【阪急杯2020予想】穴馬は苦条件から好条件に舞台が替わるあの馬!

Pocket

阪急杯2020の予想をするうえで
馬券に入れておきたい穴馬
について

そして、その穴馬を推した理由・根拠について
ローテーションやレース内容、コース適性を見ながら話していきたいと思います。

是非、馬券の参考にしてください。

 

 

こんにちは、MOTOです。

「絶対に馬券を買わない危険な人気馬」コーナーと並んで

楽しみにしていただいている方が多い

「絶対に馬券を買いたい穴馬」コーナー

 

先週はGIフェブラリーステークスがありましたが

ここで1頭ピックアップしました。

挙げた馬は サンライズノヴァ 

 

結果としては単勝6.8倍の3番人気と

「まったく穴馬じゃないじゃねーか!!」

という切ない結果になってしまいましたが

なんとか3着を確保してくれまいた。

 

そもそも、2着のケイティブレイブなんて
いの一番に切った馬なので

穴ではなかったとしても最低限の仕事が出来たかな

と思っています。

2020年の穴馬のコーナーはまだ勝ち馬こそ出ていませんが

複勝回収率約200%という成績を収めているので

今週も期待をして貰えたらと思います。

 

それでは阪急杯の穴馬に行ってみましょう!!

 

 

阪急杯で来るのは、あの関西馬!

チェックメイトでは阪急杯において

“絶対的な主役となる関西馬”
の存在を掴んでいます。

その馬は “陣営が今後の活躍を確信している期待馬” です。

今週チェックメイトに登録してくれた人には
阪急杯で爆走宣言をしている馬名を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

 

 

阪急杯2020で注目している穴馬はコイツだ!

阪急杯2020の出走予定メンバーは以下の通りです。

スワンステークス勝ち馬の ダイアトニック

阪神カップ2着馬の フィアーノロマーノ

を中心に馬券が売れていきそうなメンツとなっています。

 


(1番人気が予想される ダイアトニック)

 

そんな中でも一発の可能性を残しているであろう

阪急杯2020の穴馬を公表したいと思います。

 

 

その馬の名前は

ジョイフル

です。

 

ジョイフル昨年当初までは3勝クラスに昇格したばかりの馬でしたが

8月には新潟日報賞(3勝クラス)を勝利して
12月にはタンザナイトステークス(オープン特別)を

勝利している成長著しい馬です。

 

ただ、前走のシルクロードステークスでは7着と敗れ
重賞の壁にぶつかってしまった存在。

今回は重賞勝ち馬が集い重賞レースという事で
それほど人気に支持されないことが予想されます。

そんなジョイフルが、なぜ阪急杯で
注目できる穴馬なのかを話していきます。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

穴馬を狙う理由と買える材料

苦手な舞台から得意な舞台へ!ここで本領発揮だ!

ジョイフルはシルクロードステークスで
7着と敗れてしまっていますが

もともとシルクロードステークスの舞台である
京都芝1200mは得意としていません。

 

ジョイフルの京都実績を見てみると

【0.0.1.3】

と全く走っていません。

ジョイフルはキングズベスト産駒のパワー系競走馬なので

直線が平坦になっている京都競馬場は全く向きません。

 

今回の阪急杯の舞台である阪神競馬場の実績を見てみると

【2.0.0.1】

と、成績が一変しています。

 

ジョイフルにとって苦手だった京都競馬場から
得意な阪神競馬場に替わる点は何よりも心強い材料で

一気のパフォーマンスアップが期待できます。

 

ちなみに芝コースでの距離別の成績を見てみると

1200m 【3.0.2.5】

1400m 【2.2.2.4】

戦績としてはほぼ同程度なので

距離の変化は不安視する材料にはなりません。

 




 

昨年夏からのパフォーマンスが一変!今なら地力も通用する!

ジョイフルは現在6歳馬で昨年の12月に
オープン特別のレースを勝利しましたが

今年の夏場から一気のパフォーマンスを上げてきました。

 

ジョイフルの全成績、昨年の夏(7月)以前・以降の成績を見てみると

全成績 【5.2.4.12】

昨年5月以前 【3.1.3.10】

昨年7月以降 【2.1.1.2】

と、レースでの安定度が違います。

 

負けた2戦を見てみると、共に苦手としていた

京都競馬場1200m戦でのレース

気にする必要は全くありません。

 

前走のシルクロードステークスでは初めての
重賞挑戦でありながらも

0.3秒差の7着と差のない競馬を見せていますし

2走前のタンザナイトステークスでは
2~4着の馬が4角4番手以内だったにも関わらず

後方から上がり33.5秒の末脚で直線一気を見せています。

 

オープンクラスでこれだけのパフォーマンスを見せている訳ですから

今のジョイフルは十分に重賞クラスの実力を持っていると言えます。

 




 

以上、2つの理由から

阪急杯2020における

ジョイフルは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 

 

まとめ

前走のシルクロードステークスでは7着と敗れ
重賞の壁にぶち当たってしまったジョイフルですが

2019年7月より一気に調子を上げており
今は重賞でも十分に戦える地力を備えています。

 

また前走の舞台である京都競馬場は
ジョイフルが苦手としている舞台でしたが

今回の阪急杯が行われる阪神競馬場は
ジョイフルが得意としている舞台でのレース

更なるパフォーマンスアップが期待できるので

阪急杯では能力を100%出せそうです。

阪急杯でのジョイフルは見逃せない穴馬ですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

阪急杯2020で私が最も注目している馬は
中山記念では注目馬だけでなく、
人気馬の序列まで発表しています。

こちらも注目してください。

この馬 → 人気ブログランキングへ