2014新潟記念、小倉2歳ステークス結果とレース回顧

Pocket

先日行われた新潟記念と小倉2歳ステークス

新潟記念の方は不振だった1番人気が勝利

マーティンボロの勝ち方は内容がありました。

出る場所を探しながら、空いた場所を見つけ抜け出す脚は
他の馬とは物が違っており、今回のメンバーとは
実力が違ったと言える内容でした。

今回までは半信半疑な面がありましたが
今回の好走でこの馬の能力が判明しました。
上のクラスにいっても楽しみです。

2着にはクランモンタナが粘りきりました。

今回準オープンからの昇級戦でしたが
粘り強くスピードを持続させた事は評価が出来ます。

逆に力感に欠けるところも見受けられたので
阪神や中山よりも東京・京都の方がいいタイプですね。

3着ラストインパクトは地力を見せた形

この馬は瞬発力には欠けるので、スピードとスタミナを生かせる
競馬場の方が活躍出来るでしょう。

期待したアドマイヤタイシは早々に後退してしまいました。

状態面か馬場面かはわかりませんが、今回は出番ではなかったのでしょう。
能力がある馬で、今後も必ず馬券になってくるので注目が必要です。

その他の人気どころではステラウインドが最下位

いくら凡走とはいっても最下位はなかなかないので
どこか故障したか、体調面で相当のマイナス面があったか
気持ちの面でプツンと切れてしまったか。
どちらにしても直ぐには回復出来ないでしょう。

一方、小倉2歳ステークスは15番人気オーミアリスが差しきり勝ち

2歳戦の怖さですね。

初戦を同条件で勝っていて、ホワイトマズルという血統も
平坦は合うにも関わらずこの低評価。

馬券購入者がいかに新聞の情報に踊らされているかという事を実感するレースでした。

この馬自身はとてもパワフルでストライドが大きく
もう少しパワーとスタミナが要求される馬場でも走れそうです。

距離はやってみないとわかりませんが
あれだけのパフォーマンスを見せるという事は
1200mのスペシャリストという可能性が高いでしょう。

距離伸びてもあれだけのパフォーマンスが見せられるのなら
GIまで手が届く存在になってもおかしくありませんね。

2着レオパルディナは良くも悪くもまとまった走りをしていました。

能力的にはこれより先を狙うのは難しそうですが
同じレベルの相手なら好走を見せてくれるでしょう。

3着スノーエンジェルは悪くない末脚でしたが
オーミアリスの末脚に霞んでしまいました。
次走もう一度見てみたいですね。

それなら内の苦しいところを懸命に差してきた
4着ゼンノイザナギの方が評価出来ます。
この馬は少なくとも500万クラスは勝ってくれるでしょう。