【中山金杯2020予想】MOTOが年明け一発目を的中させるべく選んだ馬は??

Pocket

中山金杯2020に出走を予定している
出走予定メンバーの中で、最も注目している馬について
根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

魅力的な穴馬がいない時に不定期で取り上げている

「今週の注目馬のコーナー」

 

注目馬のコーナーとしては

新年あけましておめでとうございます。

という感じですね。

 

昨年はおかげさまでこのコーナーは

単複共に回収率100%を超える事が出来ました。

穴馬のコーナーと違って

コンスタントに的中を出さないとプラス収支が維持できないので

昨年同様、今年も確率の高い馬を狙っていこうと思いますよ。

 

という事で、2020年一発目となる

「今週の注目馬のコーナー」

中山金杯の注目馬を挙げていきましょう!!

 

 

中山金杯2020で
最も注目している馬は

クレッシェンドラヴ

です。

 

 

クレッシェンドラヴは昨年末の霞ヶ浦特別を勝利してから

地力をアップさせて、前走の福島記念では初の重賞勝利

 

そのレース内容から中山金杯でも人気に支持されそうな馬で
netkeibaさんの想定オッズでも1番人気想定となっていますが

今回は明け4歳のザダル、前走重賞2着のトリオンフなど
強力なライバルに囲まれての競馬になるので
ここは力を試される舞台となります。

そんなライバルが豊富な中山金杯において

クレッシェンドラヴをなぜ注目しているのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

動画では完全版として話をしています。

こちらはより一層熱が入っているので、是非ご覧下さい。

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

注目できる理由とその根拠について

冬場の中山芝2000mはこの馬にピッタリ!

中山金杯は「中山芝2000m」という舞台で行われるレースです。

 

中山芝2000mという舞台はもともとタフな条件ですが

ここに加えて、冬場の芝である点や

多頭数で行われるハンデ戦である点などから

かなり力の要るレースとなります。

 

ここでクレッシェンドラヴの特徴を見てみます。

まず注目したいのが、

中山金杯と同じ舞台を勝利した5走前の美浦ステークス。

このレースは10頭立てと少頭数ではありますが
1000m通過が59秒9と締まった流れになり

クレッシェンドラヴは上がり3ハロン35秒6で勝っています。

 

これ以外に過去に好走したレースの上がりタイムを見てみても

前走 福島記念 35秒5(1着)

3走前 七夕賞 36秒6(2着)

4走前 福島民報杯 36秒4(2着)

と、上がりがかかるタフな条件で好走しています。

 

逆に5着に敗れたオールカマーを見てみると

クレッシェンドラヴの上がりタイムは 33秒9

上がり3ハロンのタイムは全体で4位タイと

速い上がり勝負だと少し弱さが見えます。

 

過去の勝ち馬の上がりタイムを見てみると

2019年 ウインブライト 34秒9

2018年 セダブリランテス 35秒0

2017年 ツクバアズマオー 35秒7

と、速い上がりが出ていません。

 

今回の中山金杯はクレッシェンドラヴに向いた条件になりそうで

パフォーマンスを発揮する事が期待されます。

 

 

中山金杯2019、
あの馬を買わない人はハズレ確定!!

徹底分析して出てきた結論から
中山金杯はあの馬の独壇場!!

細部にわたる情報を活かす競馬サイト「TAZUNA」

今週のメインレースは中山金杯

TAZUNAでは中山金杯の無料情報公開が決定しています。

「TAZUNA」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『TAZUNA』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

 

 

好調期が続くステイゴールド産駒

クレッシェンドラヴはステイゴールド産駒です。

ステイゴールド産駒はサンデーサイレンス系の中では
パワーとスタミナに優れた種牡馬である事は知られていますが

 

それ以外に

「好調期と不調期が分かれる」

という特徴があります。

ステイゴールド産駒は気持ちの強い馬なので

一度走り出したら、力を出しつくすまで走り続けて
心身ともに力尽きたら走らなくなります。

 

クレッシェンドラヴの成績を見てみると

2018年の9月までは

勝ったり負けたりを繰り返していましたが

2018年12月からは

常にレースで自分の力を出しています。

 

今のクレッシェンドラヴは馬が走る気持ちになっているので

前走の福島記念で後方から捲っての競馬を見せて勝ちきりましたが、

反動によるパフォーマンス低下の心配はほぼ皆無で

馬の力を出せるローテーションだと言えます。

 

 




 

以上、2つの理由から

中山金杯2020で
最も注目をしている馬は

クレッシェンドラヴ

だと結論づける事が出来ます。

 

 

まとめ

前走の福島記念で重賞初制覇を飾ったクレッシェンドラヴですが
好調期を維持している状態で走る続けているので

ローテーション的に反動の心配はいりません。

 

また、冬場の中山競馬場の馬場。

多頭数のハンデ戦という条件から予想される激しいレース

共にクレッシェンドラヴにとっては得意な舞台で

今回は人気ながら期待に応える可能性が高いと判断します。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

中山金杯2020で私が注目している馬はクレッシェンドラヴではなく
ちょっと穴目で狙えそうなあの馬ですよ。

そして、切ろうと思っている馬はあの人気馬ですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ