阪急杯2020の過去10年データ分析|開幕週とは反比例する衝撃の傾向が…

Pocket

阪急杯2020を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
阪急杯2020で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

私は6,7年前から競馬予想家としての
活動を行ってきましたが

今年から新たな活動を始めました。

それはビジネスについての情報を提供していく

という活動です。

 

私はもともと競馬予想家を目指していた訳ではなくて

企業コンサルタントのような事をやりたかったんです。

だけれども、大好きな競馬について色々と語っているうちに

いつの間にか競馬予想家としての活動が
メインになってしまったんです。

 

まあ、競馬も大好きなので辞めるつもりはないのですが

一度きりの人生なので、自分の好きなことをやろうと思って
ビジネス系の情報発信を始めました。

 

まずはブログから活動しているのですが、そこでは
お小遣い稼ぎの方法や副業で成功するためのノウハウ

そして、資産形成の方法や幸せに生きる方法などを話しているので
良かったらこちらも宜しくお願い致します。

MOTOのビジネスブログは以下をクリックしてください。

MOTOのビジネスブログはこちら

 

という事で、競馬予想家の活動に戻ります。

ここでは阪急杯2020のデータ分析に行っていき、
馬券的中への道を築いていきたいと思います。

 

 




 

阪急杯2020は阪神競馬場芝1400mで行われています。

阪神カップが行われる舞台と同じ舞台で

パワーと機動力が求められるコースになっています。

 

そんな阪急杯を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

阪急杯、過去10年のデータ分析

開幕週でも先行より差しが決まる舞台

まず最初にいつも通り阪急杯で
活躍する馬の脚質を見ていきましょう。

以下は阪急杯での4コーナーでの順位別成績です。

複勝回収率で比較をしてみると

4角5番手以内にいる馬の数字は 77%

4角7番手以下にいる馬の数字は 109%

好走率の面では変わりませんが

馬券的には ”差し馬が優勢” という形になっています。

 

次に阪急杯における過去10年の
上がり3ハロン順別成績も見てみましょう

差し優勢の割には

上がり6位以下の馬が多く馬券に絡んでいます。

ただ、上がり1,2位の馬の複勝回収率は300%超えと

素晴らしい成績を残していますね。

 

先行馬も馬券圏内に入ってくるけれども

利益を出してくれるのは差し・追い込み馬

という感じになっていますね。

 

 

阪急杯はあの馬の独壇場だ!

 

今週ユニコーンに新規登録してくれた方には
阪急杯の無料予想を公開します!!
(豊明ステークス予想も無料)

今年の阪急杯は
3連単660.9倍を記録した
京成杯2020よりもおいしいレース!

以下をクリックして登録して下さい。

→ 阪急杯の予想を無料で見る方法はコチラ
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちなので、急いで登録して下さい!

 

 

前走好走馬はほぼ全滅!余力がない馬には厳しいレース

次に阪急杯の前走着順別成績を見てみましょう。

前走1着に入った馬がほぼ壊滅状態となっていて

2,3着から臨んできた馬も苦戦しています。

 

 

また、阪急杯における前走クラス別成績を見てみると

 

馬券に絡んでいる馬は、

前走で重賞を使った馬がほとんどであることが分かります。

つまり、前走で重賞で体力を使い、馬券に絡んだ馬は

今回の阪急杯では馬群に沈んでいるという事です。

 

開幕週ながら差し馬が有利という事は
それだけタフな舞台だという事ですから

余力を残した状態での出走が重要になってきます。

 



 

消耗度合いが少ない条件を選んでいこう

阪急杯がタフなレースであることは
今までのデータで分かったので

消耗度合いが少ない条件を探していきます。

 

阪急杯における枠順別成績を見てみましょう。

内枠に入った馬の成績が圧倒的に良いです。

 

阪急杯は阪神競馬場の外回りコースで行われるので
スタートしてから、直ぐに大きなカーブを曲がる形になります。


(阪神競馬場の芝コース)

 

内を通った馬は明確に距離ロスが少ないので

物理的な消耗も少なくなり、好走確率が上がります。

 

 

また阪急杯の種牡馬別成績を見てみると

ダイワメジャー、ディープインパクトといった
一流種牡馬の回収率が100%を切っていて

シンボリクリスエス、アドマイヤコジーン、キングヘイロー

ファルブラヴ、ダノンシャンティ

など、リーディングトップに入れない馬たちがランクインしています。

 

スピード比べになると、負けてしまう種牡馬達が

パワー条件や体力勝負の舞台で巻き返す

というパターンが多いのも見逃せませんね。

 

 

以上が阪急杯2020を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

阪急杯は3月の阪神開幕週となるレースですが
差し馬の成績が良いレースになっています。

タフな条件であるという傾向を示しており
前走で激走して体力の余っていない馬は苦戦しています。

また、スピード不足でありながらも体質の強さとパワーで
コースを攻略する馬もいるので

単純な近走成績に左右されずに馬券を買っていきたいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私が阪急杯2020で注目しているのは
前走惨敗ながらここで巻き返せそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑