クラレントはG3なら迷わず買える!2014関屋記念レース回顧

Pocket

先日行われたG3関屋記念はクラレントが完勝しました。

元々地力がある事はわかっている馬で
前走の中京記念と前々走の安田記念の敗因もわかっている中で
不当に人気を落としていました。

その場の的中云々は置いておいて、
長期的に回収率を上げるなら
こういう馬を狙うのは大切ですね。


あと、世間では重馬場が苦手といっていますが
皆が思っているほどこの馬は重馬場は下手ではありません。

この辺りも世間の声に流されず、馬の本質を見抜く目を持ちたいですね。

2着にはダノンシャーク

いつも通りインパクトは強くない走りですが
地力を証明する堅実な走りでしたね。

GIでも通用する馬ですから、もっと上でもやれるでしょう。

逆にクラレントはGIでは厳しいでしょう。
本質的にダノンシャークの方がクラレントよりも強いですから

ただ、クラレントは不思議とG3レベルのメンバーなら
ダノンシャーク以上に走れるので、その辺りのレベル比較も必要でしょう。

3着はサトノギャラント

出遅れから内の空いているコースを上手くついてきました。
北村騎手の好プレーですね。

まだオープン大将のイメージがあるので
この後、重賞を勝てるかどうかは慎重になりましょう。

4着エクセラントカーヴはクラレントの後ろからよく伸びてきました。
今回はいい走りだったので、次走が真価を問われる一戦になるでしょう。

エキストラエンドは大出遅れで全く競馬にならず
今回を参考にする必要はありません。
瞬発力が生かせるコースなら買い、パワーが必要なら外し
これで大丈夫です。

マジェスティハーツはいいところなしの12着
ちょっと敗因はわかりません。
次走様子を見ましょう。

3歳馬はショウナンアチーヴの方がいいレースをしましたね。
ただ、レースが終わってから差してきた感じなので
パフォーマンスとしてはイマイチ

タガノブルグも早熟傾向にあるヨハネスブルグ産駒なので
叩き一変はちょっと薄いように思います。

無料でメールマガジンやってます。
回収率をあげるノウハウが満載なので良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。