っているのは、あの人気馬です。

こちらも注目してください。

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。