【朝日杯フューチュリティステークス2019予想】一番の注目馬はサリオスではないあの馬!

Pocket

朝日杯フューチュリティステークス2019に出走を予定している
出走予定メンバーの中で、最も注目している馬について
根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

魅力的な穴馬がいない時に不定期で取り上げている

「今週の注目馬のコーナー」

 

予想会員宛に配信をしているメールの本命馬の成績も

穴馬のコーナーで挙げている馬の成績も

共に単勝回収率が100%を超えているんですが

単複共に回収率100%を超えているコーナーは

この注目馬のコーナーだけなんですよね。

 

先週の注目馬も クラヴァシュドール を挙げていましたし

菊花賞では サトノルークス

秋華賞では カレンブーケドール

を推して、しっかりと馬券に絡んでくれました。

 

このままの勢いで

年間100%超えを目指して頑張っていこうと思います。

 

という事で、今週の朝日杯フューチュリティステークスにおける

「今週の注目馬のコーナー」にいってみましょう!!

 

 

朝日杯フューチュリティステークス2019で
最も注目している馬は

ペールエール

です。

 

 

ペールエールは重賞で好走していますが

前走のデイリー杯2歳ステークスでは3着と

一番人気を裏切っている馬です。

 

ただ、重賞で2着、3着と堅実に走っている

近走の内容からある程度人気になることが予想されます。

そんなペールエールをなぜ注目しているのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

注目できる理由とその根拠について

阪神JFと正反対の性質を持つ阪神芝マイル戦は有利

朝日杯フューチュリティステークスは
先週行われた阪神ジュベナイルフィリーズと同じく

「阪神芝1600m」という舞台で行われるレースです。

このコースは先週の阪神ジュベナイルフィリーズでも話したのですが

基本的に外枠の差し馬が有利な舞台です。

 

ただ、朝日杯フューチュリティステークスの場合は少し勝手が違います。

阪神JFの場合は、桜花賞と同じ舞台で
桜花賞を狙う馬たちが出走するので、
流れが激しくなりやす来るのに対して

朝日杯の場合は、皐月賞や日本ダービーなど
2000m以上のレースが本番となるので

ここでマイルの流れに慣れてしまうと
大一番でかかってしまう可能性があるので
ゆったりとした流れになりやすい

この違いですね。

 

ですので、締まった流れになって、実力のある馬同士で

決着しやすい阪神ジュベナイルフィリーズ

緩い流れになって穴馬にも台頭する余地のある

朝日杯フューチュリティステークス

という違いが生まれます。

 

実際に昨年のクリノガウディーや

一昨年のボンセルヴィーソなど

人気薄の先行馬が波乱を起こしています。

 

ペールエールはダイワメジャー産駒なので

基本的に先行して押し切りを図る形で力を出す馬。

朝日杯フューチュリティステークスのレース質は

ペールエールに向きそうです。

 

 

強い馬が一目で丸わかり!

うまとみらいと内のコンテンツ
「うまコラボ」の指数をご存知ですか?

毎週のように推奨馬が馬券内に絡むので
見応え十分な指数サイトなんです!

ココは凄くオススメします。

【12月8日(日)の的中率】
コラボ@指数上位6位までを
BOX購入した場合の的中率です。

単勝79.2%
複勝100%
馬連75%
ワイド75%
馬単58.3%
3連複58.3%
3連単50%

日々、的中を積み重ね実績を残してます。

今週末の無料配信は「朝日杯フューチュリティステークス」です。

まずはメールアドレスを登録して、
確認メールが来るのでクリックで登録完了!

▼ログインして検証してみてください▼

うまとみらいとの「うまコラボ」指数はココから見て下さい。

 

 

前走3着は実力の証明

ペールエールは前走のデイリー杯2歳ステークスで
1番人気に押されましたが、3着に敗れました。

この結果を見て

「ペールエール大したことないじゃん!」

と、思う人が多くいるかもしれませんが

レースを見てみると、悲観する内容ではありません。

 

このレースは11頭立てでの競馬となりましたが

勝ったのは、4角9番手で競馬をした レッドベルジュール

2着も4角9番手で競馬をした ウイングレイテスト

3着は4角8番手で競馬をした トリプルエース

と、完全な前崩れの競馬となりました。

 

その中で、ペールエールは4角2番手で競馬をしており

勝ったレッドベルジュールと0.3秒差と
僅差の競馬だったことを考えると

パフォーマンスは一番だったといえます。

 

先ほども話した通り、

今回の朝日杯フューチュリティステークスは
前に行く馬に、展開が向く可能性が高いので

ペールエールが前走以上の力を出してくる可能性は十分です。

 

GIの舞台でも互角に戦える資質を備えているといえますね。

 

 




 

以上、2つの理由から

朝日杯フューチュリティステークス2019で
最も注目をしている馬は

ペールエール

だと結論づける事が出来ます。

 

 

まとめ

重賞で2着、3着と勝ち切れていないペールエールですが

前走のデイリー杯2歳ステークスは
展開が向かなかった中での結果なので、

今回はパフォーマンスを上げてくる可能性の高い馬です。

 

また、ダイワメジャー産駒らしい先行力が武器の馬なので
坂のある阪神コースに替わるのはプラスですし

先行力を活かして、粘りこむ可能性は十分にあります。

サリオス、レッドベルジュールら強敵がいるレースですが
能力的にも見劣るところはなく

互角以上の戦いが期待できる馬ですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

朝日杯フューチュリティステークス2019で
私が注目している馬はペールエール

切ろうと思っている馬はあの人気馬ですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ