【阪急杯2020】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【阪急杯2020】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは阪急杯2020の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

阪急杯は高松宮記念の前哨戦となる重賞レースです。


(写真は2019阪急杯 スマートオーディン)

阪急杯は高松宮記念の前哨戦となる重賞レースです。

ステップレースとして位置付けられているレースですが
高松宮記念が1200m戦であるのに対して
阪急杯は1400m戦なので、本番との関連性はそれほど強くありません。

昨年の勝ち馬スマートオーディンも
高松宮記念には出走せず、京王杯スプリングカップへ向かいましたし

ロードカナロア、ミッキーアイルという過去の勝ち馬はいるものの

それ以外の勝ち馬を見てみると

ダイアナヘイロー、トーキングドラム、ダイワマッジョーレ

マジンプロスパー、サンカルロ

と、1200mのGIというイメージが湧かない馬が多くいる点が

阪急杯の特徴ですね。

 

そんな阪急杯2020にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ダイアトニック 北村友一 3.0倍
マイスタイル 4.1倍
フィアーノロマーノ 川田 5.9倍
ステルヴィオ 8.2倍
ライラックカラー 8.9倍
ベストアクター 10.8倍
ジョイフル 川又 11.1倍
クリノガウディー 13.4倍
ハッピーアワー 17.7倍
スマートオーディン 19.4倍
アンヴァル 23.5倍
ロジクライ 25.1倍
レインボーフラッグ 32.7倍
ディープダイバー 37.0倍(オーシャンSと両にらみ)
ストーミーシー 40.9倍
ラヴィングアンサー 52.7倍
エスターテ 69.6倍
ティーハーフ 81.2倍
ニシノラッシュ 106倍
サフランハート 137倍
ミスターメロディ(出走回避)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 



 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

マイルチャンピオンシップ4着の マイスタイル

前走の阪神カップでは2番人気に推されながらも
13着と大敗してしまったマイスタイル

2走前のマイルチャンピオンシップでは4着
3走前のスワンステークスでは3着と
古馬になって実力をつけてきており
GIでも互角に戦える能力を備えてきました。

春は安田記念が最大の目標になってきますが
GIを制する上で、今回の阪急杯は凡走する事が出来ない1戦です。

高松宮記念勝ち馬 ミスターメロディ

前走のJBCスプリントはそもそも
「何で出たの?」という選択で負けて当然のレースでしたが
昨年の春には高松宮記念を制しているミスターメロディ

昨年の秋シーズンは思うような成績を残せませんでしたが
スプリンターズステークスは外枠を引きながら4着と
GI級のレベルを証明する走りを見せてくれました。

ここの阪急杯で好走をして、高松宮記念連覇といきたいです。
(出走回避)

ここ2戦で馬が変わった ライラックカラー

昨年の春まではイマイチうだつが上がらない競馬が続いていましたが、
ここ2戦でパフォーマンスがガラッと変わったライラックカラー

前走のカーバンクルステークスも2走前の奥多摩ステークスも
目の覚めるような末脚で差し切っており、本格化が伺えます。

今回の阪急杯はGIを意識するレベルの高い馬との戦いとなりますが
ここも突き抜けるようなら一気にGIが見えてきます。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング