【皐月賞2020】 出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【皐月賞2020】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは皐月賞2020の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

皐月賞は3歳牡馬クラシック第一弾として行われるGIレースです。


(写真は2019皐月賞 サートゥルナーリア)

皐月賞は3歳牡馬クラシック第一弾として行われるGIレースです。

以前は速い馬が勝つと言われていた皐月賞ですが
タフな中山競馬場で行われるレースなので
完成度の高さと能力のバランスが伴っている馬が
活躍をしやすいコース設定となっています。

 

昨年の勝ち馬はサートゥルナーリア

ここから3冠制覇が期待をされましたが
日本ダービーや天皇賞秋では凡走

それ以前はエポカドーロ、アルアイン、ディーマジェスティ

ドゥラメンテ、イスラボニータ、ロゴタイプ

と古馬になってからはイマイチGI戦線で活躍できていない馬が

皐月賞を勝っている点も見逃せないところです。

 

そんな皐月賞2020にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

コントレイル 2.3倍
サトノフラッグ 3.6倍
サリオス レーン 5.1倍
ヴェルトライゼンデ 10.7倍
ダーリントンホール 13.9倍
コルテジア 15.8倍
マイラプソディ 18.5倍
クリスタルブラック 吉田豊 21.8倍
ガロアクリーク 24.3倍
レクセランス 28.1倍
ブラックホール 31.0倍
ビターエンダー 49.5倍
サトノフウジン 75.9倍
ラインベック 岩田康誠 84.7倍
アメリカンシード 96.0倍
キメラヴェリテ 139倍
ウインカーネリアン 163倍
テンピン 239倍
ディープボンド 341倍
ワーケア(出走回避)
オーソリティ(出走回避)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 



 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

ホープフルステークスから直行の コントレイル

前走のホープフルステークスではワーケア以下を
完封してGI馬となったコントレイル

春のクラシックロードではトライアルレースを使わずに
皐月賞へ直行という昨年のサートゥルナーリア
と同じローテーションをとってきました。

ディープインパクト産駒なので、混戦となる皐月賞よりも
広いコースで能力を全て出し切れる日本ダービー向きの雰囲気もありますが
卓越した能力で春2冠を狙えるだけの逸材である事は間違いないですね。

弥生賞を制した サトノフラッグ

前走の弥生賞ではホープフルステークスに出走した
ワーケアとオーソリティに完勝して
皐月賞の有力候補として名乗りを挙げたサトノフラッグ

弥生賞は重い馬場の競馬でしたが、
直線の入り口では先頭に並びかけていたように
闘争心を出して走るサトノフラッグの気性面は皐月賞でもプラス要素

コントレイルは強敵ですが、逆転で1冠をとる可能性は十分にあります。

まだ底がみえない マイラプソディ

京都2歳ステークスを単勝1.5倍という
圧倒的な人気応えて完勝したマイラプソディ

新馬戦から3戦続けて単勝1倍台で出走して
どのレースでも結果を出してきました。

今年は牡馬も牝馬もハーツクライ産駒の当たり年となっていますが
マイラプソディもクラシックで主役を張れる資格を備えた馬です。

共同通信杯では4着と敗れてしまいましたが
皐月賞でも内容のある競馬を見せて日本ダービーへと向かいたいところです。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。