【NHKマイルカップ2020】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【NHKマイルカップ2020】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではNHKマイルカップ2020の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

NHKマイルカップは3歳マイル王を決めるGIレースです。


(写真は2019NHKマイルカップ アドマイヤマーズ)

NHKマイルカップは3歳マイル王を決めるGIレースです。

以前はクラシックに出走できない外国馬による
ダービー的な立ち位置で設立されたNHKマイルカップですが

外国馬にクラシックが開放された事から
マイルへの適性がある馬が出走してくるレースとなりました。

 

昨年のNHKマイルカップは朝日杯フューチュリティステークスを勝利して
後に香港マイルをも制したアドマイヤマーズがマイル適性を活かして勝利。

ケイアイノーテック、クラリティスカイ、マイネルホウオウ

など、クラシックで通用しないから、ここに向かってきて
結果を残すという馬も現れますが

アエロリット、メジャーエンブレム、ミッキーアイルなど

名マイラーが結果を残すレースでもあります。

果たして、今年はどっちに転がるのでしょうか??

 

そんなNHKマイルカップ2020にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

レシステンシア ルメール 2.5倍
ルフシュトローム 4.0倍
サトノインプレッサ 4.1倍
タイセイビジョン 5.7倍
シャインガーネット 9.5倍
ラウダシオン デムーロ 11.3倍
プリンスリターン 13.8倍
サクセッション 18.4倍
ギルデッドミラー 福永 19.0倍
ウイングレイテスト 22.9倍
ハーモニーマゼラン 25.2倍
ストーンリッジ 29.8倍
オーロラフラッシュ 32.1倍
ボンオムトゥック 34.3倍
スマートクラージュ 46.9倍
ゼンノジャスタ 50.2倍
ソウルトレイン 56.7倍
ラインベック 76.3倍
ジュンライトボルト 87.4倍
メイショウチタン 119倍
ニシノハーモニー 130倍
シャチ 185倍
プライムフェイズ(出走回避)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 



 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

朝日杯2着の タイセイビジョン

朝日杯フューチュリティステークスで2着と
GIでも通用する力を見せるタイセイビジョン

外国産馬という事もあり、陣営はいち早くマイルでの適性を見抜いて
NHKマイルカップへと矛先を向けてきました。

同世代のトップであるサリオスやコントレイルは
日本ダービーへ向かいそうなので、
タイセイビジョンにとっては鬼の居ぬ間のGI制覇を狙いたいところですね。

ファルコンステークス勝ちの シャインガーネット

前走のファルコンステークスでは中団からの競馬で
ラウダシオン以下を堂々と抑えて勝利したシャインガーネット

2走前のフェアリーステークスでは舞台適性や展開の影響もあり
4着と敗れてしまいましたが、それ以外のレースは全て勝利しているので
まだその能力には奥がありそうです。

NHKマイルカップでワンランク上のギアを持っていれば
GIで大仕事をしてもおかしくありません。

アーリントンカップ2着の ギルデッドミラー

前走のアーリントンカップではタイセイビジョンの末脚に屈したものの
粘り強い走りで2着を確保したギルデッドミラー

ギルデッドミラーの長所は唸るような勢いで
先頭に並びかける闘争心と前向きさ。

アーリントンカップはハイペースで持ち味が活きませんでしたが
NHKマイルカップはペース次第でタイセイビジョンに逆転出来る力を秘めた馬です。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。