フィリーズレビュー2020枠順確定|逃げを打つカリオストロが最内枠でどうなる?

Pocket

フィリーズレビュー2020の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたフィリーズレビュー2020での
傾向と照らし合わせながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る馬は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る馬は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は3歳重賞であるフィリーズレビューと
ファルコンステークスが行われる週ですが、

どっちのレースも登録多数!!

 

26頭もの大多数出走登録で
出走馬を絞りにくいこと、絞りにくいこと

出走馬の名前を見ても

どう考えてもGIで勝機のない馬達ばかりですし
こういったレースだと注目馬を取り上げづらい。

 

そんなレースなので枠順はとても重要なレースですね。

という事で、桜花賞のトライアルレースとなる

フィリーズレビュー2020の枠順確定後の見解を話していきたいと思います。

 

それでは、行ってみましょう!!

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

フィリーズレビュー2020の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

フィリーズレビューの舞台である阪神芝1400mの
過去10年における傾向(データ)を見てみると

・逃げ、先行馬に辛いレース

・パワーのある馬が優勢となっているレース

という条件となっていますが

展開にも注意して予想をしていきたいですね。

また、天気の方ですが、阪神競馬場は週末は晴れの予報となっており

良馬場でのレースが期待できそうですね。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 カリオストロ

フィリーズレビューと同じ舞台である前走の万両賞では
逃げて5馬身差の圧勝劇を演じたカリオストロ

りんどう賞では7着に負けているように
自分のリズムで競馬が出来た時に強さを発揮するタイプ

そういった意味では馬群に揉まれる枠は嫌でしたが
今回は最内枠をゲットしました。

この枠順だと逃げれば、主導権を奪えますが
番手になると揉まれて没するという表裏の差が激しいですね。

絶好枠扱いをされそうですが、私は良い枠ではないと思っています。

 

2枠3番 フェアレストアイル

GI2勝馬のミッキーアイルの妹と言う事で
血統的な注目も浴びているフェアレストアイル

ミッキーアイルよりもスピード値が下がる反面
直線での粘りを増したような馬

溜めていい脚を使うタイプではないので
内目の枠順を引けたのは良いと言えますね。

 

3枠5番 エーポス

前走はマイペースで逃げたものの途中で外から捲られ
主導権を握られる厳しい競馬だったエーポス

新馬戦は内でしっかりと折り合い完勝している点から
馬群を苦にするようなタイプではないですし
距離ロスを被ることのない内目の枠は歓迎という形ですね。

 

4枠7番 ヤマカツマーメイド

前走の阪神ジュベナイルフィリーズでは
強豪を相手に5着に入り力を見せたヤマカツマーメイド

ロードカナロア産駒ながらもパワーに寄ったタイプで
外から押し上げるような競馬が合っています。

今回は真ん中やや内目の7番枠ですが
過去2走が内からの競馬だったので
それと比較すると良い枠だと言えますね。

 

 

フィリーズレビューはあの馬を買えば楽に的中できるレースだ!

考える予想を提案する「SWITCH」ですが、
このSWITCHの情報精度を一度体験してほしいので
今週「SWITCH」の無料会員に登録してくれた人には
無料でフィリーズレビューの極秘情報を公開します。

「馬券でしっかりとプラス収支を出したい」
という人は登録して無料情報を手に入れてください。

登録費用無料の『SWITCH』は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「SWITCH」のフィリーズレビュー情報を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  フィリーズレビューの予想をチェック  ↑ ↑ ↑

 

 

5枠9番 クーファイザナミ

ディープインパクト産駒でデビュー2戦目で紅梅ステークス4着と
まだ能力的な底がありそうなクーファイザナミ

今回は京都から阪神に舞台が替わるので
適性面としては微妙な面がありますが
距離ロスを被りづらい真ん中の枠は良い枠ですね。

 

6枠11番 ケープゴット

1200m戦で3勝2着1回と
パーフェクト連対を果たしているケープゴット

2走前のファンタジーステークスでは6着に敗れているように
距離延長ローテは課題になってきますが
前走は外から豪快に差しているように
自由に走れる外目の枠は良いですね。

あとは距離だけです。

 

7枠14番 アヌラーダプラ

前走のフェアリーステークスは1番人気に推されながらも
6着と惨敗してしまったアヌラーダプラ

前走で惨敗した後ですし、デビュー戦ではマイルもこなしているので
体力的には問題なさそうですし
揉まれないで走れる外枠はいい条件だと言えますね。

 

7枠15番 マテンロウディーバ

前走の紅梅ステークスでは出遅れながらも
上がり最速の末脚で3着まで追い込んできたマテンロウディーバ

新馬戦では今回のフィリーズレビューと同じ舞台で勝っているように
ディープインパクト産駒ながら
母父のモンジューが出ている形で舞台は合いそうです。

ただ馬体が小さく、体力的には未知数の馬なので
今回は期待と不安が半々という感じですね。

 



 

まとめ

フィリーズレビュー2020で良い条件の枠をゲットしたのは

3枠5番 エーポス

7枠14番 アヌラーダプラ

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

桜花賞に向けた戦いとなるフィリーズレビュー

どの馬が勝つんでしょうか?

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私がフィリーズレビュー2020で注目している馬は
展開次第ながらも一発がありそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。