サマーマイルチャンプを目指す!2014関屋記念出走予定有力馬紹介

Pocket

今週のメインレースは新潟競馬場で行われる関屋記念

あまり馴染みのないサマーマイルシリーズの第2戦となります。
マイルシリーズの2戦目となる影響か
第1戦中京記念に出走したメンバーがこぞって顔を揃えます。

そして別路線から集まった馬も集結して
かなりの豪華メンバーになりました。

有力馬を1頭ずつ見ていきましょう。

実績最上位はGI3着が2回あるダノンシャーク

この馬のウリはなんといっても堅実性

どんなレースでも自分の力通り走ってくれる姿は
本命党には非常にありがたい存在です。

前走安田記念も4着とディープ産駒の中では最先着
不良馬場の疲れは気になりますが
今回も自分の力は発揮してくれる可能性が高いでしょう。

安田記念に出走していた、もう1頭のディープ産駒エキストラエンド

この馬の最大のウリは直線での瞬発力

前走の安田記念は馬場が全くダメだったので悲観する必要はありません。
むしろまったく走らなかった分、疲労の面ではいいと言えます。

問題は瞬発力よりもスタミナを求められる新潟マイル戦だという事。
このあたりはしっかりと見極めたいですね。

対するは中京記念組

筆頭は3着のマジェスティハーツ

前走は1頭抜け出したところを外からの強襲にあったという
展開に泣きましたが、実力はナンバー1である事を証明しました。
実績では劣りますが、新進気鋭の4歳馬で伸びしろがありそうです。

そのマジェスティハーツに先着したミッキードリーム

この馬は典型的な夏馬で調子は前走よりもさらに上げてくることが予想されます。

問題はパワー型のこの馬が新潟の馬場に対応出来るかという点
パンパンの良馬場でスピードの持久力比べになると分が悪いでしょうが
馬場が少しでも渋ってくるようなら見所はありそうです。

中京記念4着のブレイズアトレイルにも同様の事が言えます。

ミッキーほど偏りはないもののパワー型の馬なので
スピードの持久力比べには一抹の不安があります

それなら展開に泣いた8着クラレントを見直す方がいいですね。

新潟コースは初めてですが、ダンスインザダーク産駒らしく
持久力勝負が出来る馬で、東京が得意なように左回りも問題なし
勝ち味に遅い点はありますが、今回の舞台で巻き返してくる要素は十分です。

同レース7着だったサトノギャラントは能力の絶対値がどうかの1点です。

新潟コースは間違いなく得意な舞台ですし
血統的にシンボリクリスエスもスタミナ勝負OKですが
過去オープンで好走、重賞でもう一歩足りず
というレースを繰り返しており
メンバーが揃った今回、能力が足りるのか
そこの見極めですね。

そして、3歳馬の登録が目を引きます。

実績最上位はNHKマイルC2着のタガノブルグ

もともとスピードよりもパワーが勝ったタイプで
ジリジリと伸びてくるタイプなだけに新潟コースは問題ないでしょう。

あとは前走で見せた力の真偽と古馬との力関係
良くも悪くも未知なので、非常に面白い存在です。

もう1頭の3歳馬ショウナンアチーヴ

こちらは完全にパワー型の馬、今回のスピード+スタミナの舞台は明らかに不向き
あとは能力面での比較となりますが、古馬を凌駕するほどの
インパクトは過去の走りからは見られず、
今回は危険な人気馬となりそうです。

それなら3歳牝馬マジックタイムが面白いでしょう。

オークス、オークストライアルは惨敗していますが
距離面での不安があるという解釈も出来ます。
(当然、状態面・能力面という見方も出来ますが…)
クイーンCで見せた走りは非常にレベルが高く
ここは見限れません。

他にも重賞好走成績のあるサンレイレーザーや
内容の濃いレースが続くシャイニープリンスなど
夏のマイル戦を飾るに相応しいメンバーが揃っています。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。