皐月賞2020の過去10年データ分析|ディープインパクト産駒+○○が合言葉

Pocket

皐月賞2020を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
皐月賞2020で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は皐月賞が行われます。

昨年はホープフルステークスから直行ローテだった
サートゥルナーリアが勝利を収めました。

 

データ派からすると

サートゥルナーリアみたいな異端ローテって
すごく予想しづらいんですよね。

休み明けで激戦になる皐月賞は辛いだろうなぁ

と思って切ったんですが
あっさり勝たれてしまいましたね(笑)

ただ日本ダービーで4着に負けたように

休み明けでGIというのはダメージがあると思うんですよね。

 

今年の皐月賞でもサートゥルナーリア的な
ローテーションで出走してくる馬がいますよ。

ホープフルステークスを勝った コントレイル

朝日杯FSを勝った サリオス


(1番人気必至の コントレイル)

 

この馬とどう向き合っていくのか?

ここが予想の大きな鍵になってきそうですが

コントレイル、サリオスの評価を含めて
どのように評価すればいいのか?

皐月賞のデータを分析していきたいと思います。

 

 




 

皐月賞2020は中山競馬場芝2000mで行われています。

器用さが求められる中山競馬場で行われるレースなので

パワーと機動力が求められるコースになっています。

 

そんな皐月賞を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

皐月賞、過去10年のデータ分析

直線の短い中山は前に行ける器用さが求められる

まず最初にいつも通り皐月賞で
活躍する馬の脚質を見ていきましょう。

以下は皐月賞での4コーナーでの順位別成績です。

4コーナー5番手以内の馬の 複勝率は44.7%

4コーナー7番手以下の馬の 複勝率は16.0%

好走率の面で大きく差がついているだけでなく

複勝回収率を見ても3倍近い差をつけられていますね。

 

皐月賞は中山競馬場内回りコースで行われるレースなので

定石通り、前に位置していないと難しい事が分かりますね。

 

次に皐月賞における過去10年の
上がり3ハロン順別成績も見てみましょう

先行馬有利の割には上がり6位以下の馬は成績が振いません。

直線に入って一気に末脚を爆発させるのではなく
3コーナーから4コーナーを利して前の位置につけていく

という傾向があるからこそ、この成績分布になっているんですよね。

 

騎手が仕掛けてから反応が遅い馬はマイナスですし

前に行って粘り込むタイプの馬もマイナスですね。

 

 

皐月賞は馬連1点勝負で十分なレースだ!

「トップシークレット」は馬連1点で的中を連発!

“皐月賞”では自信のある【馬連1点勝負】を予定しています。

そして、今回限り特別無料配信が決定!

今週登録してくれた人には馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

 

 

フレッシュなディープ+パワー豊富な馬の組み合わせ

次に皐月賞の種牡馬別成績を見てみましょう。

上位にランクインされている馬の回収率が軒並み低い中、

1位のディープインパクト産駒は安定した成績を残しています。

 

ディープインパクト産駒は3歳春までは強い反面
春に大舞台を何度か走っていると
秋以降はパフォーマンスが下がる傾向にあります。

まとめると「突出した能力があるけど、耐久力が弱い」ので

耐久力が求められないこの頃のビッグレースは
ディープインパクト産駒が強い点は見逃せません。

 

ディープ以外を見てみると、

ステイゴールド、オルフェーヴル、ジャスタウェイ

など、パワー系の種牡馬の回収率が良好です。

ディープインパクト+パワー系種牡馬

これが基本的な攻め方ですね。

 

ちなみに皐月賞における馬体重別成績を見てみると

 

馬体が大きい馬(パワーがある馬)が好成績。

馬体重にも注目しておきたいですね。

 

もう一つ皐月賞における枠順別成績を見てみると

 

内枠が明らかに成績を落としています。

小回りでの多頭数での競馬になる上に、

GIという事で流れが激しくなるレース

内枠の馬は大幅な割り引きが必要ですね。

 



 

調子の悪い馬は太刀打ちできないリズム重賞

次に皐月賞における前走着順別成績を見てみましょう。

前走で1着か2着に入っていない馬は3頭しか馬券に絡めていません。

皐月賞の後には日本ダービーが控えている訳ですが
3歳馬が目指すべきクラシックの1冠目なので
調子のいい馬達が集まってくるレースになります。

調子の悪い馬、上昇度の低い馬は苦しい点は見逃せません。

 

もう一つ、皐月賞における前走人気別成績を見てみましょう。

前走1番人気で出走した馬の信頼度は高いですが
着順ほど人気は相関性がありません。

3歳馬は急に成長する馬もいるので
人気や実績よりも、前走の内容が重要ですね。

 

最後に皐月賞における前走着差別成績を見てみましょう。

ぶっちぎって勝利した馬は反動のリスクはあるものの
きっちりと完勝した馬の方が好成績を収めています。

また、負けた馬でも僅差で負けた馬ほど巻き返しが出来ており

前走で0.3秒以上負けた馬は絶望的なほど成績が悪いです。

 

前走の内容に注目したいですね。

 

 

以上が皐月賞2020を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

中山競馬場内回りコースという舞台で行われる
皐月賞ですが、近年の傾向からすると

コーナーで動ける馬が活躍するレースとなっています。

それゆえにスピードよりもパワーを持っている馬が活躍しており、

コーナーでスムーズに加速が出来る
外枠の馬が活躍しやすい舞台設定となっています。

ローテーションとしては前走で好内容の競馬を見せた馬が

活躍しており、無理な穴狙いは禁物なレースですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私が皐月賞2020で注目しているのは
GI勝ちはないものの、勢いは十分に持っているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。