2014京成杯オータムハンデ、セントウルS出走予定有力馬評価

Pocket

今週から秋競馬が始まり、GIを目指す戦いが本格化していきます。

今年の関東圏の競馬は舞台を移さず新潟で京成杯オータムハンデ
関西圏では阪神に舞台を移してセントウルSが行われます。

まず京成杯の出走予定有力馬から見ていきましょう。

主役は前走重賞を勝った2頭

関屋記念を勝ったクラレントは前走と同条件でレースを迎えます。

先行脚質のこの馬が差して勝った点は評価が出来
外枠・差し馬が有利な傾向が顕著なレースにも対応してくる可能性は十分です。
死角らしい死角が見当たらない中心馬でしょう。

中京記念を勝ったサダムパテックは舞台が新潟に変わっても
不安視する事はありません。地力も十分です。

あとはこの馬が元来持っている気難しさがどう出るか?
クラレントも同様ですが、ハンデをどうこなすか?
この2点が好走の焦点となりそうです。

対してこの2走で好走した古馬が2頭

サトノギャラントは前走出遅れから
内を差すという粋な競馬で3着に入りました。

シンボリクリスエス産駒という新潟に強い血統は
ここでも侮れない事は間違いありません。
あとは地力の問題です。

同じ事は中京記念、関屋記念と連続で掲示板に入った
ブレイズアトレイルにも言えます。

ただ、適性から言うとブレイズアトレイルは
もっと力の要る馬場の方が実力を出せますね。

前走大出遅れで競馬が出来なかったエキストラエンド

今回は仕切り直しの1戦、スタミナ面に不安がありますが
持っているスピードと瞬発力はメンバー中随一
人気がなければ相手に入れておきたい馬です。

関屋記念組で言えば好内容だったのはエクセラントカーヴ

前走は4着ながら末脚もしっかりしていたので
同じ舞台での好走は十分に考えられます。

そして、このレースを難解にさせる3歳馬の挑戦

前走大惨敗のタガノブルグ

常識的に考えれば立て直しは難しいところで
早熟傾向にあるヨハネスブルグ産駒の成長力の無さが
出た可能性もあり、買いづらい馬です。

それならばレースが終わっていたといえ
鋭い脚を見せていたショウナンアチーヴの方が
上位に食い込む可能性が高いと言えます。

が、私はこの馬の地力を評価していないので
枠順次第で食い込みもあるかな、という程度です。

そして、NHKマイルC3着のキングズオブザサン

前走の激走は驚きましたが、本質的には中山芝2000mの馬
パワー・スタミナと自在性が武器の馬なので
この舞台が向いているかというと疑問です。

底力を試す1戦となりそうです。

一方、阪神で行われるセントウルS

実績で最上位はダッシャーゴーゴーとハクサンムーン

ダッシャーゴーゴーは久しぶりの上に海外帰国初戦の
競馬になりますが、G3レベルでは常に存在感をアピールしており
古豪ではありますが、まだその力は衰えていません。
馬券から外す事は難しい馬です。

対するハクサンムーンは春シーズン謎のスランプで終えました。

持っている地力はメンバー中一番といえる存在で
力通り走れば圧勝まである馬です。

あとはその燃えすぎる気性がどう働くか
1着か着外か、そんな極端な競馬が見られそうです。

使ってきた組の中ではトーホウアマポーラに勢いがあります。

走りのインパクトは薄い馬ですが、毎レース堅実に走るタイプ。
どこまで能力があるかという課題はありますが
自分の力の分は走ってくれそうです。

前走で思わぬ大敗を喫したエピセアロームは展開のアヤで
能力面での裏付けもあり、実績も十分。

阪神でも走る馬なので、トーホウアマポーラよりは信頼度が高いでしょう。

連勝中のマヤノリュウジンは過去2走、豪脚を披露。

ここにきての充実ぶりには目を見張る物がありますが
開幕週の阪神でハクサンムーンが引っ張る速いタイムを
どうこなすかが焦点です。

私の予想は毎週日曜日に無料のメールマガジンで配信しています。

回収率130%、重賞回収率も120%を超えているので
良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

登録すればあっという間に100%超えを達成出来ます。