【阪神大賞典2020】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【阪神大賞典2020】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは阪神大賞典2020の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

阪神大賞典は天皇賞春を目指す馬が出走する伝統のG2レースです。


(写真は2019阪神大賞典 シャケトラ)

阪神大賞典は天皇賞春を目指す馬が出走する伝統のG2レースです。

阪神芝3000mというオンリーワンの重賞で
天皇賞春を直前にして行われるレースなので
スタミナを武器にするトップホースが出走するレースです。

昨年の勝ち馬シャケトラは天皇賞春を目前にして
残念な結果に終わってしまいましたが、過去には

その後天皇賞春を勝った レインボーライン、ゴールドシップ

天皇賞春で好走した サトノダイヤモンド、シュヴァルグラン

など、長距離戦であるだけあって
本番との繋がりが深いレースになっています。

 

そんな阪神大賞典2020にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

キセキ 川田 2.1倍
ユーキャンスマイル 3.2倍
ムイトオブリガード 5.2倍
メイショウテンゲン 松山 7.0倍
ボスジラ 10.2倍
トーセンカンビーナ 11.7倍
タイセイトレイル 13.3倍
レノヴァール 14.1倍
メロディーレーン 22.7倍
ドレッドノータス 39.0倍(日経賞と両にらみ)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 



 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

今年こそGIを獲りたい キセキ

昨年は大阪杯2着、宝塚記念2着とビッグタイトルを逃してしまったキセキ

秋シーズンは凱旋門賞への挑戦という事で
有馬記念でも不完全燃焼の競馬に終わってしまいましたが
奇跡の実力を考えれば、もう一つGIを獲ってもおかしくありません。

菊花賞以来のビッグタイトルを目指して
今回の阪神大賞典ではしっかりと力を見せておきたいところです。

アルゼンチン共和国杯勝ち馬の ムイトオブリガード

昨年の阪神大賞典には500万条件を勝ってすぐに出走と
3段階飛ばしての格上出走となったムイトオブリガード

阪神大賞典2019で8着と敗れてからは連勝を重ねて
昨年の秋に行われたアルゼンチン共和国杯を勝ち
重賞ウィナーとして再び阪神大賞典に戻ってきました。

走りの質にムラがあるタイプではありますが
ルーラーシップ産駒らしい体力を武器に
長距離戦では高いパフォーマンスを見せているので
今年の阪神大賞典では更なる活躍が見込めそうです。

最軽量記録を狙う メロディーレーン

前走の日経新春杯では内枠に入り、人気に推されたものの
9着と大敗してしまったメロディーレーン

日経新春杯は馬体重が340kgと競走馬としては
異例の軽さを誇る馬なので、
今回別定戦となる阪神大賞典はかなりタフな舞台になりそうです。

小柄な馬体で走り切る勝負根性に期待したいですね。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。