【青葉賞2020】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【青葉賞2020】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは青葉賞2020の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

青葉賞はダービートライアルの王道として知られる重賞レースです。


(写真は2019青葉賞 リオンリオン)

青葉賞はダービートライアルの王道として知られる重賞レースです。

その先にある日本ダービーと同じ条件で行われるレースではありますが
青葉賞を経由して、日本ダービーを勝った馬はまだいません。

 

昨年の勝ち馬であるリオンリオンは横山典弘騎手が
騎乗できなかった事もあり、日本ダービーでは惨敗。

過去10年ではフェノーメノ、ウインバリアシオンが2着
アドミラブルが3着と馬券に絡む馬も多数おり

勝ち馬がいないまでも注目度の高いレースとなっています。

 

そんな青葉賞2020にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

フィリオアレグロ 3.1倍(プリンシパルSと両にらみ)
オーソリティ 3.7倍
ディアスティマ 7.0倍
フライライクバード 7.9倍
サトノフウジン 9.0倍
ヴァルコス 三浦 11.5倍
ダノンセレスタ 13.0倍
ロールオブサンダー 15.4倍
メイショウボサツ 18.3倍
アイアンバローズ 20.4倍
コンドゥクシオン 23.1倍
プリマヴィスタ 28.0倍
アピテソーロ 32.9倍
レアリザトゥール 38.7倍
ブルーミングスカイ 45.2倍
サーストンカイドー 48.5倍
ディアマンミノル 61.7倍
フィロロッソ 109倍
アラタ 134倍
エヒト 281倍

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 




 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

皐月賞をパスした オーソリティ

前走の弥生賞では3着に入り、皐月賞への出走権を獲得しながらも
皐月賞をパスして青葉賞へ向かってきたオーソリティ

オルフェーヴル産駒らしいパワー系の馬で
皐月賞がベストの舞台だと言えますが
敢えて得意ではない東京芝2400mへ歩を進めてきました。

この選択がどうなるのか?
オーソリティの真価が問われる一戦です。

共同通信杯は不完全燃焼だった フィリオアレグロ

前走の共同通信杯は重馬場と悪天候に足を引っ張られて
1,2着から大きく離されてしまったフィリオアレグロ

新馬戦は強い競馬を見せたディープインパクト産駒という事もあって
前走の内容だけでは能力は図れません。

今回の青葉賞は日本ダービーと同じ舞台である
東京芝2400mという事で能力がそのまま問われる舞台
フィリオアレグロが本物かどうかが試される1戦です。

前走2勝目を挙げた ヴァルコス

前走のゆきやなぎ賞では徐々に進出して2勝目を挙げたヴァルコス

ずっと1800~2000mを使っていた馬ですが
前走2400mに距離を伸ばしてパフォーマンスを一気に上げてきました。

父ノヴェリストに母父ダンスインザダークと地味な血統ではありますが
長距離戦で見せた適性は間違いのないのものなので
今回の青葉賞で一発を見せる可能性は十分にあります。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。