【京都記念2020予想】牝馬2頭よりも今回のレースで注目出来る馬は??

Pocket

京都記念2020に出走を予定している
出走予定メンバーの中で、最も注目している馬について
根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

魅力的な穴馬がいない時に不定期で取り上げている

「今週の注目馬のコーナー」

 

基本的には穴馬を挙げたいと思っているのですが
少頭数の競馬だとなかなか穴馬も挙げられないですよね~

しかも、今週の京都記念は10頭立て

 

いやいや、さすがにこのメンツでは
穴馬を狙うのは難しいのでは…

という事で、今週の京都記念については

注目馬のコーナーという事で
ちょっとこのレースを深掘りしていこうと思います。

 

という事で、2020年4発目となる

「今週の注目馬のコーナー」

京都記念の注目馬を挙げていきましょう!!

 

 

京都記念2020で
最も注目している馬は

クラージュゲリエ

です。

 

 

クラージュゲリエは皐月賞5着、日本ダービー6着と
クラシックにはあと一歩力が足りず
馬券圏内に入ることが出来なかった馬ですが

京都2歳ステークスを勝っているように
G2となる京都記念でも決して見劣る馬ではありません。

ただ、今回は日本ダービー以来となる約9ヶ月ぶりの競馬

この休みがどうのように左右するのかは
なかなか難しい判断になりますよね。

 

net競馬の想定オッズを見てみると

牝馬2強(カレンブーケドール、クロノジェネシス)だけでなく
ステイフーリッシュよりも人気が落ちる4番人気が想定されていて

世間的にも判断が難しいとされていることが分かりますね。

そんな京都記念でなぜクラージュゲリエを注目しているのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

注目できる理由とその根拠について

皐月賞、日本ダービーは力の証明!地力面でも互角だ

クラージュゲリエは久しぶりの競馬が懸念されていましたが

休み前のレースとなった皐月賞、日本ダービーは
素晴らしいパフォーマンスを見せたレースでした。

 

京都2歳ステークス、共同通信杯、札幌2歳ステークスを見てみると

スタートからついていけないような感じで
後方を追走していき、直線で末脚を駆使して上位に入ってくる

という競馬を見せていましたが

皐月賞、日本ダービーは全く違うレースぶりでした。

 

皐月賞はスタートで立ち遅れる事もなく道中は6,7番手を追走

4コーナーでの押し上げが出来なかったものの
直線でもしっかりと脚を延ばして0.6秒差5着

上位に入った馬が、

サートゥルナーリア、ヴェロックス

ダノンキングリー、アドマイヤマーズ

と、GI級の馬である事を考えると

力を十分に見せているレースだと言えます。

 

そして、日本ダービーの内容を見てみると

更に安定したスタートを見せて5番手追走

直線ではヴェロックスと壮絶な叩き合いの末に
0.2秒差競り負けてしまいましたが

3,4着馬とは差のない競馬となっています。

 

この2レースを見る限り

クラージュゲリエの地力は、重賞級を優に超えていて

GIに手が届くレベルにある事が分かります。

 

今回はGIで勝ち負けをした牝馬2頭が出走しますが

能力的に決して見劣る存在ではありません。

 

 

京都記念はあの馬の独壇場だ!

 

今週ホースメン会議に新規登録してくれた方には
京都記念の無料予想を公開します!!

今年の京都記念は3連単10万円を
記録した東京新聞杯2020よりもおいしいレース!

以下をクリックして登録して下さい。

京都記念の予想を無料で見る方法はコチラ
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちなので、急いで登録して下さい!

 

 

適性のある舞台と問題のないローテーション

今回の京都記念は京都競馬場芝2200m外回り

という条件で行われますが

この条件は体力を求められるコースとなっています。

 

クラージュゲリエにとってこの舞台は歓迎材料だと言えます。

クラージュゲリエの父親であるキングカメハメハは
リーディングサイアー争い上位に入っていますが

サンデーサイレンス系の種牡馬と比較すると

スピード、瞬発力で劣る存在。

 

 

過去10年の京都記念の過去10年の種牡馬別成績を見てみると

キングカメハメハが1位になっています。
好走率や期待値の面では決して突き抜けた数字ではありませんが

スピード能力に欠けるキングカメハメハが

適応しやすい舞台である事は明白です。

 

クラージュゲリエの走りの内容を見てみても
共同通信杯や日本ダービーでスピード負けしているように

体力勝負は望むところだと言えます。

 

 

そして、最も気になる9ヶ月ぶりの休み明けというローテーション

こちらも今回の京都記念ではマイナス要素になりません。

 

こちらも京都記念におけるレース間隔別成績を見てみると

1ヶ月以上レース間隔を空けた馬が
複勝回収率で100%を超えており

体力を残している馬が活躍するレース

という事が言えますね。

 

特に半年以上の間隔を空けた馬は
3頭いて2頭が馬券に絡んでおり

こちらも回収率としては良好な成績を残しています。

 

もともと長い休み明けで出走する馬は
スピードを求められると脆さが出ますが

体力やパワーを求められる分には
それほど影響がないという傾向があるので

9ヶ月ぶりというローテーションは

それほど気にする必要がありません。

 

 




 

以上、2つの理由から

京都記念2020で
最も注目をしている馬は

クラージュゲリエ

だと結論づける事が出来ます。

 

 

まとめ

クラージュゲリエは今回久しぶりの競馬となりますが
皐月賞や日本ダービーのレースぶりをみると

能力的には十分に通用する馬だと言えます。

 

瞬発力では見劣るクラージュゲリエですが
京都記念は耐力勝負になる舞台となっており

休み明けの馬も活躍しやす土壌があるので
クラージュゲリエの力を十分に出せるレースだと言えます。

 

京都記念はクラージュゲリエに注目ですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

京都記念2020で私が注目している馬はクラージュゲリエ。

共同通信杯やクイーンカップでも期待馬もあげていますよ。
どちらもちょっと穴目なので、面白いですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ