小倉大賞典2020枠順確定|ヴェロックスが力でねじ伏せるのか?それとも…

Pocket

小倉大賞典2020の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた小倉大賞典2020での
傾向と照らし合わせながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る馬は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る馬は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はフェブラリーステークスが行われますね。

ただ、私はフェブラリーステークスよりも
小倉大賞典に注目をしています。

 

その理由は ヴェロックス が出走するからです。

皐月賞2着、日本ダービー3着、菊花賞3着

この実績でローカル重賞に出てくる馬って
まずいませんからね~

 

弱い相手と特殊なコース

ちょっと面白い条件ですよね。

 

という事で、フェブラリーステークスの裏番組である

小倉大賞典2020の枠順確定後の見解を話していきたいと思います。

 

それでは、行ってみましょう!!

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

小倉大賞典2020の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

小倉大賞典の舞台である小倉芝1800mの
過去10年における傾向(データ)を見てみると

・差し、追い込み馬にはキツイレース

・波乱度合いの高いレース

という条件となっていますが

展開にも注意して予想をしていきたいですね。

また、天気の方ですが、小倉競馬場は週末は晴れの予報となっており

良馬場でのレースが期待できそうですね。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

2枠2番 カデナ

前走の中山金杯では持ち味を発揮する事が出来ずに
惨敗してしまったカデナ

昨年の夏はローカル重賞で活躍しているように
小回りコースはプラス要素だと言えますし
どの枠順でも最後方待機からの競馬になるので
距離ロスを抑えられる2番枠は好材料だと言えますね。

 

3枠3番 テリトーリアル

前走の中山金杯では3着と健闘したテリトーリアル

中山金杯でも見せたようにインを突く競馬が
得意な馬なので、今回の3番枠は良い枠順だと言えます。

前走、好走したのでその反動が出なければ
活躍できそうですね。

 

3枠4番 レイホーロマンス

前走の愛知杯では3着に入り、
一時期のスランプ状態を脱却しつつあるレイホーロマンス

小柄な馬体で一生懸命に走ってくるど根性タイプなので
馬群を割れる内枠は歓迎。

あとは近走好走している分で体力を消費していないか
が、ポイントになります。

 

4枠6番 ヴェロックス

クラシック全てに馬券に絡んでいるヴェロックス

実績、能力的には断然の存在で
小回りコースへの対応力もあるタイプ

理論上はマイナス要素はありませんが
パワーを活かして外々を回る競馬が得意なタイプで
今回の6番枠はあまり良い枠順だとは言えないですね。

 

 

フェブラリーステークスの強い馬が一目で丸わかり!

うまとみらいと内のコンテンツ
「うまコラボ」の指数をご存知ですか?

毎週のように推奨馬が馬券内に絡むので
見応え十分な指数サイトなんです!

ココは凄くオススメします。

【2月16日(日)の的中率】
コラボ@指数上位6位までを
BOX購入した場合の的中率です。

単勝79.2%
複勝100%
馬連75%
ワイド75%
馬単58.3%
3連複58.3%
3連単50%

日々、的中を積み重ね実績を残してます。

今週末の無料配信は「フェブラリーステークス」です。

まずはメールアドレスを登録して、
確認メールが来るのでクリックで登録完了!

▼ログインして検証してみてください▼

うまとみらいとの「うまコラボ」指数はココから見て下さい。

 

 

5枠7番 ナイトオブナイツ

なかなか馬券に絡むことは出来ないものの
毎回自分の末脚は使ってくるナイトオブナイツ

カデナと同様に最後方付近に待機しての
直線勝負に賭けるタイプで枠順は関係なさそうです。

 

6枠9番 エメラルファイト

スプリングステークス勝ち馬でありながら
その後はイマイチ成績を残せていないエメラルファイト

クロフネ産駒でパワーと押し上げを武器にしている馬なので
内で脚を溜めての競馬よりも、外から押し上げる競馬が得意なタイプ

そういった意味では今回の小倉大賞典で引き当てた
9番枠はレースしやすい枠順になったと言えますね。

 

7枠11番 タニノフランケル

自分のリズムで競馬が出来ると強さを見せるタニノフランケル

近走は自分の競馬が出来ていませんが
今回は他の馬に影響されづらい外目の11番枠をゲット

プレッシャーのない状態で競馬が出来そうなので
あとはタニノフランケルの気持ちの問題になりそうですね。

 

8枠13番 ジナンボー

前走のジャパンカップはさすがに荷が重く
13着と惨敗してしまったジナンボー

名牝アパパネの子供で、新潟記念で2着に入っている点からも
より大きな期待がかかってくる馬ですが
今回は8枠13番という条件に収まりました。

気難しさがあるので、外枠は良いのですが
同時に不器用さもあるので、この枠で小回りをどうこなすのか

課題のある枠順に入った言えますね。

 



 

まとめ

小倉大賞典2020で良い条件の枠をゲットしたのは

6枠9番 エメラルファイト

3枠4番 レイホーロマンス

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

フェブラリーステークスの裏で行われるニッチなレース!!

どの馬が勝つんでしょうか?

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私が小倉大賞典2020で注目している馬は
展開次第ながらも一発がありそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。