京成杯2020の過去10年データ分析|皐月賞と同条件、有利なのは…

Pocket

京成杯2020を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
京成杯2020で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

2019年は「副業元年」なんて
呼び方をされることもありましたが

実際の社会にはまだ馴染んでいないのかもしれないですね。

指示待ち人間を量産するのが、
日本の教育システムですから

自分で自立してやりたい事を探していく
「副業」というものに対して
どうして良いのか分からない??

と、思ってしまうのかもしれません。

 

実際にブログを書いたり、
動画を撮ってユーチューブへアップしたりして

副業をしている私にとっては

「こんなに面白い世界があったのか!?」

という気持ちにしかならないので、オススメですけどね。

 

まあ、このあたりは人によるのかもしれないので

興味がある方は、是非ご一報ください。

いろいろと教えますので。

 

という事で、京成杯2020のデータ分析に行っていき、

馬券的中への道を築いていきたいと思います。

 

 




 

京成杯2020は中山競馬場芝2000mで行われています。

皐月賞やホープフルステークスと同じ舞台で
中山競馬場の芝コースとしては王道のコースです。

パワーと機動力が問われる舞台ですね。

 

そんな京成杯を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

京成杯、過去10年のデータ分析

中山芝2000m戦は力を溜める事が重要な舞台

まず、最初に注目したのは京成杯で活躍する馬の脚質です。
以下は京成杯での4コーナーでの順位別成績です。

逃げ馬も成績を残せていませんが
追い込み馬も成績を残せておらず

”中団で競馬を進める馬が有利”

という状況になっています。

 

中山競馬場は直線で急坂などがあり、
タフなので、基本的には前にいる馬の方が優勢です。

ただ、逃げ馬は後続の目標になってしまうので
体力的に削られてしまう部分がある

という事がいえますね。

 

また、京成杯における過去10年の
上がり3ハロン順別成績を見てみると

上がり1位~3位の馬は安定した複勝回収率を誇り

6位以下の馬は苦戦している事が分かります。

 

ある程度、前の位置を取った中で

上がり3ハロンもそれなりにまとめる。

こういった馬が一番の狙い目ですね。

 

 

京成杯の強い馬が一目で丸わかり!

うまとみらいと内のコンテンツ
「うまコラボ」の指数をご存知ですか?
京成杯はあの馬を買えば楽に的中できるレースだ!

考える予想を提案する「競馬学会」ですが、
この競馬学会の情報精度を一度体験してほしいので
今週「競馬学会」の無料会員に登録してくれた人には
無料で京成杯の極秘情報を公開します。

「馬券でしっかりとプラス収支を出したい」
という人は登録して無料情報を手に入れてください。

登録費用無料の『競馬学会』は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「競馬学会」の京成杯情報を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  京成杯の予想をチェック  ↑ ↑ ↑

 

 

タフな条件で活躍できる馬を選んでいけ

次に京成杯の種牡馬別成績を見てみましょう。

1位ハービンジャー、2位バゴ、3位ステイゴールド

とパワー系の種牡馬が並んでいる以上に

ディープインパクト産駒の成績が低い点が目立ちます。

 

中山競馬場はタフなコースですからね。

スピードや切れ味を身上とする

ディープ産駒は苦戦して当然だといえます。

血統面も考慮できそうですね。

 

 

また、京成杯における過去10年の前走距離別成績を見てみると

 

前走で1800m以下を使ってきて

距離延長で臨んでくるような馬は苦戦をしています。

 

京成杯は2000m戦の中でも、
体力が求められるコースでの競馬になるので

2000m以上の距離経験は絶対的に必要です。

 



 

調子を崩した馬は取り戻すことが出来ないリズム重賞

次に京成杯における前走着順別成績を見てみましょう。

前走6着以下で馬券に絡んだ馬は1頭のみ

前走で大敗している時点でノーチャンスといえるリズム重賞となっています。
(リズム重賞:近走好走している馬がそのまま結果を出しやすい重賞レース)

 

3歳馬の重賞レースは京成杯に限らず
勢いを持続したまま活躍する馬が多いので

まずは調子の良い馬を選んでいきたいですね。

 

 

ここで前走5着以下だった馬の前走4角順位別成績を見てみましょう。

極端に前にはいかずに

好位で折り合った馬がより良い成績を残しています。

 

この時期の新馬戦や未勝利戦はスピードの違いで
ブンブン飛ばすような馬が活躍しがちですが

このタフな舞台での重賞となるとそういった馬は通用しません。

折り合いが大切になる事がわかります。

 

 

ちなみに前走の上がり3ハロン順別成績を見てみると

上がり1,2位の末脚を仕えている馬が目立って活躍しています。

速い上がりを使えているという事は
しっかりと折り合っているという事なので

このあたりも折り合いの良さを図る指標になりそうですね。

 

 

以上が京成杯2020を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

京成杯は12月開催からずっと続いている
冬場の中山開催のレースになりますので

かなりタフな馬場でのレースとなります。

それゆえに後方から一気の差し脚は通用しづらく

上手く折り合って、道中で力を温存できる馬が強いレースです。

 

またディープインパクト産駒のような
スピードと切れ味を持ったような馬は活躍できない馬場なので

そのあたりを踏まえながら

”スタミナとパワーを備えた馬”

を選んでいきたいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私が京成杯2020で注目しているのは
この条件にマッチしたスペックを持っているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑