【天皇賞春2020】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【天皇賞春2020】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは天皇賞春2020の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

天皇賞春は春の長距離王を決める伝統のGIレースです。


(写真は2019天皇賞春 フィエールマン)

天皇賞春は春の長距離王を決める伝統のGIレースです。

以前はメジロマックイーンやライスシャワーなど
名ステイヤーと呼ばれるような馬が
強さを示すレースとなっていましたが

時代が変わり、流れによってはスピードを求められるような
レースになってきました。

 

昨年の勝ち馬フィエールマンは
近年の天皇賞春を代表するような存在で

スローからの上がり勝負をものにしてGI2勝目を飾りました。

キタサンブラックが連覇を果たすなど強い馬が
強い勝ち方を見せるレースもあれば

ビートブラックやスズカマンボのような
穴馬が飛び込んでくるレースでもあるので

メンバー構成と流れを考慮して予想をしていきたいですね。

 

そんな天皇賞春2020にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

フィエールマン ルメール 2.9倍
ユーキャンスマイル 4.2倍
ミッキースワロー 7.0倍
キセキ 武豊 8.8倍
モズベッロ 9.3倍
メイショウテンゲン 11.6倍
オセアグレイト 17.4倍
トーセンカンビーナ 20.9倍
エタリオウ 川田 21.6倍
スティッフェリオ 25.6倍
ダンビュライト 26.0倍
ミライヘノツバサ 36.4倍
メロディーレーン 63.9倍
タイセイトレイル 70.1倍
シルヴァンシャー 127倍
ハッピーグリン 和田 195倍
ワールドプレミア(出走回避)
グローリーヴェイズ(出走回避)
タガノディアマンテ(出走回避)
ムイトオブリガード(出走回避)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 




 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

昨年の天皇賞春勝ち馬 フィエールマン

昨年の天皇賞春を勝利しているフィエールマン

昨年秋はフランスに遠征して凱旋門賞に出走したものの
全く歯が立たずに最下位と敗れてしまいました。

しかし、半信半疑だったら有馬記念では4着と
改めて力のあるところを見せてきました。

昨年勝っている舞台なら今年も勝ち負けが期待出来そうです。

昨年秋に力をつけた ワールドプレミア

昨年の春は皐月賞、日本ダービーへの出走を諦めて
秋へ賭け、見事に菊花賞を制したワールドプレミア

菊花賞に続く出走となった有馬記念でも
歴戦の強者を相手に3着と健闘して
ワールドプレミアの地力を証明した形になりました。

昨年フィエールマンが勝ったように、
近年の天皇賞春はゴリゴリのステイヤーでなくても
通用する舞台になっているので
ワールドプレミアにとって天皇賞春はGI2勝目の大きなチャンスになりそうです。
(出走回避)

長距離戦にチャレンジする キセキ

昨年の春シーズンは大阪杯、宝塚記念と中距離路線を歩んだキセキ

父親がルーラーシップであり、菊花賞を勝っている実績からも
長距離は決してダメではありませんが、一時期かかり癖がついていていた事もあり
中距離を主戦場としていました。

今年は相手関係も踏まえて天皇賞春を狙います。
キャリアを積んだキセキなら十分にこなせそうですね。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング