日経新春杯2020枠順確定、内枠有利の京都で好枠を引いたのは??

Pocket

日経新春杯2020の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた日経新春杯2020での
傾向と照らし合わせながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る馬は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る馬は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

私は競馬と同じ位に麻雀が好きなんですが

今になって麻雀漫画の「哲也」を読み返しています。

 

「哲也」は麻雀の醍醐味ともいえる

”知的で高度な頭脳戦の応酬”

は見られないんですが、

色物ともいえる特異なキャラクターが多数出現して
哲也を苦しめるというヒーローもののような楽しみ方が出来る漫画です。

麻雀の好きな人は是非読んでくださいね。

 

ちなみに私は麻雀は結構強いです。

タイプ的には道中はじっと脚を溜めて

直線で一気に捲り切るタイプで
競走馬でいうとキズナみたいな感じですね。

 

簡単に泣かないし、字牌の対子とかも結構な確率で落とすし
どっしりと構えて、ゆったりと大物手を狙っていく感じなので

是非、宅を囲む機会がありましたら、勝負を楽しみましょう!!

 

という事で、脚を溜めて末脚勝負をするレッドジェニアルが出走する

京成杯2020の枠順確定後の見解を話していきたいと思います。

 

それでは、行ってみましょう!!

 

枠順確定後の見解については完全版として動画でも話しています。

こちらは全頭の評価をしていますので、良かったら見て下さい。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

日経新春杯2020の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

日経新春杯(京都芝2400m)の
過去10年における傾向(データ)を見てみると

・内枠が有利なレース

・好位で競馬をする馬が有利なレース

という条件となっていますが

展開にも注意して予想をしていきたいですね。

また、天気の方ですが、京都競馬場は週末は晴れの予報となっており

良馬場でのレースが期待できそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 メロディーレーン

菊花賞5着以上に馬体重340kgという
超小柄の馬体で話題になっているメロディーレーン

これだけ小柄な体で実績を出しているという事は
勝負根性が突出している事の証明でもあります。

今回は距離ロスがないうえに、勝負根性を活かしやすい
最内枠を引き当てたので、条件としては最高ですね。

 

2枠2番 レッドジェニアル

前走の菊花賞では6着に入り、
改めて力のあるところを見せたレッドジェニアル

2走前に好位からの競馬を試みて負けたように
上手く立ち回るよりも脚を溜めて
直線で豪快に差す競馬が合うタイプ

もう少し外枠でも良かったと思いますが
脚を溜められる枠なので、悪くはありません。

 

3枠3番 マスターコード

前走のグレイトフルステークスでは
2番人気に支持されながらも負けてしまったマスターコード

京都芝2400mで実績を残しているように
体力に寄っている舞台だと少しパフォーマンスが落ちる馬。

今回の日経新春杯は力を温存できる内枠に入れたので
いい条件で競馬が出来そうですね。

 

3枠4番 レッドレオン

前走の比叡ステークスを勝利して
重賞戦線に殴り込みをかけるレッドレオン

ディープインパクト産駒にしてはスピードよりも
パワーに寄っている感じの馬で
舞台適性の面は未知の部分がありますが
後方から一気に差す脚はないので、ロスのない内枠はいいところでしょう。

 

 

日経新春杯は混戦ではない!1強レースだ!

競馬セブンでは日経新春杯で
飛び抜けた勝負気配を持っている馬の情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そして日経新春杯3点勝負買い目も無料公開します!

競馬セブンが持つ極秘情報を堪能して下さい。

日経新春杯3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

 

 

4枠6番 モズベッロ

前走のグレイトフルステークスでは後方から
豪快に追い込むも4着に敗れたモズベッロ

出遅れ癖があって、後方からの競馬になることが多い馬なので
枠順はそれほど関係のなさそうです。

 

5枠7番 タイセイトレイル

前走はジャパンカップに出走したものの
さすがに相手が強く惨敗してしまったタイセイトレイル

ハーツクライ産駒らしく体力に優れた馬で
直線で一気に差す脚はない馬なので
好位追走が出来そうな内枠が良かったですが
今回は真ん中の枠なので、悪い条件ではありませんね。

 

7枠11番 サトノガーネット

前走の中日新聞杯では後方14番手から
豪脚を見せて一気に差し切ったサトノガーネット

エリザベス女王杯でも末脚を見せており
能力値自体は高い馬ですが、不器用な面があるので
2400mでどこまでうまくレースが出来るかがポイントになりそうです。

枠順は外で良いですね。

 

8枠13番 アフリカンゴールド

前走のアルゼンチン共和国杯では1番人気ながらも
3着に敗れてしまったアフリカンゴールド

立ち回りの上手さ、器用さが最大のウリなので
今回の外枠は痛恨の枠順だと言えます。

福永騎手がどれだけロスなく競馬出来るかが焦点になりますね。

 



 

まとめ

日経新春杯2020で良い条件の枠をゲットしたのは

1枠1番 メロディーレーン

3枠3番 マスターコード

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

王道のコースで行われる伝統のハンデ重賞日経新春杯!!

どの馬が勝つんでしょうか?

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私が日経新春杯2020で注目している馬は
ここは実績不足ながら一発がありそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。