【きさらぎ賞2020予想】穴馬で狙いたいのは異端ローテーションのあの馬

Pocket

きさらぎ賞2020の予想をするうえで
馬券に入れておきたい穴馬
について

そして、その穴馬を推した理由・根拠について
ローテーションやレース内容、コース適性を見ながら話していきたいと思います。

是非、馬券の参考にしてください。

 

 

こんにちは、MOTOです。

「絶対に馬券を買わない危険な人気馬」コーナーと並んで

楽しみにしていただいている方が多い

「絶対に馬券を買いたい穴馬」コーナー

 

2020年はあまりいい穴馬がおらずに
なかなか公開が出来ませんでしたが

新年1発目となった東海ステークスで挙げた

キングズガード は5着止まりとなってしまいました。

 

まあ、まだ1発目ですからね。

穴馬のいいところは単勝10倍の馬であれば

”10回に1回当てればいい”

という点です。

 

そんな事を意識しつつ、

今週のきさらぎ賞では大穴を狙っていきたいと思います。

それでは、行ってみましょう!!

 

 

きさらぎ賞2020で注目している穴馬はコイツだ!

きさらぎ賞2020の出走予定メンバーは以下の通りです。

東スポ杯2着の アルジャンナ

札幌2歳ステークス2着の サトノゴールド

を中心に馬券が売れていきそうなメンツとなっています。

 


(1番人気が予想される アルジャンナ)

 

そんな中でも一発の可能性を残しているであろう

きさらぎ賞2020の穴馬を公表したいと思います。

 

 

その馬の名前は

サイモンルモンド

です。

 

サイモンルモンドは過去2戦走っていますが
共にダートでのレース

芝のレースは今回のきさらぎ賞が初めての馬です。

 

この経験値のなさとダノンシャンティ産駒というマニアックな血統から

全く人気に支持されないことが予想されます。

そんなサイモンルモンドが、なぜきさらぎ賞で
注目できる穴馬なのかを話していきます。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

穴馬を狙う理由と買える材料

新馬戦、未勝利戦で見せた破壊力抜群の末脚は魅力

サイモンルモンドは新馬戦、未勝利戦と
ダート戦を選択していますが

この2戦で見せた末脚は素晴らしいものでした。

 

普通だと、逃げ・先行馬が優勢な2歳のダート戦

そんな中、サイモンルモンドは2戦を振り返ってみると

新馬戦は4角10番手で完全に圏外に消えているところから
上がり37.6秒で最後猛然と差してきて2着

未勝利戦は道中14番手という後方に位置しながら
4コーナーでは9番手まで順位を上げて

上がり3ハロン37.6秒の脚を使って差し切り勝ち。

 

上がり3ハロンのタイムは

新馬戦では2位に0.5秒の差をつけており
(3位には2.4秒の差をつけています)

未勝利戦で2位に1.0秒の差をつけています。

 

その末脚の破壊力は今回のメンバーに入っても

十分に通用するレベルにあると判断できますし

まったく人気がない事を考えれば

期待値の面ではかなり高いと言えます。

 

 

きさらぎ賞2020、
あの馬を買わない人はハズレ確定!!

徹底分析して出てきた結論から
きさらぎ賞はあの馬の独壇場!!

細部にわたる情報を活かす競馬サイト「TAZUNA」

TAZUNAではきさらぎ賞の無料情報公開が決定しています。

「TAZUNA」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『TAZUNA』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

 

 

芝替わりは圧倒的なプラス要素??

サイモンルモンドが嫌われる最大の理由は

「初めての芝のレースである」

という事です。

 

では、ダートから芝に替わるのは本当にマイナスなのでしょうか?

サイモンルモンドの父親であるダノンシャンティの
産駒成績から芝への可能性を探ってみます。

 

まずダノンシャンティ産駒の芝・ダートでの成績を見てみると

芝の複勝率は24.0% 複勝回収率は 81%

ダートの複勝率は17.9% 複勝回収率は 54%

あからさまに芝の成績の方が良い種牡馬です。

 

またサイモンルモンドの前走の馬体重は444kg

馬体が大きく、パワーのある馬が活躍するダート戦において

サイモンルモンドはダートに適性があるとは思えません。

 

つまり、サイモンルモンドがきさらぎ賞で

前走・前々走以上のパフォーマンスを見せる可能性は高いと言えます。

 

ちなみにダノンシャンティ産駒の京都芝1800m戦の成績を見てみると

こちらも相性は悪くありません。

 

サイモンルモンドがきさらぎ賞で化ける可能性は十分にありそうです。

 




 

 

以上、2つの理由から

きさらぎ賞2020における

サイモンルモンドは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 

 

まとめ

net競馬の予想オッズでは、

最低人気が想定されている サイモンルモンド ですが

デビューから2戦のパフォーマンスは非常に高く

能力は他の馬と比べても見劣る存在ではありません。

また、サイモンルモンドの父親である
ダノンシャンティは芝に特化した種牡馬で

ダートから芝替わりで更にパフォーマンスを上げる可能性があり
穴を開ける要素は十分にあります。

きさらぎ賞でのサイモンルモンドは見逃せない穴馬ですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

きさらぎ賞2019で私が最も注目している馬はサイモンルモンド

今週は危険な馬についても話していきますからね。
危険視している馬はあの馬です。

この馬 → 人気ブログランキングへ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。