【京都大賞典2020】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【京都大賞典2020】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは京都大賞典2020の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

京都大賞典は秋の京都開幕週で行われる伝統のG2レースです。


(写真は2019京都大賞典 ドレッドノータス)

京都大賞典は秋の京都開幕週で行われる伝統のG2レースです。

以前は天皇賞春などを勝った世代最強のステイヤーが
出走してくるレースでしたが、
近年はスピード競馬の傾向が強くなり
目立った馬が出走しづらいレースになってしまいました。

 

昨年の勝ち馬ドレッドノータスはその後、活躍することが出来ず
2018年勝ち馬サトノダイヤモンドもその後の活躍はなし。

キタサンブラック、ラブリーデイなどの強豪馬が勝っているものの
京都の長距離戦に適性のある馬が活躍しやすい
レースへと変わっているので、予想する際には注意が必要ですね。

 

そんな京都大賞典2020にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

キセキ 2.3倍
グローリーヴェイズ 5.5倍
パフォーマプロミス 6.1倍
キングオブコージ 6.8倍
ステイフーリッシュ 10.4倍
ダンビュライト 14.2倍
カセドラルベル 21.7倍
バイオスパーク 24.3倍
ノーブルマーズ 27.6倍
ドゥオーモ 29.0倍
シルヴァンシャー 31.1倍
アイスバブル 35.3倍
タイセイトレイル 42.9倍
モンドインテロ 55.2倍
ミスマンマミーア 57.0倍
アルバート 91.9倍
バラックパリンカ 121倍
リッジマン 185倍
ユーキャンスマイル(出走回避)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 



 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

昨年の京都大賞典2着の ダンビュライト

2019年の京都大賞典では2着に入り
長距離適性を改めて見せたダンビュライト

GIではさすがに荷が重いタイプなので
凡走が続いていましたが、G2となる京都大賞典なら
ダンビュライトの力でも十分に通用します。

ここは侮れない存在ですね。

宝塚記念2着の キセキ

今年はずっと不調でしたが、前走の宝塚記念では
久しぶりの差し競馬で2着に入ったキセキ

激しい気性を持っているがゆえに長距離のレースでは
かかって暴走してしまう懸念のある馬なので
今回の京都大賞典で走る2400mという距離は
キセキにとって大きな試練となりそうですが
ここを乗り越えれば2回目のGI勝利に近づいていきます。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング