2014新潟記念予想!荒れるレースの分析と攻め方

Pocket

今日のメインレースは新潟記念と小倉2歳ステークス

2歳戦をやらない私にとっては新潟記念1本となります。

という事でこのレースの予想を行っていきたいんですが

とても気になるデータが…

ここ数年の新潟記念はめちゃくちゃ荒れているということ。

2013年 10番人気  8番人気 7番人気
2012年  7番人気  9番人気 8番人気
2011年  5番人気  9番人気 3番人気
2010年  5番人気 10番人気 4番人気

いくらハンデ戦とはいえ
毎年これだけ荒れるというのは尋常じゃありません。

何かしら荒れる原因が含まれているという事でしょう。

荒れる原因は特定のパターンに限られますが
新潟記念に関してはこの2つが挙げられます。

1.メンバーのレベルが低いハンデ戦である。
2.展開が通常と合わない。

1は文字の通りですが、2については差し・追い込みが有利な
新潟2000mというレースなのに先行馬の活躍が目立つ

という事です。

今年人気になる馬はマーティンボロ、ユールシンギング
例年の人気馬と比べるとレベルは高そうです。
(ちなみに昨年は重賞実績のなかったニューダイナスティーが1番人気)

ただ、2番目の展開については
追い込んで重賞制覇を決めた2頭にとっては
前残りになるとどうにもならない可能性があります。

つまり上の2頭に不利が働く可能性があるという事。

この結論を考慮すると、別の馬から本命をチョイスして
幅広く穴馬券を取れるような買い方が望ましいと判断します。

本命 アドマイヤタイシ

実績だけで考えればナンバー1とも言える存在ながら
1着を取れない気性的な甘さと近走の凡走で人気が全くありません。

前で競馬が出来るタイプで、一旦止まっても相手に併せられると
再び伸びるようにまだ能力は隠し持っています。

当然凡走の可能性はありますが、賭けるには十分な馬です。

対抗は ラストインパクト

この馬も地力ではマーティンボロ、ユールシンギングに劣らない上に
前で競馬をするタイプ、前走を叩いての上昇は見込めるでしょう。

3番手は アスカクリチャン

大外を引いたのは痛恨の極みですが、
この馬も地力は十分、新潟2000mの好走歴もあり
全く人気がないので、相手からは外せません。

以下、人気でも実力のあるマーティンボロ、ユールシンギング
ニューダイナスティー、アロマカフェまで

ステラウインドは最初買おうと思っていましたが人気が過剰です。
典型的な回収率の低くなるタイプの馬ですね。

抑えるなら馬連とワイド1点ずつくらいで十分でしょう。

馬連と3連複で高配当を狙っていきます。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。