中山記念2020の過去10年データ分析|開幕週なのに○○な馬が強い!!

Pocket

中山記念2020を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
中山記念2020で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

2月の東京開催も終わりいよいよ中山開催を迎えます。

3月の中山開催は楽しみなレースが多いんですよね。

 

皐月賞トライアルである

弥生賞、スプリングステークス

有馬記念と同じ条件で行われる 日経賞

そして、今週行われる中山記念

 

以前は天皇賞春との関わりが薄く

宝塚記念までは時期が長いため
超一流馬は出走しづらいレースでしたが

海外遠征をする馬にとってちょうどいい時期で行われるので

強い馬が出走するようになってきました。

 

昨年もウインブライトがここをステップに

香港GIを勝ったのは記憶に新しいですよね。

今年もウインブライトは出走しますし

かなりの強豪メンバーが出走するので
楽しみなレースになりそうです。

 

そんな中山記念2020のデータ分析に行っていき、
馬券的中への道を築いていきたいと思います。

 

 




 

中山記念2020は中山競馬場芝1800mで行われています。

春先に行われる開幕週のレースという事で

脚質や展開にも注意が必要なレースですね。

 

そんな中山記念を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

中山記念、過去10年のデータ分析

これぞ開幕週!先行馬に圧倒的なアドバンテージあり

まず最初にいつも通り中山記念で
活躍する馬の脚質を見ていきましょう。

以下は中山記念での4コーナーでの順位別成績です。

中山記念は全体の平均回収率が高いので
差し馬の成績も悪くは見えませんが

4角7番手以内にいる馬の数字は 124%

4角7番手以下にいる馬の数字は 78%

好走率の面でも先行馬が大きくリードしており

”先行馬優勢” が顕著です。

 

次に中山記念における過去10年の
上がり3ハロン順別成績も見てみましょう

こちらを見ても上がり1~3位以下の馬の
成績がイマイチであるように

前のポジションにつける事の重要性が分かりますね。

 

もともと前が有利なコースですし

開幕週で行われる中山記念。

ここはシンプルに前に行く馬を狙いましょう。

 

 

中山記念はあの馬を買っておけば楽勝!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料で中山記念の予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

 

前が有利でもパワー寄りの馬にアドバンテージあり!

次に中山記念の種牡馬別成績を見てみましょう。

ステイゴールド、ハーツクライ、キングカメハメハなどが
上位に名を連ねていますが、

回収率が良いのが

ネオユニヴァース、オペラハウス、エンパイアメーカー

などのパワー系種牡馬

 

逆にディープインパクト産駒は複勝回収率62%と苦戦しており

開幕週でもパワーを求められる
馬場になっている事が分かりますね。

 

また、中山記念における年齢別成績を見てみると

 

4歳、5歳馬の回収率が振るわず

6歳以上の馬の回収率がめちゃくちゃ高い点に気づきます。

スピードに優れ、全体能力の高い若駒ではなく

パワーに優れ、タフなレースへの
耐久性があるベテランが活躍している

という点が興味深いですね。

 

 



 

先行できそうな要素を探していこう

ここまでは中山記念が先行馬有利のレースになっている

という要素について話をしました。

という事は、

先行できそうな要素を探せば、
馬券的中が近くなりそうですよね。

 

ここで中山記念における枠順別成績を見てみましょう。

回収率の面を見ると5枠より内が圧倒的に有利

そして、1~3枠は安定の成績を残しています。

先行馬有利 = 内枠有利

というのは競馬における鉄則なので

枠順を加味することも大切ですね。

 

続いて、中山記念の前走距離別成績を見てみると

前走1600m以下のレースを使った馬の
回収率が非常に高い点に気づきます。

逆に前走2000m以上の距離を使った馬は苦戦を強いられています。

 

2000m以上の距離のレースといえば

有馬記念、天皇賞秋、日本ダービー、エリザベス女王杯

と、格上のレースがたくさんあるにも関わらず
成績が伸びていないという事は

前のポジションを取りやすい

”距離延長ローテがいかに有利なのか”

という点を物語っていますね。


(前走レース名別成績)

 

 

以上が中山記念2020を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

3月の中山開催開幕週で行われる中山記念は

先行した馬が有利なレースになっています。

それゆえに前走で速いペースを経験した馬(距離延長ローテ)

そして、距離ロスのない内枠を引いた馬

が有利になっています。

 

とはいえ、中山のタフなコースで行われるので
パワーのある馬の方が力を見せているので

血統面やキャリアにも注目が必要ですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私が中山記念2020で注目しているのは
ここは舞台適性抜群のあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。