朝日杯フューチュリティステークス2019の過去10年データ分析|好走の共通点はこれ!

Pocket

朝日杯フューチュリティステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
朝日杯フューチュリティステークス2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は朝日杯フューチュリティステークスが行われますが

いつの間にか阪神開催になってましたね。

阪神ジュベナイルフィリーズに続いて

阪神マイルでの2歳GIが続けて行われる

というお寒い状況になっている訳ですが

まあ、理由は分かりますよね。

 

それは中山芝マイル戦の癖が強すぎるからです。

過去にはアジアエクスプレスが勝っているように

中山はダートで走るくらいのパワータイプが活躍するレースなんですよね。

 

そんな偏った舞台に大切なクラシック候補を出したくない。

と、思うのは馬主としては当然のことで

イタズラに馬を消耗させたくないですし

イタズラに馬を壊したくないんですよ。

 

ですので、実力勝負の舞台になる
阪神芝マイル戦に移行するのは仕方がない

だけれども、2週連続で同じ条件の2歳GIは寒い

 

という難しい状況になっているのが現状です。

ですので、ここは朝日杯フューチュリティステークスをなくして

2歳牡馬GIはホープフルステークスだけにして

阪神カップをGIに昇格させて、初の1400mGIを作る

というのはどうでしょうかね~

 

サンカルロがめっちゃ喜びそうな気がしますが…(笑)

 

 

という事で、今回は

朝日杯フューチュリティステークスのデータ分析に行っていき、

馬券的中への道を築いていきたいと思います。

 

 




 

朝日杯フューチュリティステークス2019は阪神競馬場芝1600mで行われています。

桜花賞や阪神ジュベナイルフィリーズも行われる

阪神競馬場の芝コースの花形らしく

広いコースで直線での末脚が通用する舞台で

全体的な能力と末脚の威力が問われるコースになっています。

 

そんな朝日杯フューチュリティステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。

 

また、朝日杯フューチュリティステークスが今回の条件になってから
まだ5回しかレースが行われていないので、過去10年でデータは取りますが

過去5年で統計を取ってみたいと思います。

(母数が少ないので単勝50倍以上の馬でデータもとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

朝日杯フューチュリティステークス、過去5年のデータ分析

波乱を巻き起こす先行馬!

まず、最初に注目したのは朝日杯フューチュリティステークスで活躍する馬の脚質です。
以下は朝日杯フューチュリティステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

複勝率の面でも、回収率の面でも

先行馬が有利となっています。

 

阪神ジュベナイルフィリーズを見ても分かるように

阪神芝マイル戦は差し、追い込み馬が有利な舞台ですが

朝日杯フューチュリティステークスに限って言えば

先行馬が健闘しています。

 

中でも単勝77倍で9番人気だった クリノガウディー

単勝72倍で12番人気だった ボンセルヴィーソ

など、人気薄の先行馬の活躍が目立ちます。

 

桜花賞が大目標である牝馬と比較して
2400mのダービーが大目標となる牡馬

マイル戦でびっちりと走っているようでは
ダービーで体力をロスする騎乗に繋がってしまうので

有力馬がゆったりとしたレース運びをしている

という点がこの結果を生んでいると言えます。

 

 

ここで朝日杯フューチュリティステークスの過去5年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン1、2位の馬は好成績を収めています。

単純に強い馬は王道のレースを見せて勝っている

という事が分かりますね。

 

本命馬と穴馬のバランスが大切になってきますね。

 

 

朝日杯フューチュリティステークス、勝利宣言が出ているのはあの馬!

今週「GLORIA(グロリア)」の無料会員に登録してくれた人には
朝日杯フューチュリティステークスの厳選情報を無料で提供します。

「GLORIA(グロリア)」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「GLORIA(グロリア)」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「GLORIA(グロリア)」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

 

条件戦からの台頭は難しいレース

次に朝日杯フューチュリティステークスの前走クラス別成績を見てみましょう。

母数の少ない新馬戦は好成績だと思っていますが

基本的には重賞を経由した馬でないと活躍できません。

 

中山から阪神へと開催を移して、

コース適性重視から能力重視になったレース

重賞でレベルの高い走りを経験することはアドバンテージになりますね。

 

 

また朝日杯フューチュリティステークスにおける
過去5年の前走レース名別成績を見てみると

 

サウジアラビアRC、デイリー杯組が好成績を残しており、

東スポ杯、京王杯組は苦戦しています。

東スポ杯はともかく、息の入らない1400m戦である

京王杯2歳ステークスは朝日杯とは真逆の適性を持つ舞台

 

能力勝負のレースで好走した馬を評価したいですね。

 

ちなみに前走の距離別成績を見てみると

と、前走でマイル戦を使っている馬が圧倒的に有利ですね。

 

 



 

混戦を経験してきた馬は強い!

次に朝日杯フューチュリティステークスにおける前走頭数別成績を見てみましょう。

前走から頭数減となる馬が、圧倒的に有利です。

 

キャリアの少ない2歳馬にとって

一気に多頭数となるGIレースは
精神的な脆さを出しやすい舞台となっています。

馬群に揉まれる経験は何よりの財産になります。

 

最後に朝日杯フューチュリティステークスの前走着順別成績を見てみましょう。

回収率は低いですが、

朝日杯で勝利している馬は、前走で勝利しています。

 

逆に前走で6着以下となった馬で馬券に絡んだのは

昨年の2着馬クリノガウディーのみ

 

単勝72.7倍(12番人気)だった
ボンセルヴィーソはデイリー杯2歳ステークスで2着

単勝91.6倍(11番人気)だった
シャドウアプローチは京王杯2歳ステークスで3着

単勝64.7倍(14番人気)だった
アルマワイオリはデイリー杯2歳ステークスで4着

 

と、穴を開けている馬も実は重賞で好走した馬達

前走、凡走からの巻き返しは難しいことが分かりますね。

能力評価は重要です。

 

 

以上が朝日杯フューチュリティステークス2019を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

朝日杯フューチュリティステークスは
阪神競馬場外回りコースで行われるレースですが

2000m以上のGIレースを狙う馬達が出走してくるので
ペースが緩くなりやすく、前に行った穴馬が活躍しやすレースです。

 

組み合わせとしては

「強い差し馬」と「穴の先行馬」

という形になっていますね。

 

ただ穴馬も重賞で活躍した馬が多く

能力勝負である事が前提にある舞台になっており

ただ穴を狙えばいいレースではありません。

出走馬の戦績には注目が必要ですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私が朝日杯フューチュリティステークス2019で注目しているのは
このレースで好走する条件を兼ね備えたあの馬です。

人気面の旨味もありそうですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。