【高松宮記念2020予想】グランアレグリアは初の1200mをこなす事が出来るのか?

Pocket

高松宮記念2020に出走を予定している人気馬
グランアレグリアについて、初めての1200m戦をこなせるのか?
ディープインパクト産駒のスプリント戦の特徴

という点について、根拠を交えながら話していき
最終的な評価をしていこうと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今年の高松宮記念は昨年のスプリンターズステークス上位馬
(ダノンスマッシュ、タワーオブロンドン)が出走しますが

この2強に割って入りそう馬が1頭存在します。

 

その馬の名前は グランアレグリア

 

前走の阪神カップではG2でありながら
5馬身差の圧勝を見せており

桜花賞でもクロノジェネシス、シゲルピンクダイヤら強豪を
2馬身半差つけており圧勝。

とにかく能力値の高い馬です。

 

しかし、朝日杯フューチュリティステークス
NHKマイルカップではあっさり敗戦している上に

今回初めての1200m戦という事で評価の難しい馬です。

 

ですので、グランアレグリアが高松宮記念で買えるのかどうか?

1200mは不安材料ではないのか?

という点について話していこうと思います。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

グランアレグリアの能力は高松宮記念で通用するのか?

1200m戦への適性について話す前に

グランアレグリアが高松宮記念に出走する
強豪スプリンターと互角以上に戦えるのか?

という点について分析していきたいと思います。

 

グランアレグリアが圧勝した桜花賞と阪神カップを見てみると

桜花賞ではクロノジェネシス、ダノンファンタジー
シゲルピンクダイヤ、ビーチサンバ、プールヴィル

という強豪を相手に圧勝。

阪神カップではGI級の相手はいなかったものの
レッツゴードンキやフィアーノロマーノらの重賞の常連を相手に
ワンサイドゲームを収めている事から

能力は今回のメンバーでも十分に通用することが分かります。

 

では、なぜ朝日杯とNHKマイルカップを負けてしまったのか?

それはレース間隔にあります。

 

グランアレグリアの成績を2ヶ月半以上と以内で
出走したレースに分けてみると

2ヶ月半以内 【0.0.1.1】

2ヶ月半以上 【3.0.0.0】

 

レース間隔を2ヶ月半以上空けて出走したレースでは
どのレースも語り草になるレベルの圧勝を収めていると考えると

”グランアレグリアは反動が強く出るタイプ”

という事が言えます。

 

今回の高松宮記念は昨年12月に出走した

阪神カップから見て3ヶ月ぶりとなる競馬

グランアレグリアの力が発揮できそうです。

 

 

初の1200mで力を出せるのか?

能力とローテーション判断は問題なかったので
今度は高松宮記念予想の肝である

”グランアレグリアの1200m適性”

という事に焦点を当ててみたいと思います。

 

グランアレグリアはディープインパクト産駒なので
ディープ産駒がこの舞台でどうなのか?

という事を中心に考えていきたいと思います。

 

まずはディープインパクト産駒の高松宮記念の成績を見てみると

馬券に絡んだのは2回

共に人気で出走したミッキーアイル。

それ以外にもフィエロ、レッドオーヴァル、ウリウリなど
それなりに強い馬が出走している事を考えると

高松宮記念とディープ産駒の相性はそんなに良くないと言えます。

 

 

それではディープ産駒の1200mGIの成績はどうでしょうか?

1200mGIで馬券に絡んだのは4回

ミッキーアイル3回、レッドオーヴァル1回

ミッキーアイルの一人舞台という印象があり
全体の成績は良くありません。

 

ただ、スプリントGIで活躍するディープ産駒には共通点があります。

それは以下の3項目です。

・人気馬であれば馬券に絡める

・前走好走して勢いのある馬なら通用する

・先行力のある馬は通用(末脚タイプは不発が多い)

 

一応、データも出しみましょう。


(ディープ産駒のGIでの人気別成績)


(ディープ産駒のGIでの前走着順別成績)

(ディープ産駒のGIでの脚質別成績)
グランアレグリアは今回の高松宮記念で
1,2番人気になる事が予想されている馬。

先行力もあり、前走も圧勝しているので

データ的にはパーフェクトですね。

 

 

それでは、GIではなく1200m戦の芝重賞
全体のディープインパクト産駒の成績を見ていきましょう。

これも見ていくと分かりやすく特徴が分かれます

・中山競馬場、京都競馬場は苦手

・人気馬であれば馬券に絡める

・前走1400m以下からの臨戦に強い

・前走惨敗しなければチャンスはある。

・多頭数競馬に強い

・良馬場、稍重馬場に強い

 

こちらも、データも出しみましょう。


(ディープ産駒の1200m重賞での場所別成績)


(ディープ産駒の1200m重賞での人気別成績)


(ディープ産駒の1200m重賞での前走距離別成績)


(ディープ産駒の1200m重賞での前走着順別成績)


(ディープ産駒の1200m重賞での頭数別成績)


(ディープ産駒の1200m重賞での馬場別成績)
競馬場のところだけ補足をしておきましょう。

ディープインパクト産駒はスピード能力の高い馬が多く
基本的に脚を溜めて直線で爆発させるタイプの馬が多いので

パワーに寄った中山コースは苦手

脚を溜められないなだれ込みタイプの京都は苦手

というロジックになっています。

 

ここをグランアレグリアに当てはめてみると…

中京競馬場 〇

人気 〇

前走距離 〇

前走着順 〇

頭数 〇

馬場 当日確認

馬場だけは当日にならないと分からないですが

それ以外の項目は全てクリア

 

グランアレグリアは高松宮記念という舞台に合っており

好走が期待できる馬である、と言えますね。

 




 

 

まとめ

阪神カップから異端のローテーションで
高松宮記念に出走してくるグランアレグリアですが

過去のレースから能力値は十分に足りていますし

1200mへの適性も十分にある馬だと言えます。

 

初めての1200m戦という事で
不安視する声もありますが

ここはシンプルに信頼していい馬だと判断します。

 

今回の高松宮記念では切っちゃいけない馬ですね。

 



 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

高松宮記念で私が注目している馬は伏兵視されるあの馬です。

こちらも注目が必要ですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ