【東京新聞杯2020予想】人気薄でこそ輝く生粋の穴馬を狙う!

Pocket

東京新聞杯2020の予想をするうえで
馬券に入れておきたい穴馬
について

そして、その穴馬を推した理由・根拠について
ローテーションやレース内容、コース適性を見ながら話していきたいと思います。

是非、馬券の参考にしてください。

 

 

こんにちは、MOTOです。

「絶対に馬券を買わない危険な人気馬」コーナーと並んで

楽しみにしていただいている方が多い

「絶対に馬券を買いたい穴馬」コーナー

 

2020年はあまりいい穴馬がおらずに
なかなか公開が出来ませんでしたが

新年1発目となった東海ステークスで挙げた

キングズガード は5着止まりとなってしまいました。

 

まあ、まだ1発目ですからね。

穴馬のいいところは単勝10倍の馬であれば

”10回に1回当てればいい”

という点です。

 

そんな事を意識しつつ、

今週のきさらぎ賞と東京新聞杯の双方で
穴馬を取り上げていこうと思いますよ。

それでは、行ってみましょう!!

 

 

東京新聞杯2020で注目している穴馬はコイツだ!

東京新聞杯2020の出走予定メンバーは以下の通りです。

安定感抜群の レッドヴェイロン

3連勝と勢いに乗る ヴァンドギャルド

を中心に馬券が売れていきそうなメンツとなっています。

 

 


(1番人気が予想される ヴァンドギャルド)

 

そんな中でも一発の可能性を残しているであろう

東京新聞杯2020の穴馬を公表したいと思います。

 

 

その馬の名前は

クリノガウディー

です。

 

クリノガウディーはまだ1勝馬の身ですが

朝日杯フューチュリティステークス2着、中京記念2着の実績があり
重賞でも勝ち負けの出来る力を備えた馬です。

 

ただ、続く京成杯AHでは人気を裏切っての7着
富士ステークスでも馬券に絡めておらず

それほど人気に支持されないことが予想されます。

そんなクリノガウディーが、なぜ東京新聞杯で
注目できる穴馬なのかを話していきます。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

穴馬を狙う理由と買える材料

人気になると走らない生粋の穴馬

クリノガウディーは過去に重賞で2度2着がありますが
朝日杯は9番人気、中京記念は6番人気と

人気薄を激走した中での結果となっています。

 

クリノガウディーの父親であるスクリーンヒーロー産駒の
芝での人気別成績を見てみると

上位人気の時は複勝回収率が伸びない一方で

5番人気以下だと複勝回収率が
100%を超えるケースが多く見られます。

 

スクリーンヒーロー産駒のレース間隔別成績を見ると

間隔を空けた方が好成績を収めている事が分かるように

前走で力を使うと反動でパフォーマンスが低下する傾向が見られます。

 

また、スクリーンヒーロー産駒は切れる脚がない分、

人気になりマークされると差し負ける点もあり

伏兵となったときに力を発揮する馬であることが分かります

 

今回のクリノガウディーは3戦連続で
馬券に絡めなかった後のレースと言うことで

人気のない状態で出走が見込めるので

クリノガウディーの100%の力が見られそうですし

実績は遜色ないので、ここでも期待が出来そうです。

 

 

東京新聞杯は馬連1点勝負で十分なレースだ!

「トップシークレット」は馬連1点で的中を連発!

“東京新聞杯”では自信のある【馬連1点勝負】を予定しています。

そして、今回限り特別無料配信が決定!

今週登録してくれた人には馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

 

 

速い上がりタイムを使う必要のない東京新聞杯と絶好の舞台!

クリノガウディーの弱点は

「末脚勝負になると弱さをみせる」

という点にあります。

 

実際に展開が向いた富士ステークスでも
後方14番手で究極的に脚を溜めても

上がり3ハロンのタイムは33.3秒と3位タイ

2着に入った中京記念でも上がり3ハロンは3位タイ

朝日杯では上がり3ハロンが4位タイ

と、常に速い上がりを使えていません。

 

ただ、東京新聞杯では速い上がりを使う馬が苦戦をしています。

上がり3ハロン4位以下の馬が好成績を収めており

位置取りとソコソコの上がりが求められています。

 

速い上がりを繰り出せないクリノガウディーにとっては
東京新聞杯は絶好の舞台でのレースとなるので

展開の力もプラスに出来そうです。

 

 




 

 

以上、2つの理由から

東京新聞杯2020における

クリノガウディーは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 

 

まとめ

net競馬の予想オッズでは、

6番人気が想定されている クリノガウディー ですが

実績・能力としては今回出走するメンツに決して見劣りませんし

今回は人気薄で出走できる立場にあるので
自分の競馬に徹することが出来ます。

 

また、過去のデータを見ると東京新聞杯という舞台は
速い上がりを必要としないので

クリノガウディーにとっては絶好の舞台だと言えますし

前走よりもパフォーマンスを上げて
馬券に絡む要素は十分にあります。

東京新聞杯でのクリノガウディーは見逃せない穴馬ですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

東京新聞杯2019で私が最も注目している馬はクリノガウディー

きさらぎ賞で注目しているのはあの大穴馬ですよ。

この馬 → 人気ブログランキングへ