アジアエクスプレス圧勝!2014レパードS、小倉記念レース回顧

Pocket

先週行われた重賞はレパードS、小倉記念の2つ

なんといってもインパクトが強かったのは
アジアエクスプレスが圧勝したレパードS

展開が前残り気味になったとはいえ
番手でレースをすすめて直線は突き放す
という強い内容。

前走の負け方からこの馬を軽視いましたが
やはり能力は高いようです。

ただ、一つ間違うとユニコーンSのようなレースになってしまう
という事は分かっているので、強いからといって
ずっと馬券を買える馬ではないと判断出来ます。

決して回収率の高い馬ではないですね。

次走、また断然の人気になるようなら外して面白いでしょう。

2着のクライスマイルは浅いキャリアの中でよく頑張りました。
人気のアスカノロマン、レッドアルヴィスがついていけない流れを
最後まで粘ったのだから地力はあると考えて良いでしょう。

走りのインパクトはさほど強くありませんでしたが…

3着のランウェイワルツは内から良く伸びました。

スタミナ比べのような展開で1頭だけ伸びてきたので
今後、成長していく余地は十分にありそうです。
今回のメンバーでは将来性は一番でしょう。

人気のレッドアルヴィス、アスカノロマンは着を拾っただけで
内容は薄いレースでした。

このあたりはオープン・重賞で勝ったり負けたりを
繰り返すレベルなのでしょう。

人気がない時は買いで人気がある時は外しとメリハリをつければ
馬券の回収率は上がっていきそうです。

小倉記念は雨が降りしきる中、サトノノブレスが完勝しました。

馬場が思った以上にぐちゃぐちゃにならなかった事はありますが
この馬は平坦コースで力を発揮するタイプなので
その点がかなり生きたと言えます。

阪神・中山などタフなコースでは狙いを下げて
京都などスピードコースでは狙っていきたいですね。

2着マーティンボロは力のあるところを見せました。

まだ能力を計りかねていますが
底力はサトノノブレスとそう変わらないかもしれません。
将来が楽しみな1頭ですね。

期待したメイショウナルトは3着

自分の力は出しきりました。
内容を考えると上々の結果ですね。

この上位3頭はニューダイナスティーやダコールよりも一枚力が上です。

地力に遜色がないラストインパクトは自分の競馬が
出来ずに終わってしまった印象です。

休み明けの難しさでしょうか。
ちょっと人気になりすぎた感もあって
買うにはふさわしくない馬になってしまいましたね。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。