【オーシャンステークス2020】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【オーシャンステークス2020】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではオーシャンステークス2020の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

オーシャンステークスは高松宮記念の前哨戦として行われる重賞レースです。


(写真は2019オーシャンステークス モズスーパーフレア)

オーシャンステークスは高松宮記念の前哨戦として行われる重賞レースです。

本番となる高松宮記念とは同じ距離で行われるレースですが
中山と中京のコースの質が全く異なるため
高松宮記念での活躍馬はなかなか出せないレースになっています。

昨年の勝ち馬であるモズスーパーフレアも高松宮記念では惨敗

同年のスプリンターズステークスで2着に入っているように
能力が十分に備わっていても苦戦しやすいレースになっています。

それ以外の年の勝ち馬を見てみても

キングハート、メラグラーナ、サクラゴスペル

エイシンブルズアイ、スマートオリオン

と、そもそもGIに足りていない馬ばかり。

能力よりも適性が重要視されるレースになっています。

 

そんなオーシャンステークス2020にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

タワーオブロンドン ルメール 1.3倍
ダノンスマッシュ 川田 4.3倍
ナックビーナス 8.9倍
ハウメア 13.0倍
ダイメイプリンセス 17.7倍
カッパツハッチ 21.8倍
レジーナフォルテ 22.2倍
クールティアラ 29.0倍
エンゲルヘン 41.9倍
ラブカンプー 46.2倍
キングハート 66.0倍
ティーハーフ 61.1倍
グランドボヌール 69.4倍
ミキノドラマー 81.2倍
エスターテ 82.3倍
ナインテイルズ 139倍
ナリタスターワン 317倍
イエローマリンバ(出走回避)
ライトオンキュー(出走回避)
アンヴァル(出走回避)
ボンセルヴィーソ(出走回避)
ディープダイバー(出走回避)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 



 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

スプリントチャンピオン タワーオブロンドン

昨年の夏からスプリント路線に移行して
セントウルステークス、スプリンターズステークスと連勝して
スプリントチャンピオンに君臨したタワーオブロンドン

以前は1400m戦がベストの舞台でスプリント戦に移行した
初戦の函館スプリントステークスや2戦目のキーンランドカップでは
まだ不器用さが出ていましたが、1200mのペースに慣れてからは無双状態

今回のオーシャンステークスも単純なスプリント勝負にならない舞台なので
タワーオブロンドンにとっては力を見せる絶好の舞台になりそうです。

京阪杯快勝の ライトオンキュー

前走の京阪杯ではインでじっくりと脚を溜めて
直線で弾け、完勝して見せたライトオンキュー

昨年の夏はリナーテに連敗していたように
あと一歩足りない形でしたが、京阪杯ではきっちり逆転

まだまだ成長していきそうな魅力を秘めている
ライトオンキューにとって今回のオーシャンステークスは
高松宮記念に向けての試金石となりそうです。
(出走回避)

昨年のオーシャンステークス2着の ナックビーナス

前走のタンザナイトステークスでは
ジョイフルに差されたものの2着を確保したナックビーナス

GIでのインパクトは薄まってきましたが
オープンクラスでの走りを見てみると
未だナックビーナスのパフォーマンスは健在です。

また、昨年のオーシャンステークスで2着になっているように
力の要る中山競馬場は得意な舞台
高松宮記念ではなく、ここに全力投球してきそうな馬です。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。