【弥生賞2020予想】穴馬は距離延長で力を発揮してきそうなあの伏兵馬!

Pocket

弥生賞2020の予想をするうえで
馬券に入れておきたい穴馬
について

そして、その穴馬を推した理由・根拠について
ローテーションやレース内容、コース適性を見ながら話していきたいと思います。

是非、馬券の参考にしてください。

 

 

こんにちは、MOTOです。

「絶対に馬券を買わない危険な人気馬」コーナーと並んで

楽しみにしていただいている方が多い

「絶対に馬券を買いたい穴馬」コーナー

 

先週は阪急杯がありましたが

ここでピックアップしました ジョイフル は惨敗

ローテーションとしては悪くなかったと思うのですが

見せ場なく敗れてしまいましたね。

 

で、阪急杯は5頭に印をつけていて
対抗がダイアトニックだったので

レース結果を見て

「ダイアトニックから馬連4点で当たってたじゃん!」

と思いましたが、終わってみると

ダイアトニックは降着で3着。

妙に納得してしまいました(笑)

 

2020年の穴馬のコーナーはまだ勝ち馬こそ出ていませんが

複勝回収率約150%という成績を収めているので

今週も期待をして貰えたらと思います。

 

それでは弥生賞の穴馬に行ってみましょう!!

 

 

弥生賞は勝ちたいなら黙ってあの馬を買え!!

競馬で稼ぐプロ集団が送る自信の予想をとくと見よ!!

今週「ほんプロ」の無料会員に登録してくれた人には
2万円分の無料予想上をプレゼント。

競馬に勝ちたいなら俺たちに任せろ!!

登録費用無料の『ほんプロ』は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「ほんプロ」の弥生賞情報を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  弥生賞の予想をチェック  ↑ ↑ ↑

 

 

弥生賞2020で注目している穴馬はコイツだ!

弥生賞2020の出走予定メンバーは以下の通りです。

ホープフルステークス3着の ワーケア

ここ2戦を圧勝で勝ちあがっている サトノフラッグ

を中心に馬券が売れていきそうなメンツとなっています。

 

 


(1番人気が予想される ワーケア)

 

そんな中でも一発の可能性を残しているであろう

弥生賞2020の穴馬を公表したいと思います。

 

 

その馬の名前は

ウインカーネリアン

です。

 

ウインカーネリアンはオープン特別2着のある馬ですが

6頭立てのレースで、まだ力量が計りかねる馬です。

 

前走のセントポーリア賞では果敢に逃げたものの
6着に敗れており、能力的に足りないと思われる存在。

今回の弥生賞は皐月賞の最重要トライアルレースという事で
それほど人気に支持されないことが予想されます。

そんなウインカーネリアンが、なぜ弥生賞で
注目できる穴馬なのかを話していきます。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

穴馬を狙う理由と買える材料

距離延長ローテ、コーナー4回のコース!ここで本領発揮だ!

ウインカーネリアンは前走の500万条件(1勝クラス)
で6着と敗れてしまっていますが

もともとコーナーが2回しかないコースは苦手としています。

 

ウインカーネリアンのコース別成績をを見てみると

コーナー4回のコース 【1.1.0.0】

コーナー2回のコース 【0.1.0.2】

と明らかに成績が変わっています。

 

ウインカーネリアンはスクリーンヒーロー産駒と言う事で

道中で脚を溜めて、直線で末脚を爆発させる競馬は苦手

持久力が問われるコーナー4回の競馬が合っています。

 

また、短距離でのスピード比べも苦手です。

ウインカーネリアンの前走距離別成績をを見てみると

距離延長ローテ 【0.1.0.0】

距離短縮ローテ 【0.0.0.2】

とこちらも成績が変わっています。

 

今回は距離延長ローテで、コーナー4回のコース替わり

一気のパフォーマンスアップが期待できます。

 



 

展開利あり!完全ノーマークで先行が打てる

ウインカーネリアンは新潟2歳ステークスこそ
4コーナー10番手と追い込み競馬を見せていますが

それ以外は逃げ、もしくは番手の競馬を見せています。

 

弥生賞は皐月賞トライアルという位置づけのレースなので

有力馬達は無理に仕掛けていかず
緩い流れになりやすいレースとなっています。

 

今回の弥生賞に登録したメンバーを見てみると

逃げを打ちそうなのは パンサラッサ のみ

ワーケアやブラックホールは追い込み脚質によった馬ですし

オーソリティも前走は差す競馬をしており
サトノフラッグも2走前は差す競馬をしています。

 

有力馬を尻目に単騎逃げを打てるレースになる可能性はあります

凡走が続いているウインカーネリアンやパンサラッサを
捕まえようとする馬はおそらくいません。

ウインカーネリアンとしては
展開が最大限に向く可能性があり

持っている能力以上のパフォーマンスを出す可能性があります。

 

人気面を考えると、かなり期待値は高い馬だと言えますね。

 




 

以上、2つの理由から

弥生賞2020における

ウインカーネリアンは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 

 

まとめ

前走の500万条件では6着に敗れており
そもそも力が足りないと思われるウインカーネリアンですが

コーナー4回のコースではパフォーマンスが上がっていますし
距離延長ローテもプラスに働きそうです。

 

また今回の弥生賞のメンツは主だった逃げ馬もおらず
逃げ・番手で競馬をするウインカーネリアンにとって

展開がバッチリとハマる可能性がありそうです。

弥生賞でのウインカーネリアンは見逃せない穴馬ですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

弥生賞2020で私が最も注目している馬は
人気どころでは最も信頼が出来ると思っているあの馬です。

こちらも注目してください。

この馬 → 人気ブログランキングへ