【スプリングステークス2020予想】3強を倒すチャンスのある穴はあの馬だ!

Pocket

スプリングステークス2020の予想をするうえで
馬券に入れておきたい穴馬
について

そして、その穴馬を推した理由・根拠について
ローテーションやレース内容、コース適性を見ながら話していきたいと思います。

是非、馬券の参考にしてください。

 

 

こんにちは、MOTOです。

「絶対に馬券を買わない危険な人気馬」コーナーと並んで

楽しみにしていただいている方が多い

「絶対に馬券を買いたい穴馬」コーナー

 

先週は金鯱賞がありましたが

ここでピックアップしました ギベオン は4着

この敗戦について一つだけ言っても良いですか!?

 

「福永祐一!ちゃんと乗ってくれ!!」

位置取りや進路取りは抜群だったんですが

直線に入ってからダイワキャグニーとマイネルファンロンに挟まれて
まったく直線出るところがない…

 

そして、なぜかポジションを下げて

サートゥルナーリアの外に出して追い出すという競馬…

それで3着ダイワキャグニーと僅差の競馬をしているので

「普通に走っていれば2着はあっただろ!?」

という競馬でした。

 

競馬でタラレバを言ったらキリがないので

仕方がないのですが、先週はさすがに言いたくなりました(笑)

という事で憂さ晴らしをしたところで

それではスプリングステークスの穴馬に行ってみましょう!!

 

 

スプリングステークスで勝利を確信しているのはあの馬!

ここは抜群の仕上がりで当然勝ち負けを確信している!

『ギャロップジャパン』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ギャロップジャパン』に無料会員登録してくれた人には
無料でスプリングステークスの勝負馬と馬券買い目情報を教えます。

スプリングステークスの重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ギャロップジャパンの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

 

 

スプリングステークス2020で注目している穴馬はコイツだ!

スプリングステークス2020の出走予定メンバーは以下の通りです。

ホープフルステークス2着の ヴェルトライゼンデ

メンバー唯一の3勝馬である サクセション

を中心に馬券が売れていきそうなメンツとなっています。

 

 


(1番人気が予想される ヴェルトライゼンデ)

 

そんな中でも一発の可能性を残しているであろう

スプリングステークス2020の穴馬を公表したいと思います。

 

 

その馬の名前は

ココロノトウダイ

です。

 

ココロノトウダイは2勝馬の立場ですが

前走の共同通信杯で5着に敗れて
能力的に底を打ったような評価を受けている馬です。

 

今回のスプリングステークスは3強の様相を呈しており
それほど人気に支持されないことが予想されます。

そんなココロノトウダイが、なぜスプリングステークスで
注目できる穴馬なのかを話していきます。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

穴馬を狙う理由と買える材料

コース替わり大歓迎!今回はパフォーマンスアップだ!

ココロノトウダイは前走東京競馬場で行われた
共同通信杯に出走しましたが

この馬が強い競馬を見せたのは2走前です。

 

このレースは3コーナー過ぎから捲り気味に
進出して、そのまま押し切って完勝

このレースで2着に入ったエヴァーガーデンは
500万条件で3連続で2着に入っている実力馬

3着馬には5馬身以上差をつけているように
内容のある競馬を見せてくれました。

 

逆に2戦目の未勝利戦では新潟の長い直線のレースを
最後方から差してきて、やっと交わした内容を見てみると

ココロノトウダイは小回りコースに適性があると言えます。

 

前走の共同通信杯は広くて、直線の長い東京競馬場でのレース

ココロノトウダイにとっては苦手な
舞台での競馬だったにもかかわらず

3着フィリオアレグロ、4着マイラプソディとは
タイム差のない5着に入っています。

 

中山競馬場の内回りコースになる
今回のスプリングステークスは

ココロノトウダイにとってもプラス要素ですし
戦ってきた相手を考えれば、互角以上の戦力を持っていると言えます。

 



 

有力馬に不安材料あり!人気馬の戦力がダウンされれば…

今回のスプリングステークスは
10頭しか登録のない少頭数での競馬ですが

近走全く走れていなかったり
未勝利を勝ったばかりの馬だったり

と、かなりレベルの低いメンツとなっています。

 

おそらくココロノトウダイも4,5番人気になると思いますが
今年のスプリングステークスで人気の中心になりそうな

ヴェルトライゼンデ、サクセション、ファルコニア

にも不安があります。

 

ヴェルトライゼンデ、サクセションは何と言っても

前走の鞍上がマーフィー騎手

 

マーフィー騎手の2020年成績は

勝 率 0.278
連対率 0.423
複勝率 0.557

と、全てにおいてルメール騎手を上回る成績を残しています。

ちなみにヴェルトライゼンデに騎乗する
池添騎手の2020年の成績は

勝 率 0.058
連対率 0.192
複勝率 0.275

と、全てのおいて半分以下の成績となっています。

 

騎乗馬の違いがあるので一概に比較は出来ませんが
大きな戦力ダウンになる事は間違いありません。

 

ファルコニアとの比較でも

500万条件をローカル場所で勝っており
戦績としてはほぼ差がありません。

この戦力差でこれだけ人気が違うのであれば

どう考えてもココロノトウダイの方が期待値が高いです。

 




 

以上、2つの理由から

スプリングステークス2020における

ココロノトウダイは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 

 

まとめ

前走の共同通信杯では5着と敗れてしまって
今回は3強に人気を譲りそうなココロノトウダイですが
フィリオアレグロやマイラプソディと差のない競馬をした上に

広いコースから小回りコース替わりで
更にパフォーマンスを上げてきそうです。

 

また今回のスプリングステークスのメンツは
鞍上の乗り替わりなど戦力ダウンがある事を踏まえると

能力的な差がなく、人気面で劣る分、期待値の高い存在になりそうです。

スプリングステークスでのココロノトウダイは見逃せない穴馬ですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

スプリングステークス2020で私が最も注目している馬はココロノトウダイ
阪神大賞典の注目馬は今勢いあるあの馬ですよ。

こちらも注目してください。

この馬 → 人気ブログランキングへ