【ホープフルステークス2019予想】絶対に馬券を買わないのは危険な人気馬はあの馬!

Pocket

ホープフルステークス2019に出走を予定している
馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬について
根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

毎週行っている

「今週の危険な人気馬」のコーナー

 

2019年の下半期は稀に見る絶不調。

先週の有馬記念も3着のワールドプレミアを

チョイスして沈没してしまいました。

5番人気以内で一番危ないと思っている馬
(出来れば3番人気以内で)

と、思ってチョイスしているので

アーモンドアイが飛んで2~4番人気決着になってしまえば

仕方のないところだとは言えますが

今年を象徴する結果でしたね。

 

ただ、今年はまだ終わりではありません。

ホープフルステークスが残っています。

 

競馬予想は自分の生き様を投影します。

ですので、ホープフルステークスも当たろうが外れようが

自分の生き様をしっかりと馬券で表現していきたいと思いますよ。

 

という事で、ホープフルステークスの危険馬にいってみましょう!!

 




 

ホープフルステークス2019で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

ヴェルトライゼンデ

です。

 

 

ヴェルトライゼンデは2戦2勝とまだ底を見せていません。

小倉で行われた新馬戦では3馬身差で圧勝して
前走の萩ステークスでも3頭の競り合いを制しての勝利

勝負強さを見せている上に、
トップトレーナーの池江泰寿厩舎という事で

GIでも期待されている馬です。

 

「net.keiba」のサイトを見る限りでは

オーソリティーと3,4番人気を争うであろう事が
予想されており、十分に勝利を意識した馬であると言えます。

 

そんなヴェルトライゼンデがなぜ

ホープフルステークス2019で危険な馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

動画では完全版として話をしていますので、良かったら見て下さい。
(かなり熱く語っています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

危険視している馬の不安要素

父同様に小回りコースで力を発揮するタイプ

ヴェルトライゼンデはドリームジャーニー産駒です。

 

ドリームジャーニーと言えば、
中山芝マイル戦で行われていた頃の

朝日杯フューチュリティステークスを勝利した馬

究極のピッチ走法と言われた
回転の速いストライドはコーナリングで強さを出す馬で

・中山競馬場外回りコース
・阪神競馬場の内回りコース
・ローカルの小倉競馬場

という器用さと機動力が問われる舞台で
力を発揮するタイプでした。

 

産駒にもその傾向は引き継がれており

エスティタートやトオヤリトセイトのように

根幹距離で活躍できずに内回りで活躍するような
ローカルの舞台で活躍する馬が多くなっています。

 

ヴェルトライゼンデの適性はまだ測り切れませんが
小倉競馬場で行われた新馬戦で圧勝しているように

小回りコースの方に適性がありそうな印象があります。

根幹距離で行われるホープフルステークスは

ヴェルトライゼンデのパフォーマンスが一枚落ちそうです。

 

 

ホープフルステークス、勝利宣言が出ているのはあの馬!

今週「GLORIA(グロリア)」の無料会員に登録してくれた人には
ホープフルステークスの厳選情報を無料で提供します。

「GLORIA(グロリア)」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「GLORIA(グロリア)」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「GLORIA(グロリア)」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

 

そもそも強さに疑問?過去のレース内容ではちょっと不安

先ほどはヴェルトライゼンデの舞台適性について
話をしていきましたが、私がもっと不安に思っているのは

”ヴェルトライゼンデの強さ” です。

 

新馬戦を圧勝して迎えた前走の萩ステークスでは

スローからの上がり勝負という
差をつけづらい条件ではありましたが

接戦をなんとかクリアしたというレースぶりでした。

 

2番人気に推された4着に敗れたヴィースバーデンは
次走千両賞で3番人気5着という結果に終わっていますし

6着センメツノトビウオは次走7頭立てで4着に終わっています。

(それ以外は萩ステークス以降出走はなし)

2着のシリアスフールもあまりレベルが高くない
小倉競馬場でデビューした馬ですし

3着エカテリンブルグも8月の札幌デビュー組で
レベルの高くないメンツでの勝利

 

今回のホープフルステークスでは

東スポ杯を圧勝したコントレイルを筆頭に
レベルの高いメンバーでの勝負となります。

能力の裏打ちとしてはちょっと弱いと言えますね。

 




 

以上の理由から

ホープフルステークス2019で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

ヴェルトライゼンデ

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

前走はオープンクラスの萩ステークスを勝っており
2戦2勝と全く底を見せていないヴェルトライゼンデは

今回のホープフルステークスで人気になる事が予想されますが
根幹距離ではパフォーマンスを落としそうな馬です。

 

また萩ステークスにしても、新馬戦にしても
それほどレベルの高いメンツでもないので

能力的な担保がとられていない状態。

今回4番人気に支持される事を考えると

ヴェルトライゼンデは期待値低い存在だと言えます。

 

今回のホープフルステークスでは

ヴェルトライゼンデを切って勝負したいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

ホープフルステークス2019で私が注目している馬は
ヴェルトライゼンデとは逆に舞台適性があり
過去2戦で強い競馬を見せつけてきた、あの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ