【大阪杯2020予想】狙いたい穴馬は未知の魅力を秘めているあの穴馬!

Pocket

大阪杯2020の予想をするうえで
馬券に入れておきたい穴馬
について

そして、その穴馬を推した理由・根拠について
ローテーションやレース内容、コース適性を見ながら話していきたいと思います。

是非、馬券の参考にしてください。

 

 

こんにちは、MOTOです。

「絶対に馬券を買わない危険な人気馬」コーナーと並んで

楽しみにしていただいている方が多い

「絶対に馬券を買いたい穴馬」コーナー

 

先週の高松宮記念ではライトオンキューしか
見せていなかったので、穴馬指名はしませんでした。
(ライトオンキューは結果出走せず)

ただ馬券はクリノガウディーから買っていたので

穴馬指名していたら、夜も眠れなくなるところでした(笑)

 

今週は大阪杯が行われます。

人気的には

ダノンキングリー、クロノジェネシス、ブラストワンピース

ラッキーライラック、ワグネリアン

この5頭で人気を分け合う”5強状態”が想定されます。

 

ざっとみた感じ「この5頭かなぁ」と思いたくなりますが

1頭気になる穴馬がいたので、ピックアップしてみました。

という事で大阪杯の穴馬に行ってみましょう!!

 

 

大阪杯は馬連1点勝負で十分なレースだ!

「トップシークレット」は馬連1点で的中を連発!

“大阪杯”では自信のある【馬連1点勝負】を予定しています。

そして、今回限り特別無料配信が決定!

今週登録してくれた人には馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

 

 

大阪杯2020で注目している穴馬はコイツだ!

大阪杯2020の出走予定メンバーは以下の通りです。

中山記念勝ち馬の ダノンキングリー

秋華賞勝ち馬である クロノジェネシス

を中心に馬券が売れていきそうなメンツとなっています。

 

 


(1番人気が予想される ダノンキングリー)

 

そんな中でも一発の可能性を残しているであろう

大阪杯2020の穴馬を公表したいと思います。

 

 

その馬の名前は

ジナンボー

です。

 

ジナンボーは父ディープインパクト、母アパパネと
超良血馬としてデビューをしましたが

唯一出走したジャパンカップでは13着と惨敗

 

重賞勝ち鞍もなく、今回の大阪杯でもその実績の薄さから

全く人気に支持されないことが予想されます。

そんなジナンボーが、なぜ大阪杯で
注目できる穴馬なのかを話していきます。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

穴馬を狙う理由と買える材料

前走のパフォーマンスが秀逸!まだ余力は残っている!

ジナンボーは前走小倉大賞典に出走していますが
このレースでのパフォーマンスが秀逸でした。

 

レースを振り返ってみると

このレースは終始12秒フラットの均等なペースを刻む

先行馬には厳しいレース

1着~5着までの馬の2コーナーと4コーナーでの位置取りを見てみると

1着 カデナ 10番手 → 9番手

2着 ドゥオーモ 12番手 → 5番手

3着 ジナンボー 3番手 → 1番手

4着 レイホーロマンス 7番手 → 9番手

5着 アウトライアーズ 14番手 → 12番手

 

逃げたランスオブプラーナがブービーとなる13着

2番手でレースをしていたサイモンラムセスが最下位の14着

となっている事からも、

どれだけ前に厳しいレースだったかが分かります。

 

その中でジナンボーは4角先頭に出て3着

相手は強くありませんが、このレースでただ1頭

次元の違うパフォーマンスを見せている事が分かります。

 

ディープインパクト産駒は余力がある時期にこそ好走します。

まだ重賞を勝っていないという事はそれだけ余力があるという事。

ジナンボーにとって100%を出せる条件だと言えます。

 




 

ディープなのに晩成?一気の成長が期待できるローテ

ジナンボーは新馬戦、500万下と連勝していますが
3戦目の南部特別は1番人気で6着と惨敗。

続く冨里特別では勝利を収めたものの
続く府中ステークスでは2番人気で6着と惨敗

 

素質の片りんを見せながらも
精神的な弱さ故に頼りないレースぶりでしたが

昨年6月に行われたジューンステークスからレース内容が一変

シンギュラリティやサトノソルタスに完勝すると
新潟記念ではユーキャンスマイルを相手にクビ差の2着

と一気にパフォーマンスが良化しました。

 

ジャパンカップでは馬場や枠順もあって13着と
惨敗してしまいましたが

前走の小倉大賞典では馬体を20kg増やして3着

馬体を増やしている事からも、レース内容からも

今がジナンボーの成長期である事は間違いありません。

 

速い上がりを使えるわけではないので
上がりのかかる大阪杯の舞台は合っていますし

この成長力で強豪と互角に戦えてもおかしくありません。

全く人気がない事を考えれば

ジナンボーは大阪杯で期待値の高い存在だと言えます。

 



 

以上、2つの理由から

大阪杯2020における

ジナンボーは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 

 

まとめ

2走前のジャパンカップでは13着と敗れてしまって
今回は全く人気のない状態で出走しそうなジナンボーですが

前走の小倉大賞典でのパフォーマンスは高く
大阪杯で強豪相手に互角の走りが期待できます。

 

またデビュー間もない頃はコロッと負けてしまうような
頼りなさがあった馬ですが、心身ともに成長している事は

レース内容からも、馬体重からも明白なので
成長力で一気に通用してもおかしくありません。

全く人気がないので、期待値の高い存在になりそうです。

大阪杯でのジナンボーは見逃せない穴馬ですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

大阪杯2020で私が最も注目している馬はジナンボー
逆に切ろうとしているのは超人気のあの馬ですよ。

こちらも注目してください。

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。